FC2ブログ

「角筈にて」にて

2019年12月07日 23:59

きょう、
浅田次郎の短編小説「角筈にて」を、
若い友人である佐野圭亮君が朗読するというので聴きに行ってきた。

「角筈」は、「つのはず」と読む。

角筈は、新宿区に在った旧・地名だ。
新宿駅の東口一帯、西口一帯、現在の歌舞伎町辺りだ。

主人公の恭一は8歳のときに角筈で父に生き別れ、
伯父の家で育てられたが、伯父は父親が迎えにくるかもしれないと、
恭一を養子にはしなかった。

伯父の家には、伯母と主人公より少し年上の保夫と年下の久美子がいた。
恭一は大人になって、東大に入学して一流企業に就職して久美子と結婚した。

だが、恭一は上司が会社の派閥抗争に破れ退陣を余儀なくされたのに伴って、
ブラジルへの左遷が決まってしまった。

そのささやかな送別会の夜、恭一は父と別れた角筈の街で父の姿を見かける。


この小説を読んだのは15年ほど前のことだっただろうか。
文庫「鉄道員(ぽっぽや)」の中に収録されていた短編の一つだったと思う。

わたしがこの小説に引き込まれた理由は、
親戚の8歳の子を引き取って、我が子のように育てた伯父夫婦の存在だった。

親戚の子とはいえ、
他人の子を引き取って育てることの大変さと、その子を敢て養子にしない選択。

親子であれ兄妹であれ他人であれ、
此の世で人と人が出逢うことの意味を考えさせてくれる一篇であった。


きょうは、終演後に目白のイタリアンで佐野圭亮君との出逢いを楽しんだ。




スポンサーサイト



蟲のこゑ

2019年09月07日 19:07

文部省唱歌「蟲のこゑ(虫のこえ)」

あれ松蟲が鳴いてゐる。
 ちんちろちんちろ ちんちろりん。
あれ鈴蟲も鳴き出した。
 りんりんりんりん りいんりん。
あきの夜長を鳴き通す
 あゝおもしろい蟲のこゑ。

きりきりきりきり きりぎりす。
 がちやがちやがちやがちや くつわ蟲。
あとから馬おひおひついて
 ちよんちよんちよんちよん すいっちょん。
秋の夜長を鳴き通す
 あゝおもしろい蟲のこゑ。

これは秋の虫のことを唄った歌ですが、
東京でも、この時季になると虫の音が聴こえてきます。

スズムシマツムシクツワムシ
キリギリスというのはコオロギのことです。
スイッチョと鳴くのはウマオイのことですが、
これ以外にもカンタンの鳴くこえが聴こえることもあります。

ことほど左様に、
我々は「虫のこえ」とか「虫の音(ね)」と表現をしますが、
これらは、物理的には虫が翅( はね)を摺り合わして鳴らす音(おと)であって、
鳴いているワケではありませんよね。

しかし、唱歌「蟲のこゑ」に唄われるように、
「ちんちろりん」とか、「りいんりん」などというオノマトペで表されますが、
擬音語」ではなく、「擬声語」として分類されます。

我々にとっては、虫の音は「むしのね」「虫の鳴き声」であって「おと」ではありません。
その我々とは誰か?それは、日本人及び日本語を使う人たちのことです。

海外のほとんどの国の人々には、虫の鳴き声は聞えないのだそうです。
聞えても、それは雑音として聞かれているということです。

日本人の脳及び日本語の脳では、
言語も喜怒哀楽を表す声も、虫の音(ね)や動物の鳴き声も、波の音や川の流れる音、
風の音や雨音も「左脳」で聴いているのだそうですから、それらの「こえ」や「ね」からも、
何らかのメッセージを受け取ることができるのでしょう。

案外、
ノンバーバルな気持ちを「忖度」、「斟酌」できることと、関係があるのかもしれませんよね。


読み語り響の会

2019年06月28日 23:59

響の会

響の会チラシ

後輩の佐野圭亮君が出演する「読み語り 響の会」の公演を観に、
中野駅からほど近いところに在る「ポケットスクエア」の劇場の一つ、
テアトルBONBON」に行ってきました。

例によって観劇の感想は書きませんが、きょうは、劇場のことを少々。


中野の「ポケットスクエア(劇場街)」は、「テアトルBONBON」以外にも、
ザ・ポケット」、「劇場MOMO」、「劇場HOPE」という劇場が在ります。

ポケットスクエア」の運営は不動産を所有管理をする会社だそうですが、
演劇好きの経営者ご夫婦の演劇と劇場に対する夢から実現したのだそうです。

下北沢という街もそうですが、演劇と劇場による街づくりの成功例はあります。
池袋を演劇の街にしようと、むぅむぅ(義父)が立ち上げた「池袋演劇祭」もそうです。
しかし、そんな例はそう多くはありません。

それは根気のいる仕事ですし、時間もかかりますし、なにより儲かりません。
余程、信念と情熱をもった演劇好きでなければ取り組まない仕事です。

おかげで、最近中野に芝居を観にゆく機会が増えました。

観劇した後で、中野界隈のお店で飲むのも魅力です。

おがわ恵子ライヴ

2019年06月22日 23:59

恵子のライヴ

きょうは、かみさんや友人と恵比寿の「アート・カフェ・フレンズ」の「おがわ恵子ライヴ」に行ってきた。

おがわ恵子は、元・ロス・インディオス&フローレスの二代目ボーカルだった。

その後、
歌舞伎俳優・中村歌六丈と結婚し梨園の女房になって、二人の男の子を生み育てた。

長男は、歌舞伎俳優・中村米吉として活躍するようになったし、
次男は、仕事をしながら音楽を創っている。

彼女は、梨園の女房になってしばらく音楽の世界から離れていたが、
10年前の2009年からソロライブを再開した。

「おがわ恵子ライヴ」は、基本的に年に4回、フォーシーズンズに開催されてきた。

ラテン、フォルクローレ、ジャズ、シャンソン、さだまさし・・・
なんでも歌える歌唱力も魅力だが、そこは元・女優。

気張らず気取らず肩に力を入れない軽妙なお喋りもオモシロイのであるが、
やはり、歌一曲・一曲に心動かしながら歌える“演技力”が、最大の腕(わざ)だろう。

おがわ恵子

タダならぬ夜

2019年03月23日 23:59

メロンパン店

メロンパン店の店長は、タダならぬシンガーソングライターです。
アコースティック・ギターを力づよく鳴らして男っぽい曲を歌います。

きょうは、
その店長が久しぶりにライヴを行うというので聴きに行ってきました。
タダならぬ店長の、タダならぬ夜のタダならぬライヴでした。

タダならぬライヴは、何曲もの熱唱を聴いてもチャージ1,500円。
タダならぬライヴは、タダみたいなもんです。

タダならぬ夜



最新記事