FC2ブログ

この世界の片隅で

2019年08月06日 03:07

またナイトキャップしている。

いまは、8月6日の未明。
夜明けまで、まだしばらくある。


8月6日は、特別な日だ。
広島にとって、だけではない。
全人類、全世界にとって特別な日だ。

だが、
この世界の片隅で暮らす人々にとって、
それは、どれだけの意味を持つだろうか?


8月6日、
去年は、野外劇を観ていた。
一昨年は、むぅむぅ(義父)を納骨した。

8月6日、
戦禍の只中にいる人もいる。
貧しさに、明日の糧を考える人もいる。

介護・看護の毎日を送る人もいる。
闘病の床に寝ている人もいる。

理不尽なテロで亡くなった人もいる。
理不尽なテロで愛する人を失った人もいる。

被災して、仮設住宅で過ごしている人もいる。

事故に遭った人もいる。事故を起こした人もいる。

被ばく体験を語る人もいる、語れない人もいる。

広島・長崎を、
知識っている人もいるが、知識らない人もいる。
知識ろうとする人もいるが、知識ろうとしない人もいる。


仕事や子育てに奮闘中の人もいる。

知識ってか知識らずか、
突然、世界のメジャー大会で初優勝し、
一夜にして日本中を虜にした笑顔の可愛い女の子もいる。


よく眠っている奴”もいる。


想いは巡る。
夜明けまで、まだ時間がある。





スポンサーサイト



なにがあった豊島区!?

2019年04月16日 23:59

豊島区

池袋が、「暗い、汚い、危険の3K」と謂われた時代がありました。

駅構内と西口の東武・東口の西武デパートで買い物をしたら、
そのまま西武線・東武線・赤羽線・山手線・地下鉄に乗り換えてしまうので、
「駅袋(駅が袋状態で街に人が出ない)」と揶揄されたこともありました。

豊島区が「消滅可能性都市」だと指摘されたこともありました。


ところが、
かみさんが大塚駅前に在る24時間営業の本屋でこんな本を買ってきました。

「消滅可能性都市」から大逆転「住みたい街」へ!

なにがあった豊島区!? どうした池袋!? このままでいいのか雑司が谷!?


訪問者

2019年03月12日 23:59

午後3時過ぎにインターフォンが鳴りました。

インターフォンに応答すると、
「近所で工事してるので、ご挨拶に伺いました」

玄関を開けると、
作業服を着た男の人が二人立っていました。

「何処の工事ですか?」

すると、
「ラーメン屋さん在りますよね。その隣の辺りのSさんという家です」

“確かにラーメン屋は在るケド、
・・・その近くで工事している家なんかあったっけ?”と心の声。

それだけ言って帰ろうとしながら、
「そこ!ペンキですか?」と住宅の一部を指さして言いました。

「この前を通るたびに監督が言うんですよ。なんなら見ましょうか?」

“ペンキじゃないだろ?防水だろ?・・・ははぁ、それが目的か?”と心の声。

「いや、こういうのは近くの業者に診てもらってるから結構!」

すると、二人は帰ってゆきました。

“なんだよ、挨拶廻りだったら次は隣じゃないのかよ?”

もしかしたら、
リフォーム詐欺かもしれませんし、詐欺が調査をしていたのかもしれません。
どんな住人が住んでいるか、在宅か不在か、玄関ドアを開けるかどうか?
その意味では、不用意にドアを開けたことを反省しました。

そこで、家の中に入ってから警察署に電話をかけました。

担当部署に繋いでもらってから事情を説明すると、
「すぐに、その地域に警察官を向かわせます!」とのことでした。

電話を切って、
わたしも自転車で家の周りを走って二人組を捜したのですが、
二人組も工事中のSさんの家も見つけることができませんでした。

しかし、
なにより問題だったのは、“向かわせる”と言った警察官の姿を、
いつまで経っても見つけられなかったことでした。

ミミズク

2019年02月23日 14:54

みみずく

杉並で逃げているミミズクが話題です。

飼われていた親子の子ミミズクが逃げたのだそうですが、
巣立ったミミズクには親子の情愛も帰巣本能もありませんから、
親元に帰ってくることは期待できません。

みみずく公園

別に、
そう騒がずとも放っておいてやればいいと思うのですが・・・ダメ?

ミミズク

ところで、
日本ではフクロウミミズクを分けております。

ミミズク木菟(みみずく)という字で表されますが、
まさに樹の枝に止まったウサギのように見えるからでしょう。

フクロウ)は古来「ズク」と呼ばれていたのだそうですが、
その中でウサギの耳のような羽角(うかく)をもつ種のことを、
耳があるズク、つまりミミズクと呼ぶようになったと考えられます。

ミミズクは、ワシタカと同じ猛きん類に分類される鳥ですが、
ワシタカなどと同じように、本来自然のなかで暮らしながら、
人間と共存してきた鳥です。

すすきみみずく

雑司が谷鬼子母神には、ミミズク伝説があります。

その雑司が谷は高齢者も多く暮らしている町ですが、
最近、雑司が谷でも高齢者を狙った詐欺が増えております。

警察は、大人しいミミズクを捕まえることに躍起になるんじゃなくて、
サギを捕まえてほしいものです。

みみずくらーめん


鉄腕アトム生誕の地

2018年11月12日 23:59

参道

雑司が谷鬼子母神の参道をちょこっと横に入った・・・、
そう!最近しょっちゅう登場するこの二人が立っている
横の電柱の角を右に入った突き当りに並木ハウスが在ります。

並木ハウスは現在でも住人が暮らしているアパートですが、
そのむかし、かの手塚治虫さんが住んでいらしたアパートです。

並木ハウス

ところで、
手塚治虫といえば、言わずと知れた昭和を代表する大漫画家ですが、
手塚治虫といえば、数ある名作の中でも、まずは「鉄腕アトム」でしょう。

手塚治虫

今更「鉄腕アトム」について説明する必要はないと思うのでありますが、
鉄腕アトム」は“何時”生まれたかご存知でしょうか?

そう!
天馬博士によって2003年4月7日に「鉄腕アトム」は誕生しました。

では、
鉄腕アトム」は、“何処”で誕生したかご存知ですか?

鉄腕アトムの誕生日である2003年4月7日、
お茶の水博士を世帯主として手塚プロダクションのスタジオが在る
埼玉県新座市で特別住民票が発行されたので「新座市」

新宿区高田馬場に手塚プロダクションが在るので、「高田馬場」

しかし、
並木ハウスが在る「雑司が谷」で生まれたというウワサがあります。

さて、「鉄腕アトム」雑司が谷生誕説の真偽のほどは判りませんが、
鉄腕アトム」が雑司が谷に“住んでいた”ことは間違いないようですよ。

鉄腕アトム




最新記事