FC2ブログ

梅こんぶ

2019年04月05日 20:08

梅こんぶ

今更、昆布の栄養や効能は記すまでもないことです。

我流で梅昆布を作っています。

①昆布を梅酢に漬けます。今回は冷蔵庫で一晩漬けました。
②漬けた昆布を天日に干します。今回は花粉が付かないように室内に干しました。
③昆布が少し乾いたら梅干しを叩いてペースト状にして昆布の表面に塗ります。
④乾燥したら、食べやすい大きさに切って出来上がり。

これを、一日少しずつおやつや酒のつまみに食べています。

孫にも、おしゃぶり昆布をたまに与えようと思っていますが、
但し、昆布の過剰摂取には注意が必要です。



スポンサーサイト

じゃばら

2019年03月26日 18:34

じゃばら

情報の影響を受けやすい性質なので、買っちまいました。

「じゃばら」

フラボノイド成分「ナリルチン」を豊富に含む柑橘「じゃばら」が花粉症対策にと話題です。

じゃばら」の原産地は和歌山県東牟婁郡北山村だそうです。
ゆず、九年母(くねんぼ)、 紀州みかんなどの自然交配種で、この地に自生していたのだそうです。

酸味と苦味が強烈ですが、それを逆手にとって村おこしに活用されました。

じゃばら」という名の由来ですが、
その酸味が邪気を払うからという意味で、「邪払(じゃばら)」と名付けられたようです。

じゃばら」は、
ビタミンAとビタミンCとカロチン、フラボノイドの中のナリルチンという成分が豊富に含まれています。

それが、最近になって花粉症対策に効果的だと話題になっているというワケです。

ナリルチン図表 (2)
<国立開発研究法人 農業食品産業技術総合研究機構 果樹研究所調べ>

鍋物や焼き魚や酢の物など、スダチやカボスやユズ等の果汁と同じように使いますが、
わたしはやっぱ焼酎に入れちまいます。

焼酎を飲んで花粉症が緩和するなら一石二鳥です。



目玉焼き

2019年03月19日 18:59

目玉焼き

週に3個以上の卵を摂取、心疾患のリスク増大か 米研究
3/18(月) 18:28 CNN.co.jp 配信


昨日のことですが、
ネットに、こんなセンセーショナルな記事が踊りました。

1週間に卵を3~4個食べる人や、食事から1日当たり300ミリグラムのコレステロールを摂取する人は、そうでない人に比べて心疾患や早死にのリスクが高い――。そんな調査結果がこのほど医学誌JAMAに発表された。

記事を一部抜粋すると、こう書いてありました。


率直な感想を記せば、
「ことほど左様に、情報過多の弊害とはこういうことだ」
そう思いました。

それはそれで一つの調査データではありましょうが、
疾患の他の要因や、環境や体質や風習など、
個体差を精査したデータなのかどうか、よく判りません。

科学的エビデンスが、
保障された情報なのか見極める必要があるでしょう。


ところで、
Fried eggを、日本では“目玉焼き”と言うのは、
卵を二つ並べて焼くからであります。

卵一個でコレステロール値約186ミリグラムだとすると、
目玉焼きを食べれば372ミリグラム摂取してしまいます。
一日300ミリグラムという値を超えてしまうのです。

つまり、
この記事は「目玉焼きは食うな」と言っているワケです。



くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング

2019年03月17日 17:17

くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング

ことし63歳。

わたしは、若いころから“くびれ”が嫌でした。

日本舞踊のお稽古をするときは、
腹周りにタオルを巻いて帯を締めていました。

スーツを着ても、
ベルトの位置が定まらなかったり、
シャツが出てきたりして困りました。

いまでは、腹が太鼓になりました。
痩せれば嬉しいと思うようにもなりました。

でも、“くびれ”は要りません。


「くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング」

“くびれ”に興味があるワケではなく、“ボール”。
ボールを使う“ほぐし”に興味があるワケですワ。


血圧が安定

2019年01月22日 19:07

高岩寺

巣鴨に在る、
主治医のいる病院へ、ことし初めて行ってきました。

血圧を下げる薬を処方していただくためであります。

朝一番に測っている血圧の記録を持参しました。
「あぁ・・・いいじゃないですか!」
血圧が下がって安定しているというご診断です。

ちなみに、
去年10月頃には上が162、下が117なんて日もありましたが、
今朝の血圧は上が142、下が96でした。
上が130以下なんていう日も珍しくありません。

まるで、
ガソリンのハイオクの小売価格と同じような推移です。




最新記事