年度末

2013年03月31日 19:36

きょうは、3月31日です。

みなさん、きょうは何の日だと思いますか?・・・年度末?

きょうは、「サーティワンの日」です。

サーティーワンアイスクリーム

イヤ!別にわたしも知っていたワケじゃありませんケド。

買い物に行ったついでに、こんど孫娘が来たときに食べさせようかと思い立ち、
サーティワンアイスクリームのお店に寄ったところ、
31日と3月1日が「サーティワンの日」だと知ったという次第です。

ところで、
「サーティワン」と謂えばアイスクリーム店だと、みなさん思っていらっしゃるようですが、
このお店の正式名称は、「Baskin‐Robbins サーティワンアイスクリーム」と謂います。

第二次世界大戦に従軍していた義兄弟のバートン・バスキンとアーヴィン・ロビンス。
この二人が、サーティワンアイスクリームの創業者たちです。
戦後、バートン・バスキンがカリフォルニア州パサデナにアイスクリーム屋を開店。
バートンの妻の弟アーヴィン・ロビンスも、カリフォルニア州グレンデールに開店し、
いまでも、その二人の苗字を採って「Baskin‐Robbins」と云うのだそうですが、
アメリカへ行って「サーティワンアイスクリーム」と云っても解ってもらえません。

ところで、何故「31」かと云いますと、バスキン氏とロビンス氏が、
31日間毎日違ったフレーバーのアイスクリームを食べて頂きたいとの願いから、
サーティワン(31)アイスクリームと名付けられたのだそうです。


さて、きょうは3月31日、年度末ですね。

年度末になると、予算を消化しないといけない会社や役所も多いことでしょう。
お金が余ってしまえば、次年度の予算削減の対象になってしまうからです。
そこで世の中、この時期に、予算を消化するために需要が増えると謂われております。

官公庁でも年度内納品の入札などが増える時期ですし、
在庫処分セールやら、年度内の売り上げを増やすための大安売りの季節でもあります。

みなさん、なんとか在庫を減らし、売り上げを増やそうとタイヘンなのであります。

ということは、
「31日は31%OFF」というのも、月末や年度末の在庫を減らすためのアイデアなのかも?

スポンサーサイト

葉桜の時季

2013年03月30日 22:38

お料理教室

あと、2ヶ月ちょっとで満3歳になる孫娘の、
お休みの日の予定はタイトなんであります。

朝食を摂りながら、
7時45分から、「ピタゴラスイッチ
8時からは、「おかあさんといっしょ
8時35分からは、「おさるのジョージ
9時からは、「ひつじのショーン
9時20分からは、「はなかっぱ
など見ながら、情報収集と現代の社会情勢などを分析。

お料理

きょうは、それが終わると “ お料理教室 ”
かみさんに買ってもらった三角巾がお気に入りです。

いま、フレンチに凝っております。

自転車

次に、近くの公園に行って身体を動かします。

きょうは、公園を独り占め!

わたしが買った自転車には、ペダルがありません。
最初は、両足が同時に地面に着かなかったのですが、
背が伸びて、両足で地面を蹴ることが出来るようになりました。

ヨーイ・ドン!で、
公園の真ん中に立っている木を回ってくるタイムも上がりました。
此処は公道ではないので、ノーヘルで大丈夫なんだそうです。

自転車乗り

午後一番には、日本舞踊のおけいこ。
お師匠は、林流千永派のお家元です。
孫娘は、「伯母~ちゃま」と呼んどりますが・・

桜の花柄のゆかた

いま、おけいこしているのは、
日本舞踊の「さくらさくら」日本舞踊の「紙人形」

きょうもお師匠から、
「パンツが見えるように座っちゃあダメよ」と注意を受けましたが、
「振りを、よく憶えていたわね」と褒められました。

なにもできなかったのに、
いまでは、一人でいろいろできるようになりました。

2歳で3回目の桜をバックに遊ぶ孫娘を見ながら、
急に、この桜、この孫娘、この瞬間は二度とないのだと思いました。
この状況を目に焼き付けるとしたらいつか?・・・いまでしょ!


いずれにせよ、花の季節は短いものです。 
しかし、花の時季が終われば、葉が茂り、実が生る時季を迎えます。

好奇心と知識欲、料理作り、お稽古事、
この分では、いつでも結婚できそうですワ。  

葉桜

さくらあそび

2013年03月29日 23:59

園長先生退園

きょう、3月29日金曜日。

もも組さん、最後の日。

退職される園長先生の周りに、お別れを云う人だかり。

孫娘も、ハイタッチしてサヨオナラ・・

きょうの給食

お迎えに行ったとき、必ず帰りに説明してくれる「きょうの給食」
もも組さん最後の給食をバァバに説明してくれました。毎日、ほぼ完食!

お別れのハグ

また月曜日に、うめ組さんで会うんだけど、
もも組さんはきょうで最後だから、親友のFクンとハグ。

法明寺の桜並木

帰り道、
法明寺境内の、夜桜見物。

花のじゅうたん

風に散ったさくらが、まるでさくらの花の絨毯のようです。

おともだちと、さくらあぞび。

さくらふぶき

さくらあそび

夜桜

花に嵐のたとえもあるぞ、サヨナラだけが人生だ。

法明寺参道

1,500回

2013年03月28日 18:24

五度目の桜

今年の2月18日のブログにも書かせていただきました通り、
このブログも、記しはじめてから丸4年を過ぎました。
ことしで、五度目の桜を愛でているワケです。

丸4年ということは、1,461日ということですから、
本日3月28日で1,500日、毎日記して、きょうで1,500回目ということです。

わたしも、毎日読んでくださっている方を何人か知っていますが、
もし、わたしが存じあげない方で、毎日お読みくださっている方がいらしたら、
恐縮です。ありがとうございます。


さて、この1,500回という数字なんですが、
文章として、どのくらいのボリュームなんでありましょうかねぇ?

概ね、文章が長くて飽きるとか、読みづらい解りづらいというご批判があるだろうと、
わたしも想像しているのですが、実際に聴いたご感想に、
「起承転結の文章が多い、せめて“結”は、読者の想像に委ねてもよいのでは?」
というものがありました。

そんなワケで、
無駄に長い文章だと思いますが、たとえば最低でも400文字だと仮定してみると、
400文字×1,500回=600,000(60万)文字です。

小説で謂うと、400字詰め原稿用紙が350枚程度で長編小説というのだそうで、
400文字×350枚=140,000(14万)文字で長編小説ですから、
長編小説なら最低4冊分は書いたことになるのでしょうか?

こうなったら、
山岡荘八氏の歴史大河小説「徳川家康」でも目標にしちゃいましょうか? 


文字数は兎も角として、
このブログ、始めて、続けて、よかったと思っています。

なにより、わたし自身のセルフ・コーチングになっているからです。

岡田夏音さんへの寄付先

2013年03月27日 23:59

岡田夏音さんのニュース

今夜7時のNHKニュースを、そのまま掲載させていただきました。

今月初め、猛吹雪に襲われた北海道湧別町で、父親が、小学生の娘をかばうようにして凍死して1か月近くがたち、娘の元には全国から300通を超える手紙やメールなどが寄せられ励ましています。

今月2日、猛吹雪に襲われた北海道湧別町で翌朝、岡田幹男さん(53)が、長女の夏音さん(9)をかばうように覆いかぶさった状態で道路脇で見つかり、岡田さんは凍死しました。
夏音さんは、凍傷の治療を終えて今月22日に病院を退院し、おととし、母親も亡くしていることから、今は町内に住む親類の家で暮らしています。
家には、香川県や広島県など全国から300通を超える手紙やメールが町役場を通して寄せられ、ほかにも色鉛筆や筆箱などの学用品も送られてくるということです。手紙には「体調は大丈夫ですか」「笑顔でいられるように願っています」など気遣う内容のほか、「あなたのお父さんは世界一立派な人です、これからも頑張って生き抜いてください」と娘を守って亡くなった岡田さんへの思いもつづられています。
NHKの取材に対し、「たくさんの知らない人から手紙がきて不思議に思いましたが一生懸命書いてくれてありがとうございます」と話しています。
また、亡くなった岡田さんとの思い出について、「お父さんはいっぱい話を聞いてくれました」と話していました。
夏音さんは、足に痛みがあるため、あまり外出はできず、今は家でぬいぐるみなどで遊ぶことが多く、自宅から連れてきた飼い犬に餌をあげるのが楽しみだということです。
来月からは小学4年生になるということで、「新学期は友達と外で遊ぶのが楽しみです」と話していました。


なにより、2年前の東日本大震災で亡くなった方々、いまだ行方不明の方々、
そして、そのご遺族・御身内がいらっしゃいます。

この2年以上の時間を、避難先で過ごしていらっしゃる方々、
お家を、お仕事を、財産を、故郷を失われた、多くの方々がいらっしゃいます。

また、交通事故をはじめ、
不慮の災難で亡くなる方も日々いらっしゃいます。


昨日のことですが、わたしの先輩が事故で亡くなったという報を受けました。
その先輩にも、高校生の女の子が一人いるのだそうです。


【岡田夏音さんへの寄付専用口座】
遠軽信用金庫 中涌別支店 普通口座1025956
フク)涌別町社会福祉協議会 会長イワセマサトシ


咲いた桜に見える人 散る桜に見える人

2013年03月26日 12:08

御園座閉館

名古屋の財界有志によって創立された名古屋劇場株式会社が建設した、
名古屋の「御園座」が開場したのは、1896年明治29年のことだったそうです。

以来117年にわたって、戦災や火災に遭いながらも、
名古屋を中心とした中京地域の文化発信の拠点だった
御園座」という劇場が、きょうひとつの区切りを迎えることになります。

いまごろは、息子Kが猟人役で出演している三月大歌舞伎昼の部、
小栗栖の長兵衛」が終わって幕間といった頃合いでしょうか?

いずれにしても、本日の澤瀉屋の襲名披露公演の千穐楽をもって、
御園座」は一旦閉館することになります。


一方、明日3月27日、
東京・銀座では、歌舞伎座新開場記念お練りが行われる予定です。

銀座1丁目の交番辺りから銀座4丁目の交差点までの銀座通りを、
総勢60名の歌舞伎の幹部俳優たちがお練りするのだそうですから、
明日の銀座は、大変な賑わいになることでしょう。

同じ時期に、閉館する劇場があれば、開場する劇場もあるわけです。
同じ桜を見るのにも、関係者それぞれにとっては、
咲いた桜に見える人、散る桜に見える人がいるということでしょう。


さて、
千穐楽を迎えて息子Kは、今夜遅くに帰宅いたしますが、
来月は、四国・香川県琴平町の「こんぴら歌舞伎」に出演いたします。

こんぴら歌舞伎

ダレが、ダレに、なにを披露するのか?

2013年03月25日 22:44

「伯父ちゃん、ボク結婚することにしたよ」

きょう、実家の甥っ子から、電話で報告を受けました。

甥っ子の父である、わたしの弟から聴いて、
数年前から、甥っ子が付き合っている人がいることは知っていました。
弟夫婦も、息子の交際が結婚を意識したものだと感じていたようでした。

それが、いよいよ、
甥っ子が、彼女に結婚を申し込み、相手のご両親にも報告に行って、
祖父であるわたしの父に報告をし、わたしにも報せがきたというワケです。

いずれ近いうちに、我が家にも二人で挨拶をしに来たいという電話でした。

名も知らぬ花

そこで、こういうことは、本来両親から伝えることだとは思ったのですが、
あえて親戚の伯父から云ったほうが、本人が聴きやすいということがありますので、
大きなお世話の老婆心から、わたしが甥っ子に伝えたことがあります。

それは、
「どんな披露宴にするか、そのコンセプトを二人でよく話し合って、
 それを、周りの人たちに十分に理解してもらうのだよ」
ということでした。

その場合、一番の肝は、披露宴というものは、
“ ダレが ” “ ダレに対して ” “ ナニを披露するのか ”
ということを、よく考えておくことだよと、云いました。

この “ ダレが ”、“ ダレに ” という点ですが、いくつかの考え方が挙げられます。

まず、結婚する当事者である、新郎と新婦の考えや思いを尊重して、
“ 新郎と新婦が ”、“ 両親・家族を始めとした列席者全員に対して ”
という選択もあるでしょう。
この場合、たとえば招待状は、新郎と新婦が差出人になっているはずです。

また、“ 新郎・新婦を含む新郎家と新婦家が ”、“ 他の列席者全員 ” に対して、
という考え方もあるでしょう。
この場合、招待状であれば新郎の父と新婦の父の連名になっていたりします。

新郎・新婦を主体にするのか、家と家を主体にするのか、という違いです。

どちらが、正しいか、間違っているか、ということではありませんが、
この違いをよく弁えずに事を進めていくと、思わぬ齟齬が生じることがあるのです。

結婚は二人の一大イベントではありますが、
結婚式や結婚披露宴というのは、周りの人たちにとっても一大イベントなのです。
結婚式を挙げるということは、二人が夫婦になるというだけではなく、
両家の家族と、それに連なる親族たちが親戚の契りを結ぶことでもあるのです。
それは、これからは赤の他人ではないという約束なのです。

この考え方に、旧いも新しいもありません。
人が独りで生きていない限り、必ず派生する現象のようなものです。


甥っ子たちは、結婚式を約1年後くらいと考えているそうですが、
まだ時間はありますから、二人でよく話し合い、
周りの理解を得てゆくことから、始めてほしいと思います。

それが、夫婦になってゆく最初の共同作業でしょう。
それを経て、二人は初めて夫婦としてスタートラインに立つのです。

英知のサラダ

2013年03月24日 16:30

かみさんは、朝の珈琲タイムに雑誌などを見るのがクセなんであります。

このクセに関しては、何度ケンカのテーマになったか数知れません。

珈琲タイムに、テレビは点いてます。
しかし、テレビは共有できますが、雑誌などは共有できません。

珈琲をたった1杯か2杯飲む、短い時間です。
その間くらい、片手間に会話するのをやめてほしいというのが、
わたしの主張なんであります。

さて、
事程左様に、今朝の珈琲タイムでも雑誌を広げていたかみさんですが、
なんですか、サラダを特集した記事だったようで、
「どれも美味しそうよねぇ・・」というような独り言を発しておりました。

すると突然、
小沢昭一さんのこと、永さんが書いてるよ」
と云って、その雑誌をわたしに渡し、自分はフラのワークショップに出掛けるのだと、
化粧をしにサッサと寝室に上がって行ってしまいました。

express4.jpg

見るとその雑誌は、利用しているカード会社の雑誌でしたが、
もくじを見るに、なかなか興味深い記事が列んでおります。

その48頁に、永六輔さんのお話が載ってまして、
話題は、去年の暮の12月10日という、わたしの誕生日に亡くなった、
小沢昭一さんについてであります。

ラジオ番組で呂律が回らなかった永六輔さんに、
「絶対に辞めないで。僕が一番になっちゃう。それは困るよ」と、
小沢昭一さんから放送回数を理由にして励まされたというエピソードに始まり、
小沢さんが、早稲田大学の学生時代に創った落研(落語研究会)の活動が、
現代の落語界に果たした功績などについて話していらっしゃいます。

中でも、彼の柳家小三治さんが、小沢昭一さんに直接おっしゃったという、
「小沢さんが落語家にならないで良かった。もしなっていたら、
 僕は落語家の道を選ばなかったでしょう」というエピソードが、面白かったです。


それにしても、侮るなかれ、
かみさんの知識は、こういった膨大な雑誌や冊子や書籍の情報に裏打ちされています。
亭主と話すより、面白いにきまっています。

そして、今夜は、かわったサラダが食卓に上がることでしょう。

コスプレ・イベント

2013年03月23日 23:59

コスプレ・イベント

昨夜からの約束で、孫娘と東京ドームシティに来ております。

「後楽園」という固有名詞に、異常なくらいコウフンする孫娘なのでありました。

まずは、「おうまさんにのる」と云うので、ラ・クーアのメリーゴーランドへ。
一番大きくて高いお馬さんに乗りました。

去年の春、初めてこのメリーゴーランドへ連れて来たときは、
怖がって独りでお馬さんに乗れなかったので、わたしと二人で馬車に乗りました。
いまや、メリーゴーランドのお馬さんでは物足りないようです。

メリーゴーランド


次に、ラ・クーアから歩道橋を渡って東京ドームシティのアトラクションズへ。

ここでも、身長90センチ以下で、2歳の子が乗れるアトラクションは、あまりありません。
そこで、屋内のゲームセンターに入ります。

この中に在る乗り物は、汽車や電車を模したゲーム機ですが、結構お気に入りです。

ところで、家ではDVDでアニメーションを見せ、
外に行くといっても、ゲームをさせているのは不本意ではあります。
ホントは、山や川や広い公園に連れて行って遊ばせたいところですが、
ジィジやバァバの体力に自信がないこともあって、つい楽な遊びをさせています。


さて、アニメーションやゲームと云えば、
東京ドームシティでは、きょうとあす、コスプレ・イベントが行われているようです。

それを知らずにやって来た孫娘は、
不思議そうにコスプレイヤーたちを眺めておりました。

アニメやゲームのキャラクターを模した扮装の人たちが、
あちらこちらで、お互いの写真を撮り合っています。

わたしも、興味本位でカメラを向けようとしたのですが、
気後れして、撮ってはいけないような気もして、遠目に撮っております。

キャラクターといっても、
アンパンマンドラえもんは、いなかったようですが、
突然に現われたスパイダーマンウルトラマンに、孫娘は泣きだしました・・。

東京ドーム・シティ

サクラとハナミズキ

2013年03月22日 23:59

桜花

東京では、桜が満開の時期を迎えたと報道されました。

この場合の “ 桜 ” は、ソメイヨシノのことを指します。

桜の開花宣言というのも、
靖国神社境内のソメイヨシノが5輪咲いたことを確認して、気象庁が宣言するのだそうです。

現在のソメイヨシノは、同じ起源と遺伝情報を持つクローンですから、
靖国神社の境内のソメイヨシノが咲けば、同時に上野公園のソメイヨシノなど、
同じ環境下にある東京中のソメイヨシノが咲くというわけです。


「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」
桜は、少々の傷を負っても、木が枯れることがある繊細な樹木です。
そんな桜を品種改良して、桜と謂えばソメイヨシノと謂われる品種が作られました。

江戸の末期から明治初期に、現在の東京・豊島区駒込、
むかしの染井村に集落を作っていた造園師や植木職人達によって育成されたのだそうです。

そのソメイヨシノは、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.Cに贈られ、
ポトマック河畔に植えられ日米親善の象徴になったことでも知られています。

そして、その返礼として、
アメリカ合衆国ワシントンD.Cから日本に贈られた樹木があります。
ハナミズキです。

日本から贈られたソメイヨシノと、アメリカから寄贈されたハナミズキ、
この両国親善の樹の原木が、昔の農水省果樹試験場・興津支場に在りました。
現在の独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構・カンキツ研究興津拠点です。
たぶん、いまでも在ると思います。


きょう、かみさんが、
近くに在る喫茶店から、コーヒーの粉を買ってきました。
我が家で飲むコーヒーの粉は、いつも此処で買っています。

「これ、季節限定のブレンドで、サクラミヅキっていうんだって」

“ サクラ ” と “ ハナミズキ ” という、
日米親善の証である花の由縁を知ってつけた名かと思ったのですが、
漢字で書くと「桜見月(サクラミツキ)」なんだそうでありますよ。

桜見月

・・の。

2013年03月21日 23:59

ママは、今月が年度末なので忙しいの。

パパは、名古屋で歌舞伎やってるの。

だからわたしは、このところ毎日お泊まりしてるの。

お泊まりは、バァバとジィジのおうちなの。

きのうは、保育園がおやすみだったの。

おやすみの日に、ジィジと「オフロスキー」のDVDを観ていたの。

オフロスキーが、イタイのイタイの飛んでけぇ・・・をやってるところが、
わたしは観たかったの。

ジィジが、その場面を観せようとしてたらしいんだけど、
なかなかその場面が観られなかったの。

それで、悲しくなって、わたしが泣いたの。

そこで、ジィジが、
「イタイのイタイの飛んでけぇは、いまのマエだっけ?アトだっけ?」
と訊いたの。

それで、
「ペンギンさんのマエのイタイのイタイの飛んでけぇだよ!」
とジィジに云ったんだけど、なかかなその場面が出なかったの。

だから、わたしは、大声で火がついたように泣いちゃったの。

すると、ジィジが、
コワイお顔で、「ちゃんと聴いて・・・」と云って怒ったの。

で、わたしは、もっと泣いたの。

ホントは、ジィジも泣きたかったらしいの。
ジィジは「怒った」んじゃないって云うの。

わたしホントは、ママとパパがいなくてさびしいの。
だから、自分でもよくわからないケド、甘えんぼさんになっちゃうの。

アトで、わたし、
自分が勘違いしていたことに、気づいたの。
マエアトを、勘違いしていたらしいの。

だから、おわびにジィジにチューしたの。
そしたら、ジィジがまた泣きそうになったらしいの。

変顔


こちらとあちら

2013年03月20日 17:44

桜

春分の日、
ウメ、サクラ、ボケ、コブシ、モクレン、ジンチョウゲ・・・
春の花が咲いています。

午後になると混み合うと思ったので、早めにお墓参りに行ってきました。

お墓まいり

わたしの周りでも、あちらへ逝った方が増えました。
余程、あちらはよい処だとみえて、帰っていらっしゃる方がいません。
あちらも、段々賑やかになっているようです。

バァバのマネ 
 花粉症のバァバのマネ

あちら(彼岸)のみなさんが、
お墓にいらっしゃるのか、風になって空をふきわたっていらっしゃるのか判りませんが、
春のお彼岸ですから、孫娘とお参りしました。
みなさんが、あちら(彼岸)から、こちら(此岸)を見守ってくれていると信じたいものです。


きょうこちらでは、
我が家に10人ものお客さまがいらして、ホームパーティー。
こちらも、賑やかですヨ。

春のお彼岸



最新記事