FC2ブログ

あの世の仕来たり

2010年02月15日 23:59

Yさんが亡くなってから、雨の日がつづきます。
きょうも、冷たい雨の一日でした。

午後6時から、北千住に在る斎場でYさんの通夜が営まれました。
みんな会のみんなと一緒に、わたしとかみさんも参列しました。


亡くなったYさんとタケちゃんは高校の同級生でした。
タケちゃんのことは、去年のみんな会(3月7日)のときに書かせていただきましたが、
タケちゃんは、1992年に享年41で亡くなった、私の先輩です。

タケちゃんが入院していたとき、みんなで交代で看病しました。
看病を交代して自宅へ戻って風呂に入っていたら、
看病を交代したオサムちゃんから、タケちゃんが急変したという報せがあって、
病院に飛んでいきましたが、間に合いませんでした。

そのオサムちゃんも、
タケちゃんが亡くなって10年後、8年前の正月、突然に亡くなりました。

そして、今度はYさんです。
まだ59歳です。

一昨年8月に肺ガンの手術をして、肺を切除しました。
しかし、ガンは脊椎に転移してしまったようです。

Yさん、昔は相当のヘビースモーカーでしたが、
最初にタバコを教えたのは、実はタケちゃんです。
タバコだけじゃありません、酒も麻雀も競馬もタケちゃんが教えたのです。

いまごろ天国でYさんが、
「おまえがタバコなんか教えっから、オレも早々とこっちへ来ちまっただろうが
と、タケちゃんに文句を言ってるかもしれません。

でも、タケちゃんのことですから、そんな文句は受け流して、
「おう!Y、こんだぁ、こっちの仕来たりをオイラが教えてやっからよ。
オサムもなぁ、最近やっと慣れてきたところだぁ」

な~んて、威張っていることでしょう。


タケちゃんが亡くなったあと、
タケちゃんのお母さん家でタケちゃんの誕生日に集まって、誕生祝をやろう
という話になりました。これが3月7日の「みんな会」です。
命日ではなく、誕生日に集まって一緒に歳をとろうや、という趣向です。
そのみんな会で、タケちゃんの本を作ろうという話が決まり、
タケちゃんの人生で出会った多くの人たちが、文章を寄せてくれました。
そのなかに、Yさんがタケちゃんのことを書いた文章もあります。
Yさんの文章は、明日のブログに掲載させて頂こうと思っています。

タケちゃんの葬儀のとき、会計を担当をしていたYさんですが、
告別式が終ってから、誰もいない台所でワンワン泣いていた姿を、
うちのかみさんは憶えているそうです。
葬儀が終るまでは、取り乱した姿を見せないように緊張していたのでしょう。


明日は、11時からYさんの告別式が執り行われます。




スポンサーサイト





最新記事