FC2ブログ

休日診療

2020年01月02日 16:08

池袋保健所

本日初日!歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」


ことしは、恙無く過ごしたいと言いながら、
鬼の霍乱というべきか、かみさんが熱を出しました。

元旦のお屠蘇にビールを一杯飲んだ直後のことでした。

大して高熱が出たというワケではなかったのですが、
急な発熱で身体中の節々が痛くなったようです。

おかげさまで、元々体力のあるかみさんのことです、
熱は下がりましたが、休日診療に行くと言い出しました。

休日診療で診ていただいたのは、新しくできた池袋保健所

幸いインフルエンザではないという診断をいただきましたが、
それが、かみさんの目的です。

本日初日を迎えたばかりの息子がおせちを食べに来るからです。

みなさまも、恙無く。

寿 初春大歌舞伎2020
<↑クリック>

スポンサーサイト



六文銭

2019年12月28日 23:59

高岩寺

ゆうべ・・・というより、今朝方だったと思いますが、夢を見ました。

川を渡るのに「六文銭がない」といって探している夢でありました。
どうも、夢の中でわたしは死んでいたようであります。

はじめは、六文銭がないと思ってポケットやらなにやらを探していて、
「六文銭といえば、三途の川の渡し賃だったんじゃねーか?」いや、
「六道参りに一銭ずつ必要だったからじゃねーか?」とか、思い出し、
いずれにしても、わたしが死んでいるからだと思い当りました。

まっ、起きてみれば夢でしたが、なぜそんな夢を見たのか判りません。


ところで、きょうは主治医のいる病院に行ってきました。
正月に薬が必要になると困ると思ってのことでしたが、
いつものように帰りに「巣鴨のお地蔵様」と謂われている
「高岩寺」に寄ってお参りしてきました。

血圧が高かったり、大腸ポリープがあったり、
あちらこちらが痛かったりいたしますが、まずまず健康でいられます。

つくづく有り難いと思います。
あとは、家族やそれに連なる人々の健康を祈るばかりなのであります。

「高岩寺(とげぬき地蔵尊)」といえば、ご利益はやはり“病気平癒”です。

商売繁盛しても、金運が上がっても、
病気やケガを抱えていたら困ります。
人間、なんと言っても健康が一番なのであります。

お金は、死ぬときまでに六文貯めておけば、それでいいのです。

紅葉

2019年12月18日 20:47

紅葉

先日の大腸内視鏡検査で切除したポリープを、
生検に出した結果を、病院に行って聴いてきた。

おかげさまで、良性だった。

それが、どれほど有り難いことか。

二日に一度、
透析治療を受けている友人がいる。



紅葉を

愛でるよすがに

朋想う

大腸ポリープ

2019年12月02日 13:03

お茶の水

大腸内視鏡検査で、
2013年9月に大腸ポリープが見つかりまして、
2015年2月にもポリープが見つかりました。

そこで、
2016年3月にも大腸検査を受けたのですが、
幸いポリープは見つかりませんでした。

あれから3年9か月、
きょうまた大腸内視鏡検査を受けてきました。

3日前から就寝前に下剤を服用し、
昨夜は、夜8時までに食事を終えました。

食事の内容も、
野菜や海藻類や果物など食物繊維質の物を避け、
刺激のある香辛料やアルコールも摂らないよう、
との指示でした。

そして、寝る前に下剤を飲みました。

今朝は、朝6時に起床しまして、
2リットルの経口腸管洗浄液を作り、
1杯目で2種類の錠剤を服用し約1時間で、
腸管洗浄液を飲み終えました。

そのあとは、トイレの往復を繰り返しまして、
朝9時に自宅を出発して、予約した10時前には
病院に到着していました。

問診のあと、腸の動きを止める薬を注射しまして、
いよいよ、内視鏡検査でした。

採取した生体検査を待たないと結果は判りませんが、
少なくとも大腸ポリープは見つかりました。

切除手術したポリープの様子から、
きょう1日は、繊維質の食事と飲酒や運動や長い移動は禁じるとのことです。

2013年、2015年の大腸ポリープを切除したときには10日間でしたから、
今回は小さかったということでしょう。

ポリープは何年かかけて大きくなったりガン化するのだそうですから、
次回の検査は2年後でも構わないと思いますが、ポリープを育てる体質なのでしょう。

貴方も、大腸ポリープをお腹の中で育てていませんか?

2019年09月10日 17:54

このブログを始めてから、
毎日記事を書いて10年以上経ちましたが、
「歯」が痛んだ話題を書いたことはありませんでした。

若い頃、わたしも歯痛で悩まされましたが、
近年、半年に一度のメンテナンスに歯科に通うだけで、
この数十年間は歯痛に悩むことはありませんでした。

ところが、
ここにきて、右下の奥歯が痛みだしたのでした。

それが、
昨日の義母の法要が終わってから急激に痛みだし、
痛みで昨夜は眠れませんでした。

そこで歯科に予約の電話をして、
今朝一番で診ていただいたのでした。

すると、
むかし、奥歯の神経は抜かれてはいるものの、
歯の根の辺りが炎症を起こしているというので、
奥歯を削り、歯の根の治療を行うことになりました。

麻酔薬を射ったうえで治療が始まったのですが、
治療中の約1時間、脂汗が出るほどの痛みがつづきまして、
処置されている最中ずっと、映画「マラソンマン」の、
ローレンス・オリヴィエ(歯科医)に歯を弄ばれる、
ダスティン・ホフマンを思い出していました。


それにしても、
たかが奥歯一本が痛むだけで、どれだけ人生が重苦しくなるものか。

重病や難病の床にいる知人・友人たちのことを想像しました。

自分が痛みや苦しみを感じなければ、
なかなか想像することもできないものですが、
想像したとしても、その心境を推し量ることは難しいでしょう。





最新記事