FC2ブログ

LED照明

2019年12月12日 16:19

LED

Light Emitting Diode、日本語でいうところの発光ダイオード、平たく言えばLED。

このLEDは、赤崎勇さん、天野浩さん、中村修二さんらによって発明され、
彼らはそれらの功績が認められて、ノーベル賞を受賞しました。

このLEDを用いた照明は、
消費電力が低く抑えられて長持ちするといった特徴があるというので、
我が家でも数年前に照明の電球をほとんどLEDに替えました。

そのLED電球の中で、或る大きさの調光機能を持った電球のほとんどが、
A社製の電球でしたが、10月に二つ続けて電球部分だけが落ちました。
割れはしませんでしたが、孫が寝ている傍に落ちていたので驚きました。

そこで、
購入した量販店に行き、事情を説明して同様の事例がないか調べてもらったところ、
同様の事例には心当たりがないが、A社はLED電球から撤退したので現在生産していない
という応えでした。そして、A社の窓口の電話番号を教えてくれました。

電話するにしても、現在点いている電球に更に不具合があってからと思っていたところ、
先日、三個目の電球が落ちました。

そこでA社窓口に電話すると、現場を見た上で電球を買い取らせてもらいたいとの応え。
日時を指定して、A社の担当者が来宅することになりました。

来宅までに我が家に着いているA社のLED電球を取り外しておこうと電球を緩めたら、
更にまた一つ落ちました。これで我が家に着いていたA社LED電球8個の内4個が落ちました。

来宅した担当者が言うには、或るロットに不具合が見つかっていて、同様の事例がある
ということでした。そこで電球が落ちていてもいなくても1個千円で買い取らせてもらいたい
とのことでしたので、計8個を渡しました。

そしてきょう、量販店に行って同様の調光機能が付いているLDE電球を買おうとすると、
調光機能が付いている電球で1個千円で売っているものはありませんでした。
調光機能が付いていなくても、ほとんどが1個2~3千円の物ばかりです。

結局、1個3.5千円する球を買ってきました。

A社は撤退してしまったLED照明ですが、
熱で電球を取り付けていた糊が溶けて剝がれるという作り方がお粗末だったことと、
補償の仕方もお粗末だったことを、わたしは忘れません。


スポンサーサイト



63歳

2019年12月10日 23:59

満63歳の誕生日です。

年寄りというほどでもなく、若いとは言えない中途半端な齢でありますし、
わざわざ祝っていただくほどの人物でもありません。

Facebookのお節介で、“お友達”からお祝いメッセージが届くだろうと踏んで、
昨日、「お気遣いなく」というメッセージを載せておいたのですが、
やはり多くの“お友達”がお祝いしてくださいました。

先日、木内みどりさんが急逝され、中村哲医師が銃撃によって憤死されました。
また4日前には、半年の闘病の末に後輩が58歳で亡くなりました。

命は限りがあるものですし、死は平等にやってきます。
問題は、どう生きたか、どう死ぬか、どれだけ生きたかでしょう。

既に感謝をする父母も亡く、祖父母もいません。掌を合わせるだけです。


しかし、かみさんが食事をご馳走してくれました。
それから、孫がきょうで15ヵ月目の月誕生日を迎えました。

孫や孫娘が大人になって語り合えるようになるのを楽しみに、生きていきます。



照一隅

2019年12月08日 23:59

きょうは、
座・高円寺劇団燐光群公演「憲法くん」を観た。

きょうが千穐楽だったが、どうにか間に合った。


ところで、
アフガニスタンで尽力し貢献しながら銃撃され亡くなった中村哲医師のご遺体が日本に到着した。

アフガニスタンのカブールの空港ではアフガニスタン政府主催で中村医師を見送る式典が開かれ、
ガニ大統領が中村医師の活動に謝意を表明し、奥様とお嬢さんに直接深い哀悼の意を伝えた。

成田空港に総理がご遺体とご遺族を出迎え政府主催の式典を行ってもよいくらいのことだが、
中村医師は現・総理に出迎えられても喜ばないだろう。


さて、「百の診療所よりも一本の用水路」を合言葉に活動をつづけた中村医師が、
日本国憲法第九条の意義を語った佐高信氏との対談がある。

対談で、
中村医師は「国際貢献」という言葉が嫌いだと告白している。
強いて言うなら自分たちがやっているのは「地域協力」だという。
そこには平和憲法を改変しようとしている国家への不信感がある。

テロ対策特別措置法が国会で審議されていた時、参考人として招かれた中村医師は、
「現地の対日感情は非常にいいのに、自衛隊が派遣されると、これまで築いた信頼関係が崩れる」
と強調し「自衛隊派遣は有害無益で飢餓状態の解消こそが最大の課題だ」と訴たところ、
議場を騒然とさせた。

紛争地では、
平和憲法の下でこそ「どんな山奥に行っても、日本人であることは一つの安全保障であった」と言う。
「地域協力」をしている中村医師が、平和憲法こそが大事と強調するのは説得力がある。

中村哲医師のこの言葉は忘れないようにしよう。
「あれだけの犠牲を払った上でつくられたものだから、一つの成果じゃないかと思います。それを守らずして、国を守るもないですよね。だから、それこそ憲法というのは国の掟、法の親玉みたいなもんじゃないですか。憲法をあやふやにして国家をどうのこうのというのはおかしい。それで靖国の英霊がどうのこうのというのは、結局彼らをテロリストにしちゃうんですよね。日本国憲法というのは、本当は戦争の犠牲の上にできたものですよ。それを改憲を言う人はコケにしたんだ。道徳的な心棒もそれでなくなっていく。非常に悪いですよね」


中村哲氏は医師だ。

医師として多くの臨終にも立ち会ってきただろう。
人間の肉体がその命を終える瞬間を何度も看ただろう。
その死の瞬間が自身に迫ったとき、中村医師にはそれが判ったはずだ。
そのとき、彼はなにを想っただろう。

死は平等に誰の身にもやってくる。

これから、12月6日に58歳で急逝した後輩の通夜に行ってくる。



神も仏もいないのか!

2019年12月06日 12:00

神も仏もいないのか!

つくづくそう思う。

パキスタンアフガニスタンで医療活動と灌漑事業を行っていた
ペシャワール会中村哲医師が、何者かに銃撃されて亡くなった。

パキスタンやアフガニスタンにとっても、
日本にとっても世界にとっても、計り知れない損失だ。

亡くなってはいけない人だった。
ましてや、間違っても殺されることがあってはならない人だった。

一方で、
2012年、大阪・ミナミの繁華街で通行人の男女2人を無差別に刺殺したとして、
殺人などの罪に問われた被告(44)の上告審判決が12月2日に最高裁であった。

裁判長は、覚醒剤中毒の後遺症による幻聴が犯行の一因だとして、
裁判員裁判の死刑判決を破棄し、無期懲役とした2審判決が確定した。

また、
2015年、埼玉県熊谷で小学生2人を含む6人を殺害した強盗殺人の罪に問われた
被告(34)の控訴審判決公判が、昨日12月5日に東京高裁であった。

裁判長は、さいたま地裁の第1審裁判員裁判の死刑判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。


モチロン、中村医師の殺害事件と減刑された無期懲役判決とは無関係だ。
命に優先順位はないのかもしれない。

だが、
SNS上でも中村医師の殺害事件に関して「許せない!」という意見を多く目にする。
吉永小百合さんですら「許せない」と発表されたようだ。

また、
裁判員裁判で死刑判決が出ているのに、上級審で無期懲役にひっくり返される。
これでは、裁判員裁判の意味はどう考えたらよいのか?

人が人の命を奪うことの非は“死刑”についても言えるという意見があるが、
わたしは1人でも人を殺したら死刑に値すると思っている死刑賛成論者だ。

だが・・・、
もしかしたら、中村医師は「私を殺した人たちを恨まないでやってくれ」
そうおっしゃるかもしれない。

合掌

蜘蛛の糸

2019年12月05日 11:58

ある日お釈迦様は極楽の蓮池の淵を独りでぶらぶら歩いていらっしゃいました。
やがてお釈迦様は、その淵から蓮池の下を覗くと地獄の様子が見えました。
すると地獄の底に「かんだた」と云う男がほかの罪人と一しょにうごめいていました。
「かんだた」は、人を殺したり家に火をつけたり、いろいろ悪事を働いた大泥坊でした。
それでもたった一つ、林の中で小さな蜘蛛を踏み殺さず見逃してやったことがありました。

そこで、
お釈迦様は「かんだた」を地獄から救い出してやろうとお考えになりました。
側を見ると蓮の葉の上に、極楽の蜘蛛が一匹美しい銀色の糸をかけて居ります。
お釈迦様はその蜘蛛の糸を地獄の底へまっすぐにおろしてゆきました。

地獄の血の池では、「かんだた」が他の罪人たちといっしょにもがいていましたが、
暗い闇のなかを天上から銀色の蜘蛛の糸が一本垂れてきました。
「かんだた」は、早速その蜘蛛の糸を両手でしっかりと掴みました。
掴みながら、一生懸命に上へ上へと糸をたぐってのぼり始めました。

「かんだた」が、途中で疲れたので糸に掴まって一休みしながら下を見ると、
罪人たちが蜘蛛の糸をのぼってくるのが見えました。
「かんだた」は大きな声を出して「この蜘蛛の糸はオレのものだ下りろ下りろ」とわめきました。
その途端、「かんだた」の手元で蜘蛛の糸が急にプツリと音を立てて切れてしまいました。
そして、「かんだた」は他の罪人たちとともに地獄の池に堕ちてゆきました。

お釈迦様は極楽の蓮池の淵からこの一部始終しじゅうをごらんになっていましたが、
悲しそうなお顔をしながら、またぶらぶら歩きはじめたのでした。

しかし極楽の蓮池の蓮は相変わらずよい香りを漂わせています。
極楽はお昼時になっていました。


芥川龍之介の小説「蜘蛛の糸」は、こんなお話でした。

この小説は、
1918年に童話雑誌「赤い鳥」に発表された芥川龍之介の処女児童文学作品だそうですが、
1918年(大正7年)といえば、先日亡くなった中曽根康弘氏や田中角栄氏が生まれた年です。

「蜘蛛の糸」は、児童文学ではありますが、いろいろな示唆に富んだ作品です。

蜘蛛の糸は何故切れたのでしょうか?

わたしは、
意識していなかったとは思いますが「かんだた」自身が切ってしまったのだと思います。






最新記事