9年

2018年02月18日 12:18

9年目のブログ


きょうは2月18日ですが、なんの記念日かご存知でしょうか?

明日19日は、雪が溶け始める二十四節気の“雨水”ですが、
記念日ではありません。

きょうは、
わたしが、9年前唐突にブログを書き始めたという記念日です。


このブログは、
特筆すべき特徴がありませんが、あえて特徴を挙げるとすると、
この9年間毎日記してきたことでしょうか。

きょうのこのブログ記事で、3,288回目になります。

ところで、2009年の2月18日からきょう2月18日までの9年間には、
実にさまざまなことがありました。

多くの人たちとの出逢いもありましたが、
大切な人との別れも数多くありました。

未曾有の災害もありましたし、
この国が無くなってしまうかもしれなかった事態にも遭いました。
9年前には想像だにしていなかった事でした。

この先だって、なにが起こるか判りません。

しかし、
このブログを始めたキッカケは、次男が薦めてくれたからですが、
9年前の今頃、アメリカで事業を始めたばかりだった次男でしたが、
今月、3店舗目となる飲食店を新規オープンさせるようです。

これからだって、新たな出逢いがあることでしょう。


きょうで9年、まだ人生の通過点です。




スポンサーサイト

レジェンドのつづき

2018年02月17日 14:34

金メダル

やっぱり、

きょうも・・・、この人でしょう。


そして、

この人も、・・・でしょう。




カムバック

2018年02月16日 16:51

羽生弓弦

きょうは、この人でしょう。

世界中のフィギュアスケートファンが驚嘆し、
日本中の女性たちが叫び泣いた一日になったことでしょう。

日本中の
爺さん婆さんの背筋も、ピンと真っすぐになったと思いますヨ。



苗字の日

2018年02月13日 20:01

苗字

今朝の情報番組で、「きょうは“苗字の日”」だと言っていました。

明治政府が1875年(明治8年)2月13日に、
平民苗字必称義務令」を出したことに由来するのだそうです。

ところが調べてみると、「苗字(名字)の日」は年に2回あります。

9月19日も「苗字の日」ですが、
これは1870年(明治3年)9月19日に出された「平民名字許可令」に由来します。

この法令によって、
貴族や武士だけではなく平民も苗字を名乗ることが“許可”されました。

しかし、いくら“許可”されても、
当時の人々にとっては、苗字を名乗らなくても不便はなかったのでしょう。
苗字は普及しなかったようです。

そこで、国民の戸籍を整備して日本の近代化を目指す明治政府は、
1875年(明治8年)2月13日に「平民苗字必称義務令」を出したのでした。
苗字を“義務”としてすべての国民に強制的に名乗らせたのでした。

これが、2月13日の「苗字の日」の由来です。

因みに、「三浦」という苗字は、全国第48位で297,000人いるそうですが、
北海道と東北と、大分に多いようです。


真っ赤なコート

2018年02月11日 12:36

オムライス

歌舞伎座の昼公演に出演中の息子は、出掛ける前にオムライスを食べました。

その息子は、
オムライスに添えたケチャップの色よりも鮮やかな真っ赤なコートを着てゆきました。
なんでも、“各店舗在庫切れ”というキャッチに心動かされ衝動買いしたらしいのです。

それにしても、
12月ならサンタクロースに間違えられるであろうような真っ赤なコートなのでありますが、
広島球場で着るならまだしも、あれを着て無事に歌舞伎座に到着できたでしょうか?

もっとも、今月の歌舞伎座の昼の部で息子が演じておりますのは腹出しの赤っ面ですが。




最新記事