FC2ブログ

四谷三丁目

2019年11月18日 23:59

四谷と四ツ谷

日本橋を基点とした五街道は、
3代将軍徳川家光の時代である寛永元年(1636年)から始まり、
正保3年(1646年)にかけて東海道、日光街道、奥州街道が完成し、
5代将軍徳川綱吉の時代、元禄7年(1694)に中山道が完成し、
甲州街道は10代将軍徳川家治の明和9年(1772年)に完成したんだと。

その甲州街道
日本橋を出発して最初の宿場が、内藤新宿と呼ばれた四谷~新宿辺りだ。

きょうは、その四谷三丁目の気の置けない店で気の置けない友人と飲んだ。

ところで、
四谷三丁目で友人と待ち合わせをする間に考えた。

地下鉄丸の内線の「四谷三丁目」は「四谷」なのに、
丸の内線とJRの「四ツ谷」は、なんで「四ツ谷」と表記するのか?

調べてみたが、よく判らない。

この土地に「4軒の茶店」が在って「四つ家」が「四ツ谷」になったとか、
「四つの谷」が在ったのだとか、説もいろいろだが、
何故「ツ」が入ったり入らなかったりするのかは判らない。

さて、
「四谷三丁目」と言えば「錦松梅」本店が在る。

「錦松梅」と聞いても、ふりかけが食べたくなるワケじゃないが、
志ん朝が聴きたくなる。

錦松梅


スポンサーサイト



ことしは二の酉まで

2019年11月08日 22:56

花園神社

ことしの酉の市は二の酉まで。

一の酉は、11月7日(木)深夜0時から、8日(金)深夜0時まで。
二の酉は、11月19日(火)深夜0時から、20日(水)深夜0時まで。

ことしは、浅草の鷲神社ではなく、新宿の花園神社にお参りしました。


ことしは、熊手を買い求めるまでもなく、既にご利益がありました。





金木犀の想い出

2019年10月23日 13:00

金木犀

まだ、金木犀の香りが風に乗って漂っています。

その金木犀の香りで想い出すことがあります。

むかし、
息子が毎日自転車の後ろにまご娘を乗せて幼稚園に送っていた頃、
金木犀の樹の傍を通ってくれとまご娘にせがまれると云っていたことをです。

香りは想い出に直結します。

このように、
特定の香りと結びついている記憶や感情がよみがえることを、プルースト効果と言います。

人間にとって臭覚の記憶は強く脳内に残されるようです。

直近の具体的な記憶は海馬というところに蓄積されますが、
やがて2年ほど経つと抽象的な記憶となって大脳皮質に蓄積します。
そのとき、臭覚の記憶も大脳皮質にファイルされるのだそうです。

やがて時が経って、その香りを嗅ぐと、
その刺激によって、その香りと結びついた記憶が即座に引き出されるというワケです。

2年間以内の記憶ならば海馬から引き出される具体的な記憶でしょうし、
2年以上経つと、大脳皮質から引き出された抽象的な記憶としてでしょう。

ですから、
金木犀とまご娘の想い出は、大脳皮質の記憶から引き出されたものです。

息子も、先日金木犀の記事をブログに記していました。
まご娘も、いまごろ幼稚園のことを想い出しているでしょうか?


施工

2019年10月16日 17:56

施工

ことしの台風15号で吹き飛ばされ、台風19号の暴風には耐えられないと思って、
剥離したベランダのフェンスに裏打ちしてあったパネルの施工をしてもらった。

このパネルは、新しい素材で強度と防水効果が上がる。

保険申請したので、工事費用は少額の自己負担金だけで済む。

それにしも、
こんな大型台風が頻発するようになったら、保険会社は持たなくなるだろう。


秋桜

2019年09月27日 17:59

コスモス

秋の桜と書いてコスモス。
秋桜の花が咲く季節です。

わたしは、
四国・徳島県の山間の町で産まれましたが、
その町の花は「コスモス」、町の木は「みかん」でした。

この季節、
その町の河原の土手にはコスモスの花が群生しています。

故郷を想ってのことでしょう。
浜松の実家の周りにも父が植えた秋桜が群生していました。


ところで、
休耕田に観賞用にコスモスを植え観光地化するということが、一時流行りました。

減反政策で米を作らない農家が、
雑草や病害虫を抑えるためと、補助金を目当てにコスモスを植えたのです。

しかし、
その減反政策も、TPPに加盟したことと米の自由競争に打ち勝つためと、
強い米作り農家を増やすために去年度から廃止されました。

その結果、
農林水産省が去年まとめたところでは、45道府県の内、米を増産したのは、
北海道、青森、千葉など14道県で、最も積極的だったのが千葉県で8%増産。

その千葉県の米が、ことしは台風15号の被害に遭ってしまいました。

政府は強い米作りを奨励していますが、一方で補助金も支給しています。
例えば水田に麦や大豆を作る農家には10アールあたり3万5,000円、
せんべいなど菓子類に加工する米は10アールあたり2万円という具合です。

中でも多額なのが、
家畜などの飼料用の米で、最大で10万5,000円の補助金が支給されます。

こんな状態で、ホントに強い米作り農家が育つのでしょうか?
何年かしたら、また全国にコスモス畑が広がっているなんてことはないかしら?




最新記事