夫婦どっちが先に逝くべきか

2017年07月16日 18:37

小室山

やすらぎの郷の住人である三人は、この山を背にして、よく釣りを楽しんでいます。
この山を、小学4年生だったわたしは見上げて暮らしていたことがあります。


ところで、先週の「やすらぎの郷」は、涙を誘いました。

主人公・菊村栄(石坂浩二)は、
やすらぎの郷に入居しているテレビ界を支えた裏方の一人、
元・美術職人の茅野やん(伊藤初雄)と50年ぶりの再会をします。

懐かしい時代の会話を交わした茅野やんですが、
共にテレビ創成期を過ごしたタイムキーパーのカメコ(長内美那子)と結婚。
夫婦揃ってやすらぎの郷に入居したのだそうですが、
カメコはがんを患い、余命数日の状態だというのです。

カメコの病室を訪ねた菊村は、かつて茅野やんの下で働いて修行した、
今は舞台美術の大御所として活躍する兄やん(村田雄浩)と再会します。
茅野やんの弟子たちが、むかし世話になったお礼にと、
カメコが大好きだった昔のドラマの美術を別室に再現しています。
カメコは朦朧とする意識の中で電飾の星空を眺めながら、
中島みゆきの「ファイト!」を小さな声で口ずさむのでした。

カメコの通夜が、やすらぎの郷のゲストハウスで営まれました。
棺は、茅野やんが育てた大道具製作のベテランたちによる手作り。
簡素ながらやさしさにあふれる裏方たちの弔いに、
菊村たち弔問客は胸を締め付けられるのでした。

最愛の妻を看取った茅野やんは、翌朝カメコの後を追うようにこの世を去ります。
葬儀はカメコとの合同葬となり、二人の魂はカメコが亡くなる直前まで口ずさんでいた、
中島みゆきの「ファイト!」の大合唱で見送られたのでした。

死んだ茅野やんが、菊村に生前こう云っていました。

ずっと考えてたんだよね。夫婦どっちが先に逝くべきかって・・・。

長いことオレずっとさ、絶対先に逝きたいと思ってたんだよね。だってそうでしょ?
かみさんに先に逝かれちまって、オレ独りこっちに遺されちまったらさ、
オレ淋しくてとても生きていく自信なんてないもん。

だけどさ、或る日突然考えが変わったのね。
オレが先に死んだら、あいつ独りでどうやって生きていくんだろうって・・・。
先に逝く方と遺される方、どっちが辛いだろうって想像するとさ、
遺される方が絶対辛いよね。 じゃオレ、辛い方を引き受けてやろうって、
あいつが死ぬとき手を握ってやって、辛いその後を引き受けてやろうって、
男の方が強いはずだしさ、そのくらい男が引き受けるべきだって・・・。

茅野やんの気持ちが痛いほど解ります。
むぅむぅ(義父)も、その辛さ引き受けたんですよね・・・。


さて、やすらぎの郷の住人たちが釣りを楽しんでしる海の景色は、
わたしが小学5年まで眺めていた風景です。

川奈の海

スポンサーサイト

「くりぃむクイズ ミラクル9」

2017年05月24日 23:59

くりぃむクイズ ミラクル9

そう云えば、クイズ好きだったような気がします。
歌舞伎俳優を生業としている長男のことです。

こどもの頃から、
クイズ番組を観ながら、一人で声を出して答えていました。

近頃は息子たちも居ない夫婦二人だけの夕食ですから、
クイズ番組を観て、かみさんと二人で答えながら晩酌するのも
楽しみになりました。


その長男ですが、
このところクイズ番組に出させていただく機会が増えました。
いつも、猿之助さんとごいっしょさせていただいています。

さて、
今夜、テレビ朝日「くりぃむクイズ ミラクル9」の放送がありました。

市川猿之助さんが、
市川猿三郎さんや息子を率いて歌舞伎俳優ナインを結成、
才色兼備の有田ナインに挑んだのであります。


息子は、
明後日26日に大阪松竹座の千穐楽を迎え、東京に帰って参ります。







平成教育委員会

2017年03月26日 18:58

平成教育委員会

本日、文芸坐三浦館はお休みしました。

今夜7時から、
フジテレビ「平成教育委員会」春の3時間スペシャルの放送がありますので、
むぅむぅ(義父)の体力を温存するためであります。

晩酌しながら観るには丁度いい時間ではありますが、
なんせ3時間の長丁場ですから、眠くならないかしら?

それでは、
歌舞伎チーム(市川猿之助中村壱太郎市川弘太郎)が相勤めますれば、
何卒ご声援賜りまするよう偏にお願い申し上げ奉りまする。

「平成教育委員会」

「笑点」

2016年05月24日 22:59

笑点」というテレビ番組は、放送51年目に入ったのだそうです。

5月22日の日曜日の「笑点」を観ました。
笑点」の大喜利の司会を長年務めていた桂歌丸さんが引退し、
大喜利の新司会者は、春風亭昇太さんが務めるのだそうです。


ところで、
笑点」で、大喜利を考案したのは立川談志さんだったですよね。

わたしにとって「笑点」の大喜利といえば、
司会者は立川談志さん、座布団運びは毒蝮三太夫さんですが、
長年「笑点」を観る機会がない状況で年月が流れてしまいまして、
気がつけば、世の中で「笑点」の大喜利の司会者と云えば、
三遊亭圓楽さんや桂歌丸さんのことを指すようになっていました。


立川談志は、
「たてかわ」談志と読みます。「たちかわ」談志じゃありません。

「談志が死んだ」上から読んでも下から読んでも「だんしがしんだ」


さて、
「落語とは、人間の業の肯定である」
これは、立川談志師匠が遺した言葉です。

落語界には、
面白い人、人気者、名人上手と謂われる人たちが綺羅星の如く存在します。

その人たちが、
人を笑わせ、楽しませるについては、厳しく苦しい修行時代を経ています。

所詮、人間とは愚かしく三毒煩悩にまみれた存在であります。
そんな人間の業というものを肯定しないと落語は成立しないのだと、
談志師匠はおっしゃったワケであります。

落語の修行で真に学ぶべきは、人間についてということでしょうか?


ところで、
笑点」で、新たに司会を務める春風亭昇太さんは、静岡生まれです。

昇太さんが清水の中学校に通っておられた時代、
その中学校の校長を、わたしの伯父が務めていました。


波瀾万丈

2016年01月21日 12:59

告知です。

明日1月22日金曜日 (19時56分~21時48分)に、
「中居正広の金曜日のスマたちへ」
というTBSの番組が放送されるそうです。

その番組のなかに、
金スマ波瀾万丈」というコーナーがあるのだそうです。

これは、
スペシャルゲストを招いて、
波瀾万丈な人生にスポットを当てるという企画だそうです。

今回の、波瀾万丈なスペシャルゲストは、小林幸子さん。

その再現ドラマの小林幸子役が、
我らが後輩で俳優座の女優、坪井木の実さん。

番組の司会は、SMAPの中居正広さん。

レギュラー出演者は、
かみさんの友人でもある大竹しのぶさんや、ベッキーさん。

そして、彼はわたしの学生時代の連れですが、
イリュージョニストにして、小林幸子さんの巨大衣裳装置のプランナーで、
数々のジャニーズ事務所公演のイリュージョンを担当したという経歴をもつ、
Duke松山こと松山秀生が出演します。


なかなかに、波瀾万丈な番組なのであります。


kinsma.jpg



最新記事