FC2ブログ

金魚の弔い

2018年09月16日 13:10

朝起きて、
洗面をして、神棚と仏壇に手を合わせ、水槽の金魚にエサをやり、
洗濯機を回し、サプリメントを飲み、珈琲を淹れ、いつものテレビを観る。

わたしの、毎日のルーティンワークです。

しかし、
今朝は、水槽の金魚にエサをやろうと思ったところで違ってしまいました。

丹頂という金魚が亡くなっていたのです。

数日前に、
少し元気がないように見えたので、薬を投入して様子を看ていたのですが、
この2・3日は元気を取り戻したようでした。

先日、いつも通り水槽の水もフィルターも取り替えたばかりでした。

・・・。

丹頂
<写真:2016年5月>

3年前の2015年10月、
御会式のときに、鬼子母神境内の露店で買った金魚でした。

和金5匹と丹頂が1匹。

和金が成長して水槽が窮屈になると、和金2匹は庭の池に放し、
アクアリウムで和金3匹と丹頂を飼っていました。

丹頂は、性格がおとなしい金魚でした。
和金と争うこともなく、仲良く共存していました。

金魚は、
和金でも丹頂でも環境を整えて飼育すれば10年以上生きます。

多分買った時点で、
その年の春に生まれた当歳の金魚だったでしょうから、ことし3歳。
平均寿命は3~4年といいますが、早すぎます。

きょう、
“平成の歌姫”と呼ばれるアーティストの一人が引退するのだそうですが、
何事も終わる日はくるものです。

金魚の弔い

弔って、庭に埋葬しました。

和金3匹

庭の池に放した和金2匹との別離もありましたが、
初めての仲間との死別に、遺された3匹はなにを想うのでしょうか?

スポンサーサイト

曾孫の顔

2018年09月09日 13:32

命日に墓参り

自分でも、墓の写真が多いと思います。

ここ数年、
介護や看護、訃報、葬儀、偲ぶ会、法事の話題が増えました。

ことしは、
「おまえ、葬式っていうといつもいるなぁ・・・」と云った先輩の二十七回忌でした。

この先、墓の写真はもっと増えるのでしょう。


さて、きょうは義母の命日です。

義母

亡くなったのは、
平成9年9月9日ですから覚えやすいのです。
ことしで早21年経ちました。

曾孫の顔も見られずに亡くなりました。

でも、
曾孫たちのことを護ってくれていると信じています。


WeToo

2018年09月07日 11:34

「ご心配かけました。無事です!」

昨日このブログに書いた帯広の友人から、
ブログのコメント欄に投稿がありました。

通電したのでパソコンを開いたのか、携帯でブログを読んだのか判りませんが、
いずれ無事ならブログを読んでくれるだろうと思っていました。

コメント欄にも記されていますが、ここにご披露します。

ココ帯広は震度4で、被害はほとんど無かったのですが、
ご存知のように全道全域の停電となり、不安と不便な時を過ごしました。
我が家は市の中心部で近くに総合病院があるため、復旧の優先順位が高く、
昨夜の10時過ぎには電気がきてくれました。
しかしまだ一部地域のみで、学校や、私、娘の職場、交通機関、各商店など
今日ものきなみ休業です。
これから親戚や友人などが、充電やシャワーを使いにやってくる予定。
(まだ復旧の目処がたたないので)

ひとつだけ嬉しかったのは、漆黒の空に息をのむほど美しい星空が見れたこと。
まぁ 今回限りで結構ですが・・・

教訓!「明日は我が身」と「備えあれば憂いなし」



兎に角、無事でなによりでした。

それにしても、
亡くなられた方々もいらっしゃるようですし、状況が判明するにつれて甚大な被害です。
北海道の大地を揺らすのも美しい星空も、自然の営みだ天の配剤なのだと云って、
達観することなんてできませんよね。

教訓! MeToo



北海道の地震

2018年09月06日 10:41

このブログを始めて来年の2月で10年経ちます。

毎日拙文を重ねていますが、
そのブログをほぼ毎日読んでくれている友人がいます。
ブログのアクセス解析機能を使うとそのことが判ります。

その友人は帯広で暮らしています。

早朝から地震の報道を見て友人の状況を心配しているのですが、
電話もメールも自粛しています。

9月3日が共通の友人の命日だったので、
一昨日の午前中に2時間程携帯電話で話したばかりでした・・・。


折しもそんな状況のなか、
早朝にロサンゼルスで暮らす息子夫婦からLINEが届きました。

「次の土曜日に入院して日曜日に出産する」というのでした。
計画分娩のつもりだったのですが、予定を早めるというのです。

そうすると、出産に立ち合うつもりだったカミさんの予定と合いません。
息子夫婦だけでガンバルことになりました。


帯広の友人はFacebookもLINEもやっていないと云っていましたから、
こうしてブログを書いています。

まだ被害状況が判然としない今回の地震ですが、
被害ができるだけ少ないことを祈ることしかできません。

友人にしても嫁と生まれてくる子と息子のことにしても、
遠くから祈ることしかできませんので、隔靴搔痒です。

M! 大丈夫か? 元気でいるかい?


あっ!  ・・・北海道は停電してんのか。

台風21号

2018年09月04日 23:59

東経180度から西の太平洋および南シナ海に存在する、最大風速が約17m/s以上に発達した低気圧を、
日本では「台風」と呼ぶのだそうです。

最大風速の基準は違いますが、
180度から東の北太平洋東部、北大西洋、カリブ海、メキシコ湾にあるものを「ハリケーン」と呼びます。

北太平洋では、「タイフーン」
ベンガル湾、北インド洋に存在する熱帯低気圧は「サイクロン」といいます。

熱帯低気圧が存在する地域によって、呼ばれ方が違うわけです。


台風は、毎年発生する順番に1号・2号と呼称しますが、
ハリケーンは、人と同じような名前をつけて呼んでいます。
以前は、女性名がついていましたが、男女同権?だとかで、いまでは男性名もつけるようになったのだとか。

1号・2号と呼んでいても、鉄人28号というロボットもいましたし、
台風を擬人化するのは、人間が自然を科学的に捉えられず、台風を畏れている現れなのかもしれません。

しかし、
その自然を畏れる感情こそ大事だと思います。

いま起こっている自然災害が、人の営みと関係なく起こる自然の摂理なのだとしても、
人間も人間の社会も、鳥や昆虫や魚介や動物の生態系と同じく地球の自然のなかに存在している以上、
その一部であることは否めません。

どこからどこまでは神の領域で、どこからどこまでが人間の仕業なのかは判りませんが、
全国各地に多くの被害を与え猛威を奮った台風21号の“意図”は、なんなのでしょうか?





最新記事