FC2ブログ

二週間ばかり早く

2018年09月12日 13:30

じいさんばあさんの乾杯

ゆうべ、じいさんとばあさんは乾杯しました。


計画分娩で産むというので、
本来の出産予定日の一週間前に計画分娩するつもりでした。

それに合わせて、
分娩に立ち会うつもりでカミさんが渡米の予定を組みました。

しかし、
医師の出産期に入っても思ったほど成長が進んでいないという診断で、
分娩予定日の日程を更に一週間早めて、産んで育てる選択をしました。

そこで、昨日が計画分娩の日となったのです。

ところが、
渡米前に仕事を片付けるなどして慌ただしく過ごしていたカミさんでしたが、
渡米を前倒しすることはできません。

嫁は、初めての出産を、
不慣れな土地で、夫(息子)と二人で乗り越えることになってしまったワケです。

ですから、いろいろな意味で産まれるまでハラハラ・ヤキモキがつづきました。

ところが、
産んでみたら、体重2,530グラム、身長47.63センチだったのだそうです。

小さい子が生まれてくるのかと思っていましたから、
「小さく産んで大きく育てよう」などと云っていたのですが、予想外でした。

しかし、
嬉しい予想外でしたから、ひとまず安心しました。

ママのお腹のなかが居心地よかったのに、
世間にちょいとばかり早く出てきてしまった坊やです。

明日の今頃には、早退院だそうです。

帽子
スポンサーサイト

短絡と慎重のあいだ

2016年08月24日 23:59

きのうのブログにも書いたことですが、
きょうも、新人の若手俳優が犯した罪についての考察です。

どれだけ罪深い行ないか解らなかったのか。

犯行が露見することを想定しなかったのか。

どれだけの人に、どれだけの迷惑をかけることになるのか、
判らなかったのか。

母親や姉が、
どれだけダメージを負うことになるのか、判らなかったのか。

そして、
なによりも、だれよりも、被害に遭われた女性のことを、
なんだと思っていたのか。

本人は、「欲求を抑えきれなかった」と言っているそうですが、
まったく理解できないし、判断できない事件ですよね。


しかし、
これはなかなか指摘することが難しいとは思うのですが、
こういった善悪が解らない(判らない)人というものは、存在します。

そういった物事の判断力、人への理解力というものが、
欠落している人、或いは稀薄な人、或は判断力や理解力が狂う人、
それは存在していると思っています。

それを、
具体的に何らかの“障がい”、或いは“脳の特徴”、或いは“人格”と
結び付けてしまう危うさも感じますが、そういう人もいるということです。

だとすれば、その傾向か予兆などはあったハズですし、
周りが、それに気づくことも可能だったのではないでしょうか?

もしかしたら、
それに気づいていて、懸念していた人だっているかもしれません。

しかし、
彼や彼の家族が身を置く世界は、演劇や芸能の世界です。
そんな“変わり者”がたくさんいる世界です。

斯くいうわたしだって、相当な変わり者だという自覚があります。

そんな変わったところこそ、才能かもしれないと思われる世界です。
そんな変わったところこそ、伸ばしてみたいと思われる世界です。
そんな勘違いがあったとしても、不思議ではありません。

また、
その特性を活かして活躍している人も、たくさんいる世界でもあります。
しかし、越えてはいけない一線を越えたらタダの犯罪者でしかありません。

この事件の場合、
彼が何らかのカテゴリーだったとしても、罪を犯したことに変わりはなく、
その罪は償わなければならないでしょうし、責任は問われるべきでしょう。

あまりにも短絡的な犯罪であるからこそ、慎重に考えてみたいと思います。



こどもの日

2016年05月05日 23:59

こどもの日

きょうは、「こどもの日」であります。

しかし、

きょうは、「端午の節句」だという人もいます。

同じことだろうと思われる方もいらっしゃるでしょうが、厳密には違います。

「こどもの日」は、祝日法によって定義されている祝日で、その主旨は、
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことです。

「端午の節句」は、「“男の子”の健やかな成長を祈願する風習」です。


ということで、
きょうを、「こどもの日」として採り挙げることにいたします。

雑司が谷に住んでいる身としては、“子ども”とくれば鬼子母神さまでしょう。

鬼子母神さまは、
子どもと、子育てをする者たちを護ってくださる神さまであります。

そこで、鬼子母神堂にお詣りしながら、「こどもの日」の主旨に則り、
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」
そのことについて、より深く考えてみました。


クリスマス・コンサート

2015年12月26日 23:59

クリスマスコンサート

幼稚園は、水曜日だけ半ドンです。

 いまどき、
「半ドン」という云い方は、古いでしょうか?
半分、ドンタク(お休み)という意味ですが。

つまり、幼稚園は水曜日午前中で終わります。

まご娘は、
水曜日の午後、学童保育に行っています。

きょうは、
学童保育所の「クリスマス・ピアノ・コンサート」でした。

そもそも、学童保育は、
放課後に家庭に帰っても保護者不在の児童を、
健全に育成しようという主旨で始まった事業ですが、
勉強を教えたり、習い事をさせることが目的ではなく、
高学年から低学年一体の集団での遊びを通じて、
子供なりの社会を体験し、自主性や協調性を学ぶ、
そんな“場”であったハズです。

そして、
そんな学童保育所を運営していたのは民間でした。

しかし、
学童保育は自治体が運営することが多くなり、
民間学童保育所の場合も、
現在では、放課後の過ごさせ方のニーズが多様化し、
幼児教室や習い事教室を併設している学童が増えています。

まご娘が行っている学童も、
そうした学童保育所の一つであります。

ですから、
放課後に保護者不在な家庭でなくてもOKですし、
子供の年齢も幼児からで、児童対象とは限りません。

そして、
ピアノや英会話など、習い事を目的にしている子もいるワケです。


というワケで、
きょうの「クリスマス・ピアノ・コンサート」
まご娘は、ピアノは弾きませんでしたが、

ミッキーマウスマーチ
世界中の子供たちが
すばらしい出会い
ドレミの歌
スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス
はんたいホラネ!?
ハッピーバースデイ
となりのトトロ
前歯のない子のクリスマス
あわてんぼうのサンタクロース
赤鼻のトナカイ
きよしこの夜

これだけの曲をメドレーで歌いました。
美空ひばり並みです。

半ドンの水曜日だけ通っているまご娘、
一体いつの間に憶えたのでしょう?

年中さんの反抗期

2015年12月19日 18:59

5歳児①

昨日は、幼稚園の終園式でしたが、
園長先生から、年中組の子の“或る傾向”について、お話があったのだそうです。

その要点は、
その“傾向”は、年中のこどもの通過点だから特別な目で見ないで、というものです。


さて、
5歳児には、“年中さんの反抗期”とも謂われる反抗期があるのだそうです。

“癇癪の1歳”、“魔の2歳児”、“悪魔の3歳児”、或いは、“道の草にも嫌がられる3歳児”、
“口達者の4歳児”、そして、“5歳児の反抗期(年中さんの反抗期)”とつづきます。

このように、
幼児期のこどもは、年齢ごとの“傾向”があるのだそうです。

5歳児②

例えが適切ではないかもしれませんが、
マンションの部屋で飼われているネコは、
自分と人間の区別がつかないという話を聴いたことがあります。

少子化で、こどもが少ない家庭環境や地域環境下で、
こどもが居ない大人の中で育つ子が多いなか、こどもにとって、
自分と大人との区別がつきにくい状況が生じています。

しかし、5歳ともなると、
保育園や幼稚園、幼児教室などで、それなりに社会を経験します。

人と交流する機会が増えて語彙も増え、会話が上手になった分、
憎まれ口や悪口を云ったり、口答えをするようになります。
場合によっては、手が出たり、足が出たりすることもあります。

何事も、自分で決めようとしたり、仕切ろうとしたり、指図したりします。
そんな子たちが集団になれば、もめ事も増えるワケです。

家庭では優先順位の高い存在であるこども(ネコ)たちです。
そんなこどもが社会に出て経験する最初のしがらみでしょう。

ここはひとつ、まずは“誰もが通る道”だと知って、
時には正面から向き合い、時には適当にスルーして、
生意気な5歳児を楽しむくらいの心づもりでいこうと思います。

“いましか”生意気な5歳児の反抗は、楽しめませんからね。

5歳児③




最新記事