FC2ブログ

ひとたまりもない

2019年10月14日 11:03

備え①

台風19号が来る前には、
「あとで大袈裟だったねと笑えばいい」と思っていた。


家中の、
窓の内側に粘着テープや段ボールを貼って対策した。
ベランダの壁も撤去して、飛ばされそうな物も片付けた。

終わってみれば、風の影響もさほどのことはなかった。

元々、高台で水が出る心配はない所だし、
地盤は硬いし一応鉄骨構造だから地震で倒れることもない。
但し、風には弱い家だと思っている。

もし、
窓ガラスが割れ突風が家の中に入ったらひとたまりもないが、
“今回は助かった”。


さて、時間を追って、全国各地の被害の全容が判明するにつれ、
わたしと同様に様々な備えを施していたであろう人たちの家が、
ひとたまりもない様子だ。

実家が被災した、親戚の家が浸水した、親族が避難所に避難した、
そんな友人たちも多い。

21世紀だ、二度目のオリンピックだという時代に、なんということか。

我が家は助かったが、「大袈裟だったね」と笑う気にはならない。

備え②
スポンサーサイト



長い夜が明けた

2019年10月13日 08:12

夜明け

長い夜が明けた。

お天道様の光が有り難い。


だが、
全国各地に及んだ被害の全貌は、まだ判らないが、
甚大な被害をもたらしたようだ。

我が家でも、
リビングの大窓と、脱衣所の窓の内側から雨漏りした。

だが、家の中に浸水したお宅と比べれば、屁のようだ。


被害に遭われた方々に、お見舞いを申し上げるとともに、
防災対策に充られた多くの皆さまのご苦労に感謝します。

台風19号

2019年10月12日 23:59

台風のなかで眠る子

この時間になって、
東京・雑司が谷は、台風19号のピークが過ぎたらしい。

一日中、
警戒情報や避難準備情報、大雨特別警報の警報音が鳴っていた。

多摩川や荒川が危険水位を超えた。
千葉の市川は竜巻の被害に遭ったらしい。

それに比べたら、我が家は大したことはない。
サッシの窓の上から雨漏りしてリビングの室内の床が水浸しになっただけだ。


ところで、
東京23区内に大雨特別警報や避難勧告が発令されたのは初めてだ。
これまでになかった事が起きた。

だが、
今回は記録的で初めての事態の災害だが、
そんなの珍しくないという未来が来るんじゃないか?

さて、
何事が起きているか解らないで眠っている子にとって、
こんな気候が当たり前の時代が来ないことを祈る。


祈りながら、あの大統領の顔が思い浮かぶ。

台風対策

2019年10月11日 08:06

パネル①

我が家の、
ベランダのフェンスに裏打ちしてある石膏ボードは、
去年10月1日未明の台風24号の風で吹き飛ばされ、
今年9月9日未明の台風15号の風でも吹き飛ばされた。

やって来る台風19号は、
ことし最大の台風なのだそうで、暴風が予想される。

辛うじて残っているボードも、必ずや吹き飛ばされる。

修理は頼んであるが、来週水曜日の施工予定だ。

それならば、
風で吹き飛ばされる前にボードを剥がしておかないと、
飛ばされた破片が窓ガラスを割ってしまうかもしれないし、
隣家や周囲の被害が及ぶかもしれない。

というワケで、
ベランダのボードをひっぺがす剥離作業。これも我が家の台風対策。

パネル②

夢の意味

2019年10月08日 23:59

夢を見た。

夢を見るのは珍しいことじゃあないが、
あまり見たことのないような夢だった。

その夢はオムニバスだった。

状況も登場人物たちも違ったが、
いずれも、ことごとくわたしが失敗する夢を続けて見た。

夢の中のわたしは、
こんな失敗をしたら生きてはいけない位に思い詰めていた。
悔やんでも悔やみきれないと思っている。
これが“夢であってほしい”と願っている。

だが、悔いてはいるが、反省はしていない。
そんな状況に陥ったことを恨んでいるのだ。


以前見た夢では決して犯してはいけない罪を犯したが、
ゆうべ見た夢に犯罪性はなかった。

それでも、人生が終わったと思うほど苛まれている。

罪には、法律的な罪と倫理上の罪があるが、
法律的な罪には倫理的な罪も含まれるから裁かれるのであって、
法律上の罪を償ったからといって、倫理上赦されたとは言えない。

この夢が醒めて判ったのは、
人は罪を犯したときに罪を犯したこと犯した状況を悔いるが、
反省はしないものかもしれないということだった。  

それにしても、なんであんな夢を見たのだろう?


今朝、弁護士から連絡があって、
夢ではなく現実に罪を犯した友人に面会しに行ってきた。
あの夢はなにかの・・・





最新記事