百貨店という恐竜

2017年07月20日 18:30

オリジナルの贈答品を作り、名簿を渡して発送してもらいたいと思って、
先日、或るデパートの担当者を呼んで相談しました。

しかし、
他の既成商品を薦められるわ、オリジナル商品を入れる箱がないと言われるわ、
対応がむずかしいわで、自分でメーカーを探し、作って発送してもらうことにしました。

オリジナルといっても、巷にはいくらでもあるような品物です。
デパートだと、なぜ対応できないのでしょう?


そもそも、
デパートは、百貨店と言っていた時代がありました。

“ゆりかご”から“墓場”まで、なんでも売っている“百貨”の店、
それが“百貨店”、そう謂われたことがありました。

日本では1904年に三越呉服店(越後屋)が、
デパートメントストア宣言をしたのがデパートの始まりだと謂われています。

以来、
百貨店は、それぞれの時代の消費をリードしてきました。
日本では、高度経済成長を経て人々の生活が豊かになる一方で、
華やかなファッション、高級商品、素材の優れた物、趣味の良い物など、
人々の消費意欲をそそる商品が次々に並び、消費されたのでした。

しかし、いまでは、
大手量販店やディスカウントショップやインターネットの無店舗販売など
様々な流通形態が登場する中で、百貨店業界も生き残りを懸けています。


そんな時代に、
“オリジナル商品を作って発送することくらい”
の事に対応できなくて生き残れるでしょうか?

生き残れるとしたら、差別化を図るということでしょう。

買い物を演出する。ライフスタイルを提案する。
豊富な品揃えと、多様な商品を提供する。
様々なニーズに対応できる仕組みづくりをする。
いろいろあります。

デパートは、
店舗もシステムも巨大になりすぎたのでしょうか?
それでは、大きくなりすぎて絶滅した恐竜のようなものです。

三越の前身である越後屋は、掛け売りが当たり前であった時代に
“現金掛け値なし”という画期的な販売方法を考案し、現金商売を始めました。

いまのデパートも、その当時の小売店の発想に立ち返ったらどうでしょうか。


スポンサーサイト

夜の熱中症対策

2017年07月14日 17:56

西日

ワイドショーの受け売りですが、
就寝時の熱中症対策として、冷房や扇風機の活用が大事だそうです。

熱中症は、室温28℃以上がレッドラインなのだそうです。

ですから就寝中は、
“冷房を止めたりタイマーを使用することは危険”なのだそうです。

そこで、
冷房をつけたまま寝る方法をレクチャーしてもらいました。


まず、
冷房の温度設定は、25℃~27℃で適温と感じる温度にします。
冷房の風を身体に直接当てないようにします。
その意味で、扇風機の風はエアコンの吹き出し口に向けて、
風を拡散させるといいようです。

お腹から下に掛け布団を掛け、靴下は履かないほうがよいそうです。
掛け布団から腕は出していたほうがいいそうです。

コップ1杯の水分を補給してから寝ると喉が痛くなりにくいのだそうです。

この情報のポイントは、
就寝中に“冷房が止まるのは危険”だということです。


日中に太陽によって暖められた建物の壁は、
室内の冷房によって、内側から熱伝導を止めているワケですが、
室内で冷房を止めてしまうと、壁に蓄積されていた放射熱によって、
室内の温度が上昇し、眠っている間の熱中症リスクが高まるのです。

また、
エアコンをこまめににつけたり消したりするよりも、
一定温度をキープしてつけておく方が経済的だという研究もあるようです。


気骨の人

2017年07月13日 23:59

先日亡くなったむぅむぅ(義父)の遺品を整理していたら、
Tさんから頂戴した年賀状が、大事に仕舞われていました。

Tさんというのは、
わたしより4歳年上で、元文部省・文化庁の官僚にして、
映画評論家、落語評論家という異色の肩書きを持つ人ですが、
官僚時代にはゆとり教育政策の“顔”を担ったことで有名です。

それ故に批判され、
学力低下の権化の如く批難されているTさんなのでありますが、
未だに自説を曲げていない信念の人なのであります。


そのTさんと、
生前、大変親しくお付き合いさせていただいていたむぅむぅですが、
文芸坐がクローズしてから、いろいろと相談に乗って頂いていた
時期がありました。

そこで、
Facebookのメッセンジャーを使って、生前の御礼を伝えるとともに、
“友達申請”をさせていただきましたところ、快くご承認いただきました。

そして、文芸坐は、
「私たち日本映画ファンの本拠地でした」と言ってくださいました。

現在進行中の、
学校法人問題のコメントや解説に興味を持ちながら、
気骨ある元・官僚Tさんの活躍に期待する、わたしたち家族なのでした。



ウンザリ

2017年07月12日 19:28

このところ、
或る夫婦喧嘩を、繰り返しワイドショーが放送しています。

夫婦は、ともに芸能人です。

ですから、知名度はあるワケですが、
所詮、夫婦間の、よくある出来事といえるでしょう。

しかし、
その喧嘩の仕方が、いささか常軌を逸しています。

妻が夫をSNSや動画サイトを使って誹謗中傷し、
夫は沈黙をつづけています。

離婚に向けて、調停を起こそうとしているようです。


みなさんは、この夫婦喧嘩や離婚調停にご興味ありますか?
わたしは、興味がありませんし、テレビで見たくありません。

「このハゲー!」とか、「違うだろー!」とか、「こんな人たちに・・・」とか、
見たくも聞きたくもないものを、テレビで繰り返し見せられ・聞かされて、
ウンザリして食傷気味であります。

違うだろー!

2017年07月10日 17:19

車の運転中でした。

閉会中審査の様子が車中テレビから聴こえてきました。


質問に立った、与党議員が冒頭にこう言いました。

「言った、言わないとか、まぁその手の話が多いワケで、
実は国民が知りたいのは、この政策が本当に正しかったのか、どうなのか、
国民の為になるのか、ならないのか、そこら辺りの議論をこれから残された間に
是非させていただきたいと、思います」

「違うだろーーーー!!!」

某議員のように、叫んでしまいました。


そうじゃないんですよ!

言ったのか、言わなかったのか、忖度したのか、しなかったのかですよ、
国民が、まず知りたいことは。






最新記事