ことしのワンピース

2017年09月16日 22:00

2017年のワンピース

「ことしのワンピース」ったって、
今年流行る洋服の話じゃありません。
ことしも、「スーパー歌舞伎II ワンピース」が上演されます。

そして、昨日から、いよいよ稽古が始まりました。

むすこは、
広島カープ優勝に一喜一憂しながら稽古してます。


さて、
3億5000万部以上の累計発行部数を誇る、
国民的人気漫画 「ONE PIECE

その「ONE PIECE」の舞台化、それも歌舞伎化として、
四代目市川猿之助が挑んだ前代未聞のプロジェクトは、
2015年の10月11月の2カ月間新橋演舞場で上演されるや、
社会現象と呼べるほどの大きな話題を呼び起こしました。

その後、大阪・博多で新たな登場人物や新演出を加えて上演され、
バージョンアップされて、再び新橋演舞場という母港に帰ってきます。

既にご覧くださった方も、まだ観ぬ方も、どうかご期待ください。



スポンサーサイト

「売春捜査官」

2017年09月08日 23:59

「売春捜査官」

きょうは、久しぶりに芝居を観ました。

公演は、
「売春捜査官〜ギャランドゥ」と、「熱海殺人事件」の二本立てで、
相互公演ですが、夜の「売春捜査官〜ギャランドゥ」を観ました。

「売春捜査官〜ギャランドゥ」に、“長州”が出演しているからでした。

長州というのは、我が後輩でありますが、
むかしからわたしは、この男のことを “ 長州 ” と呼んでおります。
山口県下松市の出身だからであります。

本名は、須郷哲司。これも立派な名前なのでありますが、
芸名は、及川以造。現在では “ 及川いぞう ” と表記するようです。

わたしの後輩ですから、
と言っても、かなり年下の後輩というワケでもありません。

わたしと、ほとんど同世代であります。

その世代にして、あれほどの汗を流してくれるのは、見応え充分。

その汗は、
役者としてつかこうへいという劇作家へ捧げるオマージュでありましょう。

長州

「修禅寺物語」

2017年08月23日 21:33

修禅寺物語

再び、
歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第二部を観ました。

ところで、
修禅寺物語」に登場する“修禅寺”は、
伊豆の“修善寺”に在る曹洞宗の寺の名です。

修禅寺物語」は、
修禅寺が所蔵する真二つに割れた能面を題材にして
岡本綺堂が描いた面作師・夜叉王の物語でありますが、
本当の名作とはなにかという“名人譚”であります。

であるからは、
その芝居を演じる一人一人の役者の力量と、
その芸の質と人間が問われる芝居であるはずです。


「桜の森の満開の下」

2017年08月21日 23:59

歌舞伎座

当時15歳だった少女は、その日の未明空襲に遭った上野駅に、
家族と共に降り立ちました。

東京大空襲に遭った上野駅によく汽車が着けたものですが、
家族は、祖母の葬儀のために秋田に行って帰ってきたのでした。

祖母が亡くならなければ、家族も空襲に遭ったでしょうから、
家族は、祖母に助けられたようなものです。

その上野駅から浅草を通って隅田川を吾妻橋から本所へ渡り、
延々と家に向かって歩いたのだといいます。

汽車を降りてから歩いた東京の街は、あらゆる建物が焼けて、
街中に焼死体が累々と折り重なって倒れ、隅田川には、
水を求めて亡くなった人々が、筏のように浮いていたそうです。


さて、
歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」第3部を観ました。

第3部は、
坂口安吾 原作
野田秀樹 作・演出
野田版 「桜の森の満開の下(さくらのもりのまんかいのした)」


原作者の坂口安吾は、
戦争中であっても満開に咲いた上野の森の桜の花の散るなか、
累々と積み重ねられたご遺体が焼かれていく様子を、
桜の森の満開の下」の原風景としたと書いています。

東京大空襲に遭って重ねられて焼かれた人々と、
生き残って、戦後の東京の街を歩いた少女との間に、
どれほどの違いがあったでしょうか?


戦後72年、
そんな少女たちも、次第にいなくなっていく時代です。



「八月納涼歌舞伎」第二部

2017年08月18日 23:59

「八月納涼歌舞伎」

病院から、歌舞伎座。

『八月納涼歌舞伎』

第二部
「修禅寺物語」
「歌舞伎座捕物帖」








最新記事