FC2ブログ

ブレーキ

2019年05月20日 12:05

献花台

先日も、馴染みの居酒屋で常連客の一人が、
「とんでもない!あんな奴極刑にしてやればいいんですよ」
そう発言したので、わたしがカウンターの隣の席から、
「わたしたちだって、いつどの立場になるか判らないよ」
そう申しましたら、「わたしは車の運転しませんから」と切り返されました。

確かに車の運転免許を持っていない人や運転しない人は、
加害者になることはないでしょう。

しかし、
貴方のお父上やお母上が事故を起こす。
貴方のお子さんやお孫さんが事故を起こす。
貴方の奥さまやご主人が事故を起こす可能性はありませんか?

被害者側、特に亡くなられた母子の立場、そのご家族の立場なら、
加害者が誰であれ、極刑を望みたくなるのも解からぬではありません。

しかし、
ご家族やご親族にとっては、それで母子が生き返るワケでもなく、
計画的な犯罪であったワケでもない過失の事故に対して、
その悲しみや怒りや恨みを向ける対象が87歳の老人であることが、
謂わば悲劇なのかもしれません。

ですから、
世間の人たちが87歳の加害者を血祭りに挙げたいというような発言をすることが、
被害者遺族にとって喜ばしいことなのか、冷静に考えてみる必要があると思います。


但し、あの東池袋の事故や大津の事故について、わたしの最大の疑問は、
運転中に右足はアクセルの上なのか、ブレーキの上だったのかという点です。

先日、一年振りに再会した友人はハワイ島に住んでいます。
彼女はハワイ島では運転しますが、オアフ島へ行ったら運転しないのだそうです。

それだけ車が多いし、信号も多いし、道が狭いからだそうです。

彼女がハワイ島で運転していると、右足はほとんどアクセルを踏んだままだそうですが、
オアフでは、アクセルとブレーキを交互に踏まなければならないから疲れるといいます。

確かに、オアフ島もそうですが、東京都内なら尚更であります。

わたしは、運転中の半分以上はブレーキの上に右足を置いています。
ある程度加速すれば車は走るワケですから、急に止まることができるように、
信号や交差点や路地が在る優先道路を通過するときは、足はブレーキの上です。

これは、意識的にやっているワケではなく無意識というか癖のようなものです。
ですから、事故を起こした加害者たちが何故ブレーキを踏めなかったのか疑問でした。

高校時代に運転免許を取った直後、或る大人が教えてくれました。
「車が何故走ることが出来るか解かるか?」

「・・・?」

「いざという時にブレーキがあるからだよ」


スポンサーサイト

赤羽公園マルシェ

2019年05月19日 18:00

マルシェ①

JR赤羽駅南改札口からほど近い場所に、赤羽公園は在ります。

赤羽公園は、
キリンの滑り台がある小さな公園と、噴水と時計台のある広場、
滑り台や砂場がある公園の3つの部分に分かれています。

昨日今日、噴水・時計台広場ではマルシェが開催されています。

マルシェ②

或る時は、メロンパン店のオーナー。
或る時は、マルシェの看板娘。
また或る時は、フラダンスの先生。
しかしてその実体は…

マルシェ③

マルシェ日和

2019年05月18日 19:07

南池袋公園マルシェ

去年の今頃再会した
ハワイに住んでいる友人が帰国中というので、
去年と同じ、南池袋公園で待ち合わせ。

「一年に一度逢えるというのも七夕みたいだね」と笑った。

彼女がラーメンが食べたいというので「大勝軒本店」へ。

大将の飯野さんに挨拶して「中華そば」を二つ注文すると、
テラスしか空いていなかったので道路に面したテラス席へ。

そこは、先日起きた“東池袋の事故現場”の目の前。
横断歩道や献花台が目の前に見える場所。

不謹慎ながら、中華そばを待ちながら見ていると、
献花台の前で手を合わせてゆく人が引きも切らない。

きょうは、
加害男性が退院して目白警察で取り調べを受けるというので、
テレビカメラを担いだカメラマンや記者たちが取材している。

但し、そのクルー達が乘ってきたワゴン車が交差点の手前で
ずっと停車していて一車線を塞いでいる。

車に運転手は乘ってはいるものの、あまり褒められたことではない。

不謹慎ながら、そんなことを観察しながら中華そばを食べて、
南池袋公園に戻ってお茶を飲みながら世間話に花を咲かせた。


きょうは、南池袋公園でマルシェ
我が店も、赤羽公園のマルシェに出店した。

マルシェ日和の一日になった。

マルシェ

献花台

2019年05月15日 17:14

現場

警察官が一人、交通整理をやっている。


供花はどれも新しかった。

いまでも、
花や飲み物やお菓子を手向ける人が絶えない。

小さな子供とお母さんが、しゃがんで手を合わせている。

中年男性がお菓子を手向け、合掌して立ち去った。

この献花台もいずれ無くなるだろう。

献花台が無くなっても、あの事故を忘れてはいけない。



テイカカズラ

2019年05月12日 23:59

テイカカズラ

我が家の周りは、
いまテイカカズラの香りで満ちております。

テイカカズラは「定家葛」と書きますが、
キョウチクトウ科テイカカズラ属の蔓性の常緑木です。

皇女・式子内親王を愛してしまった歌人・藤原定家が、
死後葛に生まれ変わり皇女の墓に絡みついたという伝説から、
その花木を「定家葛」と呼ぶようになったのだそうです。

ところが、
その式子内親王が恋していた相手は定家ではなく、
本当は法然上人だったという説もあるのだそうで、
そうなると、伝説や花の香りの印象も変わって感じます。

そういえば、
秋になって蔓を剪定すると切り口から白い樹液が出ます。
その樹液はベトベトしていて、肌に付くとかぶれます。
定家葛」には毒があるのです。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏・・・

定家カズラ



最新記事