さよならだけが人生だ

2009年02月28日 17:28

きょうは、

うちで同窓会の打ち合わせがあるので、本屋に出かけた三浦秀和です。


うちのかみさんは同窓会の会長をやってます。
ことし同窓会をやるので、その打ち合わせです。

かみさんも私と同じ大学の、通称“演劇科”の出身。
私も同窓会の立ち上げから16~7年間、事務局として係わっていたのですが、
初代会長の退任後、一期務めて12年前に退きました。

現在は、うちのかみさんが三代目会長。

でも、家庭の中で同窓会の話はしません。

「設立当時はこうだった」とか、
「会則の主旨はこうやって決まった」とか、必ずこういう話が出てしまいます。

すると、現役はやりづらい。
だから、うちでは同窓会の話はタブーです。


さて、その打ち合わせに来てくれた旧知のY君から御もたせを頂きました。

ビアード・パパのシュークリーム
ビアード・パパのシュークリームです。

かみさんが、「ワイキキのルアーズ通り(Lewers St.)に在ったよね」
と言うのですが、憶えていません。
かみさんは、こういうことを忘れません。

私もお相伴にあずかりました。
生地がクッキーのような食感でカリカリしていて、
クリームのバニラビーンズが香ばしく、とても美味かったです。

Y君、ご馳走様でした。


さて、打ち合わせの邪魔をしないようにと、本屋に行きました。
お目当ては、きのうのブログに書いたように、
気になっている『納棺夫日記』と『悼む人』

ところが、『悼む人』は有ったのですが、
『納棺夫日記』は売り切れで予約注文だそうです。

これも、映画『おくりびと』効果でしょうね。

ですから、『悼む人』を買いました。
悼む人


ついでに、ぶらぶらしていて井伏鱒二さんの『厄除け詩集』を見つけたので、買いました。
厄除け詩集


この詩集に、有名な訳詩『勧酒』という詩が収められています。

 勧君金屈巵
 満酌不須辞
 花発多風雨
 人生足別離
 

これは、唐の于 武陵(う ぶりょう)という人の詩です。

それを、井伏鱒二さんが訳詩したものが有名ですよね。
  
コノサカヅキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトエモアルゾ

「サヨナラ」ダケガ人生ダ


 
三行目と四行目だけを読むと、
ペシミストかニヒリストの書いたものかと思ってしまいますが、
最初から読めば、大らかでポジティブな詩であることが解かります。

人生は、いずれ別れもくるだろうが、
お互いに、この世で出逢えたことを歓んで、
いまここで共に飲んでいる酒を大いに愉しもうぜ。

という、豪快な詩です。


みなさ~ん!同窓会は5月17日で~す。
旨いお酒を飲みましょうね。


この盃を受けてくれ
どうぞ、なみなみ注がしておくれ
花に嵐の喩えもあるぞ
「さよなら」だけが人生だ
   


    新橋演舞場弥生花形歌舞伎 3月4日(水)― 23日(月)
        猿之助十八番の内『獨道中五十三驛

           『グランドキャニオンツアー』
全長446?の世界遺産・25億年前の地層を削りながら流れるコロラド川
スポンサーサイト

納棺夫日記と悼む人

2009年02月27日 18:22

『納棺夫日記』と『悼む人』、この二冊、気になりませんか?

納棺夫日記 (文春文庫)納棺夫日記 (文春文庫)
(1996/07)
青木 新門

商品詳細を見る


悼む人悼む人
(2008/11/27)
天童 荒太

商品詳細を見る




へのへのもへじ
                へのへのもへじ

三浦秀和が住んでいる雑司が谷は、気温2℃ みぞれ雑じりの雨が降っています。

この寒い中、かみさんは友達と芝居を観にいきました。

昔の芝居仲間の公演を、やはり同じ劇団だった友達と観るのだそうです。
かみさんは、つきあいのいい人です。
マチネですが、芝居が終わったら二人で飲んで、たぶん相当に酔って帰ってくることでしょう。

何故なら、きょうのために昨夜は酒を抜き、きょうの昼飯もしっかり食べていましたから、
気合が入ってます。


ところで、きょうの東京外国為替市場は、1ドル=98円台前半で取引が始まりました。
3ヶ月半ぶりの下落だそうです。

与謝野馨財務・金融・経済財政担当大臣は、きょうの記者会見で以下のように話しています。

「日本円は安全な避難通貨だとして円ポジションを維持する方もいたと思うが、
日本の経済の状況をみて、恐らくまた分散したのではないか」

輸出関連のご商売は、円高で困っていましたが、それは序の口?

円安になっても、急に輸出の需要が増えるとも思われず、
この状況で円が下落したら、輸入関連のご商売にも影響があるのでは?

すると、どうなるのでしょうねぇ・・・。

まだまだ、は遠いのでしょうか?



まっ、うちは米ドルじゃありませんけど外貨預金が塩漬け状態なので、
円が下がって少しホッとしてます。

・・・だから、今夜は酔っぱらって帰ってくるだろうなぁ、かみさん。



    新橋演舞場弥生花形歌舞伎 3月4日(水)― 23日(月)
        猿之助十八番の内『獨道中五十三驛
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2009/03/post_13.html



  
  



ラスベガスでスカイダイビング

2009年02月26日 12:44

今朝は、5時前に目が醒めた三浦秀和です。

50歳を過ぎると、過剰に早起きになったりします。
トイレは近いし、身体は痛いし・・・。

近ごろ「歳をとったのかなぁ」と思うことが頻繁になりました。


ねぼけたまま、仕事の前にブログを書こうかなとパソコンに向かっていると、
ラスベガスにいる息子(次男)からメールが入りました。


グランドキャニオン上空
グランドキャニオン上空

「スカイダイブしてきたよ!」というのです。
     
一気に目が醒めました。


ここに映っているのは、息子じゃありません。別人ですが雰囲気だけ。

料金は$199(2万円弱)、撮影してもらうと$89(8千円強)といった値段だそうです。

まったく、怖いもの好きというか、無茶が好きというか、昔からやんちゃな息子です。

16歳のときにロサンゼルスLA)に留学してから、ずっとアメリカ暮らし
いまは、ラスベガスに住んでます。

ラスベガスグランドキャニオンの旅行業をやっています。

グランドキャニオンは、とにかくス・ゴ・イ!

グランドキャニオンは、
数千万年~1億年前の地球の地殻変動で、海底が隆起して出来たものだそうです。

数百万年前から雨水の流れが地層を削り始め、それが現在のコロラド川のルーツ。
100年かかって約2cmずつ峡谷が深くなっているのだそうですが、
現在の高低差は1600m。
いま削られている川底は、20億年くらい前の地層なのだそうです。


マーサポイント
グランドキャニオン・サウスリム、マーサポイントからの眺め

グランドキャニオン・サウスリム(南壁)の下には、
20数億年前の地層を削って流れるコロラド川。
対岸には、地平線のように広がるグランドキャニオン・ノースリム(北壁)が望めます。

20数億年前って・・・地球の歳の半分くらいでしょうか???

億?、億年って??????どんくらい???・・・Dont cry!

いずれにしても、人間が想像できる範囲の時間じゃないですよね。


50過ぎて、歳とったなんて・・・、ねぇ。

お懐紙の御返し

2009年02月25日 16:03

4月に息子が結婚式を行う、三浦秀和です。

それに伴なって披露宴の招待状を差し上げた方から
事前にお祝いを頂戴しました。

そこで、かみさんが「おかしを買いに行ってくる」というので、
「おかしは何にするの?」と訊き返したら、
「おかし」との返事・・・。

こんな、間抜けなやりとりを暫くして、やっと
かみさんの言っているのは「お懐紙」だと解かりました。

我が家(かみさんの実家)では、お祝いを頂戴した御返しに“お懐紙”を渡すのが
慣わしになっていると言うのです。

前にもそんなことがあったのを、すっかり忘れていたのは私でした。

そこで、お祝いを頂戴したら、“お懐紙”を“返す”という風習について調べることを
きょうのミッションにしました。

さて、そもそも“お懐紙”ってなんでしょう?
辞書には、畳んで懐に入れておく紙だとあります。
昔のメモ用紙、またはティッシュペーパーなのでしょう。

でも、いまはあまり持っている方を見かけませんよね。
茶道をやっている方はお使いでしょうけれど。

その“お懐紙”をお祝いを頂戴したときの“御返し”にするって、知ってました?

これは、我が家の習慣なのか、土地の習慣なのか調べてみました。

すると、こんなサイトが有りました。
静岡出身の女性がトビ主で質問しているのですが、
今度結婚するにあたって、事前にお祝いを頂戴したので
ご自分の出身地の慣わしのとおり、お懐紙を御返しするものと思っていたら
東京ご出身のご主人のご実家では、そんな慣わしがないというので
これは、どこの慣わしなのか質問していらっしゃるのです。    
    YOMIURI ONLINE→大手小町→発言小町

結局、東京人の常識かどうかはハッキリしませんでしたが、
どうも、関西の常識ではあるようなので、専門店を訪ねてみました。

       株式会社辻商店 辻徳

なるほど、頂戴したお祝いに対して御返しするお懐紙は、値段は些少ですが
相手方のお気持ちに負担をかけず、こちらの感謝の気持ちを表すことができますよね。
あらためて、後日内祝いを贈らせて頂くにしても、礼儀に適った慣わしだと思いました。

日本人の生活の知恵のひとつとして、
うちの新婚さんにも伝えていこうと思う、三浦秀和でした。



お懐紙





    新橋演舞場弥生花形歌舞伎 3月4日(水)― 23日(月)
        猿之助十八番の内『獨道中五十三驛
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2009/03/post_13.html

           『グランドキャニオンツアー』
全長446?の世界遺産・25億年前の地層を削りながら流れるコロラド川
          http://www.park-tour.net/japan/








みかんと一閑張

2009年02月24日 12:15

きょうは一日中家にいる三浦秀和です。

きょうのブログにはなにを書こうかなと考えていると、
目の前にみかんがあったのでなんとなく撮りました。


一閑張の篭とみかん

三浦秀和の実家は、浜松のみかん専業農家です。
父(今年満80歳)は引退して、いまでは6歳違いの弟がみかんを作っています。
なんせ、長男は家出しちゃったので。

このみかんは、去年の暮れに採れたもので「これが最後だよ」と言って、
弟が送ってくれました。

みかんを容れた篭は、2歳違いの妹が作った一閑張(いっかんばり) の篭です。

一閑張というのは、
竹で編んだ篭(がご)などに和紙を幾重にも貼って
その上に柿渋(かきしぶ)を塗ったものをいいます。
更にその上に弁柄(べんがら)や(うるし)を塗ったものもあるそうです。

一閑張という名の由来は、

昔は、農家の農閑期(農作業が閑なとき)に作られていたから、という説や

和紙を重ねて貼ってあるので強度があり、
一貫目(3,75kg)の重みにも耐えるという意味で、一貫が一閑になったという説

一閑さんというお坊さんが作ったからという説もあります。

どうも、お坊さん説が正しいようです。

一閑さんという人は、明時代の中国から日本に亡命してきたお坊さんだそうです。
亡命先の臨済宗・大徳寺の清巌宗渭というお坊さんに茶人の千宗旦を紹介され入門。
趣味で紙漆細工の茶道具を作ったのを千宗旦に認められ
様々な小物を紙漆細工で作って、
「一閑張」
の名で売り始めたら評判になったということです。


一閑張の篭
一閑張の篭(かご)

一閑張の箕
一閑張の箕(み)    これは、妹の先生の作品

妹が作ったに弟が作ったみかんを容れて眺めると幸せな気分になる三浦秀和でした。



    新橋演舞場弥生花形歌舞伎 3月4日(水)― 23日(月)
        猿之助十八番の内『獨道中五十三驛
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2009/03/post_13.html

           『グランドキャニオンツアー』
全長446?の世界遺産・25億年前の地層を削りながら流れるコロラド川
          http://www.park-tour.net/japan/



雨が降ったら天気がわるい

2009年02月23日 12:57

三浦秀和が住む雑司が谷は、きょう一日中雨が降っています。

雨が降ったら天気がわるい

それとも、

雨が降ったら天気がわるい

1974年発売の、小椋佳さんのアルバムに「少しは私に愛をください」があります。

少しは私に愛をください
少しは私に愛をください~雨の中の青春~少しは私に愛をください~雨の中の青春~
(2006/10/04)
小椋佳

商品詳細を見る


「しおさいの詩」から始まるその物語は、
小倉一郎さんがナレーションで繋ぐ、少年の旅立ちの物語になっています。

そのナレーションの中に「雨が降ったら天気がわるい」のフレーズが出てくるのです。

18歳の私は、毎日毎日このアルバムを聴いていました。

朝も、夜も。何度も、何度も・・・

アルバムの中に「木戸をあけて」という曲があります。

当時私は、蒲田の新聞販売所の二階の友人の部屋に上がりこんでいました。
家出した私は、住み込みで働ける仕事を探す毎日でした。

夢はたくさんありました。
たくさんの夢をみていました。
このアルバムはその頃の私のBGMだったのです。

あれから35年。

いまでも雨の日はフッと「雨が降ったら天気がわるい・・」と
口ずさむのが癖になっています。


ところで、「雨が降ったら天気がわるい」の後にどんな言葉がつづくと思いますか?

「雨が降ったら天気がわるい。だからどうした?それでも行くぞ!」

「雨が降ったら天気がわるい。だから私はついてない。」

「雨が降ったら天気がわるい?それはそれ、雨もまた楽しいよ。」

貴方なら、どう言葉をつづけますか?

雨の道草


第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞おめでとうございます。



    新橋演舞場弥生花形歌舞伎 3月4日(水)― 23日(月)
        猿之助十八番の内『獨道中五十三驛
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2009/03/post_13.html

           『グランドキャニオンツアー』
全長446?の世界遺産・25億年前の地層を削りながら流れるコロラド川
          http://www.park-tour.net/japan/


ベルナール・カトラン

2009年02月22日 21:12

きょうは、ワークショップのファシリテーターをやらせて頂いた三浦秀和です。

三浦秀和の主な仕事は、三浦秀和対個人のコーチングセッションなのですが、
他に、授業とか、セミナーとか、講演とか、ワークショップのお話しをよく頂きます。
それはそれで使命感をもっているのですが、コーチとしてのセッションの能力と、
講師またはファシリテーターとしての能力は、まったく別物だと、いつも思います。

コーチとして優れたセッションを行う者が、講師として優れているとは限らない
ということです。

その逆もまた然り。切り替えが必要なのです。
ですから、どちらの仕事も毎度苦労します。
相手(クライアントや参加者)は、それほどとは思わないでしょうけれど。

きょうのワークショップのお題は
「相手のパーソナル・ファウンデーション(自己基盤)を強化させる会話」
すごいでしょ?会話の仕方で、こんなことも可能になるのです。

しかし、それをコーチする三浦秀和のパーソナル・ファウンデーションが強力かというと
それはまた別。

実はダメなところだらけなんです。
そんな三浦秀和がコーチ出来るんですから、コーチングって、面白いでしょ。


ワークショップ

さて、帰宅したら大きな荷物が届いていました。

ある人が、息子のお嫁さんにお祝いとして贈ってくれたものでした。
新婚家庭の分と我が家の分の2枚を贈ってくれました。


ベルナール・カトラン

ベルナール・カトラン(Bernard Cathelin)1919-2004のリトグラフです。
なんともシンプルな構図ですが、大胆ながら奥深い色使いです。
観ているうちに落ち着いた気分になる、品のよい絵だと思いました。

ベルナール・カトラン。私はこの名前を知りませんでした。

調べたら、銀座の吉井画廊が日本で最初にカトランの個展を開いたことが判りました。
贈ってくれた人は、その吉井画廊の仕事をしています。

話は変わりますが、吉井画廊が経営する清春芸術村は、いいですよ。
私は、ジョルジュ・ルオー1871-1958の作品が好きなのですが、
清春芸術村には、日本有数のルオーコレクションが展示されています。
清春芸術村は、これからのの季節が一番いいかもしれません。

新婚家庭にこの絵が似合うようになるのには、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?





    新橋演舞場弥生花形歌舞伎 3月4日(水)― 23日(月)
        猿之助十八番の内『獨道中五十三驛
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2009/03/post_13.html

           『グランドキャニオンツアー』
全長446?の世界遺産・25億年前の地層を削りながら流れるコロラド川
          http://www.park-tour.net/japan/



        

日本舞踊『女流名家舞踊大会』

2009年02月21日 12:57

国立劇場

きょうは、東京・三宅坂の国立劇場(大劇場)で行われる
女流名家舞踊大会』の夜の部を観に行く三浦秀和です。
日本舞踊家の義姉が踊ります。

息子が歌舞伎俳優ですし、姉が日本舞踊家ですから、
日本舞踊は我が家では身近です。
しかし、私は日本舞踊は全く踊れません。
でも、浜松育ちですが、父の実家が徳島で、私が生まれたのも徳島ですから、
阿波踊りなら少々・・でも、それも難しいです。

さて「阿波踊りだって、日本の踊りなんだから“日本舞踊”でしょう?」
なんて思われる方も多いかと思います。

それはその通りで、日本の踊りは全て“日本舞踊”ですよね。
しかし、一般的には日本舞踊とは「歌舞伎舞踊」と「上方舞地唄舞)」のことを指します。
そして、日本舞踊家とは、それを生業としている職業人のことですが、
なにをやっているか。またなにで収入を得ているかが面白い。

日本舞踊を踊って、それをお見せして収入にしている人はほとんどいません。
本来は、歌舞伎役者に振り付けしたり、指導をしていた「振り付け師」
または「歌舞伎舞踊の先生」だったわけですが、
明治以降、一般人が「私も踊りを習いたい」「私の娘にも習わせたい」
と集まってきました。
そこで、言うならば副業で始めたのがお師匠さん稼業。
そうしたら、それが意外と人気がある。人が集まる。・・・儲かる。
そこで、名取制度師範名取制度をつくって家元を頂点にしたピラミッドの、
家元制度を築いたというわけなのです。

現在、社団法人『日本舞踊協会』に所属している流派だけでも、120流派あります。
つまり、120の流派のピラミッドがあるわけです。

しかし、“踊り”といっても、現在はヒップホップサルサダンスフラダンス
需要も多岐に渡り、日本舞踊を習いたい、踊りたいという人たちは少なくなっている
と言われています。

ちなみに、うちのかみさんも師範名取(弟子をとって教えてもよいという資格)の
御免状を持っていますが、使ったことはなく、現在はフラダンスを教えています。
かみさんにとっては、なにを踊るかより、根っから踊りが好きなのでしょう。

ちなみに、私はかみさんのフラが好きです。
特に、プアリリレフアという曲で踊っているかみさんが大好きです。

さて、話しを戻して、きょうの踊りの会ですが、
『女流名家舞踊大会』という位ですから、
各流派の女性舞踊家の最高峰の名手が揃って、その至芸を披露する大会
という意味でしょう。
スポーツなら、全日本女子選手権大会。
競馬なら、優駿牝馬(オークス)と言ったところでしょうか?

おっと、馬に例えたりしたら、お姉ちゃんに蹴っ飛ばされるかも(笑)。

『女流名家舞踊大会』は、明日もやってます。


My coffee cup
毎朝コーヒーを飲む、私のマイカップは、ずっとABCストアーの景品を使ってます。


    新橋演舞場弥生花形歌舞伎 3月4日(水)― 23日(月)
        猿之助十八番の内『獨道中五十三驛
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2009/03/post_13.html

           『グランドキャニオンツアー』
全長446?の世界遺産・25億年前の地層を削りながら流れるコロラド川
          http://www.park-tour.net/japan/

この道を行けばどうなるものか

2009年02月20日 09:57

ブログを始めて3日目の三浦秀和です。

いやぁ、こんなに反響があるものかと思います。
ブログの反響です。

ブログデビューしたことを、知人友人にお報せしたら、
このブログの「コメント」もそうですが、
多くの方からメールを頂きました。ありがとうございます。

やはり、考えてばかりいて、行動しないより、
やってみるものですね。


この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる
迷わずゆけよ
行けばわかるさ


この詩、ラスベガスに居る息子から、
今朝メールで送られてきました。

この詩は、昔なにかの本で読んでメモした覚えがあって、
確か、一休さんの詩だと思っていました。

だから、息子が一休さんの詩を贈ってくれたんだな、と思っていたら、
これはどうもアントニオ猪木さんが引退するときに言った
アントニオ猪木さんの言葉になっているみたいですね。

アントキノ猪木さんじゃないです。アントニオ猪木さんです。

息子は、ラスベガスグランドキャニオンの旅行業をやっていますが、
ムエタイ
ボクサーでもあります。
アメリカで試合に出たりしとります。
息子はよく武芸者や格闘家の書いた本などを読んでいますから、
きっと、アントニオ猪木さんの引退の言葉として認識していたのでしょう。

そのアントニオ猪木さんは、一休さんの詩として引用したようですが、
今の定説では、宗教家の清沢哲夫(きよざわてつお)さんが書かれた
無常断章』という本に収録されている「道」という詩のようです。

これも、ブログに載せようとして、少し調べて判ったこと。
ブログを書く効用でしょう。

でも、どなたが書いたかは別にして、いいだと思いませんか?


この道


2016年8月5日、
上記の詩について、ご指摘を受けましたので載せます。

「道」という詩は、正しくは、

此の道を行けば
どうなるのかと
危ぶむなかれ 

危ぶめば
道はなし

ふみ出せば
その一足が
道となる
その一足が
道である

わからなくても
歩いて行け 
行けば
わかるよ


とのことです。

また、この詩の作者は、
真宗大谷派の住職清沢哲夫(暁烏哲夫)氏であり、
「同帰」第335号(1951年10月1日発行)に掲載。
『無常断章』(1966年5月)、法蔵館に所収されているそうです。

猪木氏説や一休さん説の経緯は、判りません。


滴丁東了滴丁東

2009年02月19日 12:16

週刊新潮は、きょう発売です!

ちなみに、その週刊新潮に息子の入籍記事が載っています。

さて、それではきょうのミッションです。
このブログのタイトル「ていちんとうりょう、ていちんとう」について、
簡単にご説明いたします。

「ていちんとうりょう、ていちんとう」を漢字で書くと、
「滴丁東了、滴丁東」です。
これは、昔の中国の如浄禅師という人が詠んだ詩に表された一節です。
したがって、本来の中国語読みで表すべきなのですが、
ティツィントゥンリョゥン、ティツィントゥンというような発音なのでしょうか?

さてその詩を、日本から留学して如浄禅師の影響を大いに受けた
弟子の道元禅師が紹介しています。
道元さんと言えば、井上ひさしさんのお芝居(道元の冒険)にもなっていますが、
福井県に在る永平寺というお寺を開いた、曹洞宗の宗祖です。

道元さんは、如浄禅師の教えから多くを学びますが、その中心にあった教えが、
この詩に表されているのです。

道元禅師の書いた『正法眼蔵』より。

先師古仏云、
渾身似口掛虚空、
不問東西南北風、
一等為他談般若、
滴丁東了滴丁東。

これを、もう少し解かりやすく。

先師曰く、
渾身、口に似て虚空にかかる、
東西南北の風を問わず、
一等、他が為に般若を談ず、
滴丁東了滴丁東。

これを、私なりに読み解きます。

全身を口のようにして虚空にかかっている風鈴は、
東西南北から吹いてくる風を選ぶことをせず、
ひたすらに真理の音だけを鳴らしている、
ちりん、ちりん・・・と。

つまり、
「滴丁東了滴丁東(ていちんとうりょう、ていちんとう)」とは・・
ちりん、ちりん・・・と鳴る風鈴の音のことなのです。

如浄禅師や道元禅師のお言葉をタイトルにするなんて、
なんと畏れ多いことかとは思いましたが、
世界からの風を受けて、日々このブログを通して、
小さな音(ね)を鳴らしていこうと思っています。

私如きが「般若を談ず」などとは不遜なことではございますが、
みなさま、どうかご寛容にお聴きください。



中村勘太郎主演 道元禅師を描いた映画公開中 『禅ZEN』

窓




FC2ブログランキング





FC2 Blog Ranking








コミットメント

2009年02月18日 21:52

初めまして。

きょう、ブログデビューした三浦秀和です。

なぜ、きょうなのか?
・・・理由は特にありません。

実は、去年からの懸案だったブログデビューですが、
なかなかモチベーションがもてませんでした。

人の話を聴くばかりではなく、なにか発信したらどうかと、
盛んに、次男とかみさんが薦めてくれたのがキッカケですが、
いまひとつ乗り気になれずにいました。
ブログを初めるとどんなことが起きるのか?
どんなコンセプトで書けばよいのか?
考え始めると、逡巡してしまいます。

こういうときは、考える前にコミットメントしてしまうに限る。
そう考えて、私は私のコーチに(コーチは、大概自身にもコーチをつけています)
月曜日のコーチングセッションでコミットメントしてしまいました。
したがって、敬遠していた登録画面を開かなくてはならなくなった、というわけ。

おかげで、こうしてなんとか開設できたという次第です。やれやれ

ところで、このブログのタイトル、「なんなんだ?」って思われるでしょうね?
それについては、明日のミッションにさせてください。

マウナケアビーチ



コーチング入門 (日経文庫)コーチング入門 (日経文庫)
(2006/02)
本間 正人松瀬 理保

商品詳細を見る








最新記事