FC2ブログ

訃報

2010年02月12日 07:50

一昨日見舞った友人のYさんが、亡くなったと、

深夜に連絡がありました。


なにがなんだか、判りません。


「自分で、もうダメだって思ってないんでしょ?」

という私の質問に、

即座に、ハッキリ、「うん!」と頷いたのに


しかし、そんなやりとりの前に、

脊椎に出来た病巣のせいで痛みと闘っている様子を聴いていました。

詳しくその痛みについて説明してくれました。

その説明の仕方も、Yさんらしく、どこかサービス精神が垣間見えて


そんな話をひとしきりしたあとで、フッとこんなことを洩らしました。

「こんなに辛いんならさ、ショウジキもうあっちへ逝ちゃいたいと思うよ」

そして、

「でもさぁ、こんなことかみさんには言えないもんなぁ・・」

そう言ったあとで、

それでも、これから痛み止めの影響で弱った肝臓や腎臓の状態を立てなおして、

抗がん剤治療に挑戦するのだと話していたのです。

そして、退院したら車椅子で動けるように家を直し始めたのだ、とも言っていました。

眼の前に越えなくてはならない幾つもの山を観ながら、

それでも、その山の先を観ていたのだと、思います。


だから、帰り際に訊いたのです。

「自分で、もうダメだって思ってないんでしょ?」って

そしたら頷いたんです。

ハッキリ 「うん!」 って。







スポンサーサイト





最新記事