FC2ブログ

人見知り

2010年12月01日 23:59

2010-12-01.jpg

みきちゃんから、
先日、牧之原の実家のお父さんが出張で上京された際に、
お忙しい時間を割いて、みきちゃんと孫のC の顔を見に寄ってくださった、
という話を聴きました。

そのときに、C が泣いて困ったのだそうです。

わたしたち夫婦も、
「それは、せっかくだったのに、お気の毒だったね」
などと慰めたのですが、そろそろC も赤ちゃんの人見知りが始まりました。

人見知りは、自分と他人、人と人の違いが判るようになった証しなのだと思います。
抱っこしてくれる全ての人に機嫌よくしていた段階から、
人の違いを判断できるようになった成長の証しが、人見知りなのでしょう。


きょうは、午後からC を預かりました。
わたしが、昼間仕事で外出した間はかみさんが担当し、
夕方からは、外出するかみさんに代わって、わたしが担当しました。

眠ったり、ミルクを飲んでいる間の顔は天使ですが、
暑いのか、寒いのか、眠いのか、泣き叫び出して困りました。

外に連れ出してみましたが、あまりに泣くので、
近所のみなさんに不信に思われるような気がして、
慌てて家に戻りました。

抱っこしてあやしていたら、そのうちに腕の中で眠りました。
きっと眠かったのでしょう。

C の気持ちが解からなかった、わたしがワルイのです。


ですから、
牧之原のおじいちゃんの場合は、ぜんせんワルクないですよ。
お気のどくさまでした。 

2010年12月01日


スポンサーサイト





最新記事