FC2ブログ

暖冬

2020年01月20日 17:53

蝋梅

きょうは二十四節気の大寒です。

大寒は一年間で最も寒い日とされ、
大寒の朝の水は一年間腐らないと謂われています。

ところが、
東京は未だに最低気温0℃未満の冬日がありません。
つまり、今季はまだ冬が到来していないのであります。

散歩に出ると、雑司が谷霊園の蝋梅が咲いていました。
春の芳香が辺りに漂っていました。

今季は、冬が遅れているというよりは、来ないのかも?


スポンサーサイト



マジックミラー

2020年01月19日 21:25

寛のマジックミラー外

「雑司が谷 寛」の話題がつづきます。

きょうは、玄関の扉。

扉や障子や襖や窓で、
細工を施していないものはないのですが、
この玄関扉の特徴は指物細工だけではなくガラスです。

実はこの玄関扉のガラスはマジックミラーです。

マジックミラーとは、
刑事ドラマで取り調べを受ける被疑者や証言者などの様子を、
刑事が隣の部屋から覗いているという描写がありますが、
あの鏡(窓ガラス)のことです。

でも、
実際の警察の取調室にマジックミラーがあるかは分かりません。

例えば、
劇場の客席の後方にある母子室のガラスはマジックミラーです。

マジックミラーは、
ガラスに薄い反射膜を施した半透明のガラスのことですが、
大体は、反射膜として錫や銀がめっきされているようです。

透過する光が0%なら通常の鏡ですが、
50%なら明るい場所から暗い場所を見たら鏡になるのですが、
暗い場所から明るい外を見れば窓ガラスの機能があるわけです。

原稿を待っている各社の編集者たちがなにを話しているのか、
欄間にマイクを仕込んで聞いていたらしいというウワサがあった
祖父・三角寛が考えそうな玄関であります。 

寛のマジックミラー内


数寄屋門

2020年01月18日 12:15

雑司が谷寛の門

「雑司が谷 寛」の顔といえば、やはりこの門と塀。

この数寄屋造りの門と塀は出来ればこのまま残したいと思っていた。

ところが、
消防法によると、2メートルを超える建築物は防火の観点から不燃性の材質でなければならない。

また、まちづくり条例によると、扉の幅は1.2メートル以上なければならないとか、
出入り口はバリアフリーでなければならないのだそうだ。😨

アルミ製の数寄屋門?🤔


2020年01月11日 23:59

龍

「雑司が谷 寛」の片づけ作業がつづいています。

店にする前は自宅でしたから、
店にして引っ越したときに、粗方片づけたはずなのですが、
いまだに古い物が出てくるし、長年店で使った物も増えました。

古い物でも買ったときに高価だった物でも、
処分するとなると二束三文であります。

出来るだけ、再利用したいと思ってはいるのですが、
すべて再利用するなら家を“移築”するしかありません。

いまは、究極の断捨離であります。

さて、それでも必ず新しい店に飾ろうと思っている物に、
彫刻家の渡辺弘行さんが板戸に彫った二頭の龍があります。

これは、新しい「雑司が谷 寛」でも御覧いただけます。


お清め

2019年12月30日 15:51

神棚

大掃除をするのは、きょうが年内最後です。

大晦日に大掃除をして正月飾りをするのは、
一夜飾りといって避けなければなりません。

そこで、きょうは神棚と仏壇を清めました。

神棚のお札をはじめ、家中の御守やお札を外してまとめます。

それを明日、
それぞれのお宮に御礼参りに伺ってお返しし、新しいお札を授かってお祀りします。

家の内外の掃除は手抜きしました。
そして、きょうは忘年会。

仏壇



最新記事