FC2ブログ

走水神社

2020年03月16日 23:24

走水神社

きょうは、用あって三浦半島へ。

ついでに走水神社へ参拝。

走水神社は、
日本武尊(やまとたける)と弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)二柱をお祀りしている神社です。

大和国(やまとのくに)の皇子・小碓命(おうすのみこと)は、
謀反をたくらむ双子の兄・大碓命を諫めるうちに誤って手にかけてしまいます。

それが父である帝の怒りを買い、小碓命は独り熊襲の征伐に向かわされました。

小碓命は父の赦しを得たい一心で戦い熊襲(くまそ)を討ち果たしました。
そして、日本武尊(やまとたける)と名乗ることにします。

しかし、帝の怒りは治まらず、更に蝦夷(えぞ)征伐の命令を下されてしまいます。

日本武尊一行が上総国に向かって海を渡っていると海が荒れ狂い遭難しそうになります。

すると同行していた弟橘媛(おとたちばなひめ)が進み出て、
「このように海が荒れ狂うのは、海の神の荒ぶる心のなせること、
尊様のお命にかえて海に入らせて下さい。」と告げ、海中に身を投じてしまいました。

すると、たちどころに海は凪ぎ風は鎮まり、
日本武尊一行の船は水の上を走るように上総国まで渡ることが出来たのでした。

日本武尊は、無事蝦夷を討ち果たし大和に帰る途中で東方に光る走水の海の輝きを望み、
その海に身を投じ武運を開いてくれた弟橘媛を偲び「吾が妻よ」と嘆いて呼びかけたのでした。
このことから、吾妻の国=東国(あずまのくに)と呼ぶようになったと謂われているそうです。

このように、
日本武尊には次々と大きな苦難が訪れ、同行していた愛する弟橘姫まで失ってしまいましたが、
それでも蝦夷を平定した日本武尊に帝が与えたのは伊吹山の山神を退治せよという命令でした。

しかし、日本武尊は伊吹山で命を落としてしまったのでした。


さて、2020年夏、
豊洲のIHIステージアラウンド東京(360°回転劇場)で公演が予定されている、
市川猿之助主演・演出のスーパー歌舞伎II(セカンド)「ヤマトタケル」公演。

新型コロナウイルスの終息と、公演の無事を願ってお詣りさせていただきました。

走水神社から望む相模湾
スポンサーサイト



ご飯

2019年10月27日 18:41

炊き立て

炊き立てのご飯です。
「人世最後に何が食べたい?」という設問に、
「ご飯」と答える人は多いでしょう。


さて、
戦中の1942(昭和17)年2月21日に制定された「食糧管理法」では、
11歳から60歳までの人間に330グラム、つまり2.3合が配給されました。

配給制度以前の昭和10年から14年の5年間の全国の平均では、
一日一人あたりの米の消費量は508グラム(3.57合)だったそうです。

食糧難・栄養不足というイメージがある戦中でも2合以上、
自由に米が買えた頃には3合以上も食べていたワケです。

むかしは、
米の飯を食べるために主菜・副菜があったようなものです。
梅干や佃煮や塩辛い魚などで、毎食1合の飯を食べていたのです。

さて、
飽食の時代と謂れて久しい昨今、わたしたちは一日にどれくらいの米を食べているでしょう?

我が家では、1合あれば夫婦二人で一日分が足ります。

このように、
米(炭水化物)の摂取量が減っているのに、糖尿病患者が増えているのは何故でしょう?

その意味では、糖尿病とご飯の量は関係ないんじゃないかしら?


日本人にとってはDNAに組み込まれた米の飯です。
日本こそ本当の“米国”なのであります。

ごはん


礼儀と礼節

2017年11月30日 17:21

[独り言]

【たばこ押しつけ、髪切り…女子高生に集団リンチ 少年少女7人を逮捕】
<11月29日産経新聞>

 友人の東京都立高1年の女子生徒(15)に集団でたばこの火を押しつけて暴行したり、公園の池に入らせたりしたなどとして、警視庁少年事件課は、傷害と強要などの疑いで、無職の少女(19)=東京都八王子市=ら、15〜19歳の少年と少女計7人を逮捕した。

 同課によると、女子生徒はやけどや顔の打撲などの軽傷を負った。逮捕された7人は「先輩に対する態度が悪かったからやった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、8月28日午後11時〜29日午前5時ごろ、町田市の公園などで、女子生徒の両腕をつかんで階段を駆け下り転倒させた上、はさみで髪を切ったり、たばこの火を顔や腕など約10カ所に押しつけたりしたとしている。さらに女子生徒の靴を池に投げ込み、「取りに行けよ、早く入れ」などと言って、池に入らせたとしている。



さて、
昨日、横綱が引退した。

横綱自身が、
相手の頭を物で殴るなどして傷害を負わせたことを認め、
引退を決めたようだ。

乱暴した理由はハッキリしないが、
“先輩横綱として”相手の“礼儀”と“礼節”を指導するため
という発言があった。

とすれば、
上の記事の少年・少女の集団リンチの動機とどこが違うんだ?

凶器を使った暴力で指導しなければならない“礼儀”と“礼節”って何だ?

それを、可愛がりとか仕来たりだとか伝統だとか日本文化だというならば、
そんなものは無くなっていい。

それは、10年前の17歳の青年の死を無駄にすることになってしまうからだ。
亡くなった青年とそのご家族にとっては、大相撲も横綱もモンゴルも関係ない。




第15回日本文化を愛でる会「日本酒」

2014年10月24日 23:59

菅波葉子さん

「日本文化を愛でる会」
本日のテーマは「日本酒」でした。

広島県呉から、日本酒の魅力を世界に紹介しようと
一年前に起業した菅波葉子さんに講師をお願いしました。

菅波さんとの出会いは、
ラスベガスで起業した息子が、数年前に、
ハワイの飲食店や名店や名所を紹介している
フリーペーパーを発行している会社の経営者である
Mさんに頼んで、営業の研修をさせて頂いたことがありました。

おかげで、
息子は、ラスベガスを紹介するフリーペーパーを創刊しました。

その研修のときに、息子は菅波さんと知り合い、以後、
わたしたちもおつきあいさせて頂いているというワケです。

日本文化を愛でる会

2011年にハワイから帰国された菅波さんは、
結婚を機に広島県呉市に移り住まれました。

そして、
日本の文化であり、国酒であり、日本人の心だという思いから、
日本酒を世界に紹介する活動をしていらっしゃいます。

去年の10月23日に、株式会社Rainbow Sakeを設立。
「SAKEで世界を笑顔で繋ぐ」その架橋になりたい!という想いで、
ご夫婦で日本と海外を行ったり来たりされています。

日本酒

さて、日本酒には目が無いわたしです。
きょうは、昼間から日本酒を頂戴する大義名分ができました。

雑司が谷寛

「第15回日本文化を愛でる会」のご案内

2014年09月14日 23:59

菅波葉子さん

きょうは、
「第15回日本文化を愛でる会」のご案内です。

今回のテーマは、「日本酒」。
講師は、「日本酒」を世界に紹介していらっしゃる菅波葉子さんです。

「日本酒」が、ハワイやシンガポールでどのように受け入れられているのか、
どんな飲み方が好まれているのか、お話を伺います。
ハワイに住んでお仕事をしていらっしゃったご経験もある
菅波さんならではの、グローバルな視点からの話題も楽しみです。

「第15回日本文化を愛でる会」

日時:10月24日(金)11:30~14:00
会場:雑司が谷 寛
参加費:6.800円(食事代含む)

■お席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

■お申し込みは、ご入金をもって完了です。

■お問い合わせ、お申し込み先: goodjobcoach@yahoo.co.jp (三浦宛)
 ・お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレスをご記入ください。

■お振り込み先:三井住友銀行 錦糸町支店 普通7440248 日本文化を愛でる会

■お振り込み後のキャンセルは、返金致しかねます。


<菅波葉子氏プロフィール>
1974年生まれ。短大卒業後、株式会社リクルート入社。『サンロクマル』、『ホットペッパー』の創刊に携わり、『ホットペッパー渋谷版』編集長、『ホットペッパー銀座版』編集長として、商品、マーケット、営業組織のマネジメントを経験。その後ハワイにある広告会社発行の雑誌『KauKau』の営業部長として転職し渡米。帰国後、利酒師、国際利酒師の資格を取得。2013年経済産業省の補助に採択されたのを機に株式会社RainbowSakeを設立。現在はハワイ、シンガポールなどを中心に「SAKEで世界を笑顔で繋ぐ」その架け橋になりたい、という想いで夫と共に日本酒普及のPR活動を行っている。


最新記事