FC2ブログ

耐用年数

2019年06月25日 19:14

先日、二つある給湯器の一つが壊れました。

それによって、
1階の風呂とダイニングの給湯が止まっています。

そこで、ガス会社を呼んで調べてもらったところ、
耐用年数10年の給湯器を15年使っていたと分かり、
給湯器の修理は無理なので交換する必要があります。

ということで、ガス会社に見積もりを依頼しました。

すると、
これまでの電気代の資料を用意してくれとのこと。

それら見せたところ、
電気・ガス料金の一体化とエネファームを提案されました。

というワケで、給湯器だけを交換するための見積もり。
電力自由化でガス会社から電気を買う場合の見積もり。
エネファームの様々なタイプの機器の見積もり。

これらを揃えて持参してもらったので、選択するところです。

事程左様に、
15年前に建てた我が家の様々な機器の耐用年数が過ぎています。

数あるエアコン然り、洗濯機然りです。
もう一台の給湯器だって、いつ何時止まるかも判りません。

そんな折、
最近不具合を感じていたので、きょう歯医者に行きましたら、
なんと、歯の一部が欠けておりました。

これも治さなければなりません。

これらすべて耐用年数を過ぎていたのですが、
ものは考えようで、これまで何事もなかっただけ有り難いことでした。

但し、商売なら分かり切っていることですが、歯も耐用年数を考えて、
減価償却を考えておかなきゃいけなかったかしら?

スポンサーサイト

例年通り

2019年06月23日 13:38

小学生の「平和の詩」

きょう、沖縄は74年目の「慰霊の日」を迎えた。

20数万人余の尊い命を奪い去った地上戦が繰り広げられた沖縄。

多くの住民も巻き込んで犠牲者を出した沖縄戦の最後の激戦地の、
糸満市摩文仁に在る平和祈念公園で沖縄県知事や総理が出席し、
例年通り「全戦没者追悼式」が行われた。

知事の「平和宣言」

知事の「平和宣言」小学生の「平和の詩」と、総理の「挨拶」の、
発せられた言葉の重みの違いも、残念ながら例年通りだった。

総理「挨拶」


小田急線沿線

2019年06月20日 18:30

モチロン、偶然だろうと思う。


「神奈川県川崎の事件」という表現もされるが、
あの事件は「登戸事件」と言ったほうが身近に感じる。

この小田急線「登戸駅」からほど近い場所で起きた無差別
・・・、だったと思われる殺傷事件から3週間以上経った。


そして、
つづくといえばつづいているようにも思える高齢者の交通事故。

「また高齢者が事故を起こした」と定義される一連の報道で、
6月17日に東京・町田のT字路で乗用車が歩道に突っ込み
塾帰りの5歳と7歳の子どもが軽傷、7歳と50歳の母親が骨折、
そんな事故で、事故を起こしたのが“60歳の女性”というので驚いた。

“60歳でも高齢者扱い”だったからだ。


そして事故と言えば、
昨日19日、本厚木駅~愛甲石田駅間の踏切で衝突事故が起きた。
昨日は、終電まで本厚木駅と伊勢原駅の間の上下線が運休したが、
その影響はきょうまでつづいた。

世間は、事故で怪我をした電車の乗客や、影響を受けた人々よりも、
警報が鳴っているのに踏切に車で進入して事故を起こした女性が、
今後負わなければならないであろう“損害賠償”に興味があるようだ。


そして昨日の厚木と言えば、
窃盗、傷害罪などで実刑判決が確定し、刑務所収容前に逃走した男が、
神奈川県厚木市内に車を乗り捨て、刃物を持って逃亡したようだ。

厚木で刃物を持った男が逃亡していることも心配だが、
そもそも、窃盗、傷害罪、覚醒剤取締法違反などで実刑判決を受けた男が、
控訴後に保釈されたり、控訴が棄却されて刑が確定するまで自宅で生活。

男が出頭しないので、検察が警察を伴って収監を促すために自宅を訪れ、
不在だったからといって何度も出直していたという。

それでやっと、
男と接触できた検察と警察が執行しようとしたら振り切って逃げられたって、
なんなんだよ!?


それにしても、
モチロン、偶然だろうと思うが、小田急線沿線の話題がつづいている。


マグニチュード

2019年06月19日 17:00

昨夜22時22分、新潟県・山形県を中心に大きな地震が起きました。

この地震は、
マグニチュード6.8
最大震度6強(新潟県村上市)
震度6弱(山形県鶴岡市)
震源地は山形県沖で深さ14キロメートル

さて、地震を考えるとき、
震度」が注目されますが、震度は地盤によっても違いが出ますから、
地震の大きさを測るには、「マグニチュード」に注目するべきでしょう。

今回の地震のマグニチュードは6.8ですが、
マグニチュードが 1 増えるとエネルギーは約31.6倍になるといいます。
マグニチュードが 2 増えるとエネルギーは1,000倍になるのだそうです。

2011年の東日本大震災を起こした地震はマグニチュード9.0ですから、
どれだけ大きなエネルギーを発したか想像できます。

それはきっと日本列島の基盤そのものを不安定にしたのではないでしょうか?
それが今回の地震も含めて地震が増えていることと無関係ではないでしょう。

今回の震源域は、
北海道から日本海沿いに新潟まで続く活断層の密集域「日本海東縁変動帯
の中にあり1964年の「新潟地震」、1983年の「日本海中部地震」が発生しています。

この地域は、西のユーラシアプレートと東の北米プレートの境界付近であるため、
岩盤がもう片方の岩盤に乗り上げる「逆断層型」の地震が起きたのだそうです。
※驚いたことに、どちらのプレートが乗り上げているのか判っていないらしいですね。

それにしても、
地球規模でみたら、マグニチュードの1~2の違いって、どれほどのものでしょうか?
次に起こる地震のマグニチュードが今回以下だという保証だってないですからね。

あらためて、
そんな地面の上に稼働中かどうかにかかわらず、原発を置いていることに驚きます。
砂上の楼閣ならぬ、“砂上に原発”であります。


惜しい人

2019年06月18日 18:00

加藤剛さん

きょうは、加藤剛さんの一周忌のご命日です。

加藤剛さんは、亡くなられたとき80歳でした。
今更ながらですが、早すぎる死でした。

加藤剛さんとは、むぅむぅ(義父)が製作した映画
「子育てごっこ」に主演されてからのおつきあいでした。

映画「子育てごっこ」
監督:今井正
脚本:鈴木尚之
主演:加藤剛栗原小巻
出演:渡辺美佐子財津一郎・他
音楽:池辺晋一郎
プロデューサー:本田延三郎
製作:(株)文芸坐三浦大四郎
公開:1979年(昭和54年)

しかし、加藤剛さんといえば、映画「子育てごっこ」以外にも、
小林正樹監督映画:「上意討ち 拝領妻始末
野村芳太郎監督映画:「砂の器
木下惠介監督映画:「新・喜びも悲しみも幾歳月
石井裕也監督映画:「舟を編む」と数々ありますが、
テレビ時代劇「大岡越前」が最も記憶に残るのではないでしょうか?

それは、加藤剛という俳優と「大岡越前」で描かれた大岡越前の、
性格や生き方が重なって見えるほど同一化していたからでしょう。

加藤剛さんのご長男をして、
「父は大岡越前そのものでした」と言わしめたほどです。

やはり、早すぎますよね。惜しい人を亡くしました。

合掌



最新記事