FC2ブログ

勝ち戦

2020年07月03日 11:58

経済再生担当大臣

むかし、
父が、戦後或る戦争を描いた映画を観て思ったことを話してくれたことがあります。

その映画には、攻められて全滅しそうな最前線で、
司令官が乾パンを食いながら怒鳴って攻撃を命令する場面があるのだそうです。

それを観た当時の観客は、その司令官を随分憎たらしく思ったというのです。

しかし、兵士だった経験がある父は、
「玉砕するかもしれない戦況下で乾パンを食いながら命令するような太っ腹でなくては、
大将にはなれない」と思いながら観ていたというのでした。


さて、
きのう7月2日、東京都の新型コロナウイルスの新規感染者が107人だったことを受け、
経済再生担当大臣が会見を開きました。

しっかりと感染防止対策を講じて経済活動との両立を図っていく。
これができないならもう経済活動はできません。

もう誰もああいう緊急事態宣言とか、やりたくないですよ。
休業もみんなで休業をやりたくないでしょ。

これ、みんなが努力をしないと、
このウイルスには勝てません。また同じようなことになります。


このように、少々怒りながら感染防止策の徹底を訴えたのですが、
本来、怒ったり手洗いの励行を訴えるのが政府の役割ではないはずです。

政府がやらなければならないのは、
医療体制を強力に後押しして従事者や病院が倒れないようにすること。
十分な検査体制を構築して感染者と非感染者を分け、安心感を拡げること。
経済対策と経済救済対策を充実させて経済不安を取り除くこと。
全力で新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の開発を援助すること。

間違っても、怒りながら国民に努力を求めることじゃありません。


冒頭の話に戻りますが、
あの戦争は、太っ腹でも臆病者でも、結局は負け戦だったワケですが、
このコロナとの戦争には勝たなくてはならんワケですよ。



スポンサーサイト



「志布志事件」を覚えていますか?

2020年06月28日 12:30

志布志事件」を覚えていますか?

志布志事件(しぶしじけん)」とは、2003年(平成15年)4月13日投開票の鹿児島県議会議員選挙で、
当選した中山信一県議会議員の陣営が住民に缶ビールや焼酎や現金を配った贈賄側として、
中山議員とその妻、収賄側として住民13人が公職選挙法違反容疑で逮捕され、計13人が起訴されました。

しかし、鹿児島地裁は2007年に12人(1人は公判中に死亡)に無罪を言い渡し、検察は控訴しなかったので、
無罪が確定しました。

つまり、「志布志事件」とは、選挙違反をでっち上げておいて、
鹿児島県警察捜査第二課・統一地方選公選法違反取締本部が自白の強要や1年以上の長期勾留等、
違法な取り調べを行った“警察が犯した事件”の通称です。


それにしても、でっち上げで逮捕されたらたまったもんじゃないでしょ?
この事件を思い出すと、他人様のことながら怒りがこみ上げてきます。

しかし、
選挙に絡んで缶ビールや焼酎でも、贈ったり貰ったりしたら公職選挙違反で検挙されるのは当然です。
ですから、もしそれをやったのでしたら法律を意図的に犯したのですから逮捕されても仕方ない。
それが法律ですし、厳密にそうすることで民主主義が護られているのです。

であるからして、
金額の小さい大きいじゃありませんが、現在判っているだけで94人に約2,570万円を配ったという
広島の公職選挙法違反事件で贈賄側は逮捕されていますが、収賄側が逮捕されないなんて、
あり得ませんよね?

広島県警、広島地検、大丈夫ですよね?

志布志事件で無罪になった人たちが見てますよ。


宏池会岸田派の牙城で起きた選挙違反

2020年06月27日 21:19

吉田茂吉田学校という同門から佐藤栄作と袂を分かって旗揚げした池田勇人の派閥・宏池会
その宏池会を受け継いだ通称・前尾派→大平派→鈴木派→宮澤派→加藤派→古賀派→岸田派

現在の第8代宏池会会長は岸田文雄氏。言わずと知れたポスト安倍として注目されている一人だ。

この岸田文雄氏は、第5代宏池会会長でもあった元・総理大臣宮澤喜一氏の遠戚でもある。
岸田文雄氏の叔母が、宮澤喜一氏の弟で法務大臣を務めた宮澤弘氏の妻だからだ。
そして、宮沢弘氏の息子で岸田文雄氏の従兄弟にあたる宮澤洋一氏は現職の参議院議員だ。

このように見てみると、
いま話題の参議院広島県選挙区という土地が旧・宏池会、現・岸田派の牙城であることが判る。

その岸田派の牙城に落下傘降下したのが、逮捕された河井克行前・法務大臣の妻・河井案里である。
その落下傘攻撃で落選したのは、自民党岸田派所属のベテラン議員で野党候補者ではなかった。

では、なぜ表向きには二議席を狙ったという危険な選挙をやったのかということだが、
むかしむかし、総理が落選したベテラン議員に「過去の人だ」と言われたことを根に持ったから、
ポスト安倍として注目され始めた官房長官と官房長官の側近中の側近である河井克行が組んだから、
様々な説がある。

政治には金がかかると謂れて久しいが、何処の後進国の事件かと見紛う醜態が明るみに出た。
この事件の背景が自民党内の内ゲバだとすれば、選挙区の選挙民はバカにされたようなものだ。

金を配る奴もワルいが、その金を受け取る奴もワルい。
「預かっていただけだ」という言い訳も往生際がワルい。

そういう国会議員や地方議員を当選させてきた選挙区民はどう考えるのか?

明日は、宮澤喜一元・総理のご命日だが、元・総理は草葉の陰でなにを想われるのか?



それにしても、

2020年06月22日 10:57

都知事選挙ポスター掲示板

先日も、この話題について記したが、
東京都知事選挙が6月18日に告示された。

7月5日に投開票が行われる。

それまでの間、
この選挙ポスター掲示板が設置され、
立候補者のポスターが掲示される。

今回の都知事選挙には22名が立候補したのだそうだが、
東京都知事選挙には約50億円かかると言われている。

その大半が、
約1万4.200カ所に設置される、この掲示板の費用だそうだ。

都知事選挙に22名立候補しても、貼られたポスターはこんなもんだ。
貼るも貼らぬも自由だし、立候補することだって自由なことだ。

全員が当選すると思って立候補したワケではないだろうが、
供託金300万円を没収されるかもしれないのに、それでも
立候補したからには、それだけ主張したいことが有るワケだ。

それだけの主張があること自体はワルいことではないのだが、
それだけ不安定な社会であり政治なのだろう。

それにしても、
今回だけで廃棄されるこの掲示板がもったいないと思うのだ。

東京都は、リサイクルしろゴミを減らせって言ってなかったか?





おかげで寝不足

2020年05月14日 16:16

検察庁法改正案について、
主権者たる国民が選んだ国会議員による立法府が採決するのであるから
民主的な決定である旨、主張する輩がいる。

教科書的な解釈で一見筋が通っているが、
数の力と法解釈と閣議決定で事を進めてきた現政権への曲学阿世の徒の主張だ。

権力者はなにをするか判らない。
その認識は公式に約310万人の戦没者を出した戦争の経験を踏まえた反省の上に立っている。
そんな、なにをするか判らない権力の暴走を歯止めするために憲法がある。

憲法は、主権者たる国民を縛るのではなく、政治の権力者たる政権や政府を縛るのだ。
だから、縛られたくない権力者たちは憲法を変えたがるのである。
だから、本来独立した存在でなければならない法制局や検察庁や警察庁を懐柔しようと
政権が人事を握ろうとしたのだ。

政治家にも、政権にも志はあるだろう。また、あって当然だと思う。
だが、政治は結果だけじゃない。プロセスが大事だ。

多種多様な価値観や思想や思いを突き合わせながら議論しまとめるプロセスだ。
それは時間と手間がかかるし面倒だし、なかなか進捗しないだろう。

一見、えい!やー!と事を運ぶ政治家はかっこよく見える。人気もでる。
だが、小泉政権が行った結果を見たら解かるだろう。

自虐史観を否定してくれて、かっこいい日本人を復古させるがの如くに
“美しい国”などと宣う政治家がモテるのも解からぬではない。

だが、そんな美辞麗句のとおりの政治を行っているかどうか、
森加計や桜を観る会や、あの虫がつきカビが生えたマスクを見れば判ろうというものだ。


ほとんどの日本人が、人生で初めての過酷な経験をしているときに、
汚いマスクだ、マイナンバーカードだ、検察庁法改正案だと余計な不満やストレスを起こし、
みんな一致団結してコロナとコロナ不安に立ち向かおうとしている国民の邪魔をするのは、
どーしても、許せない。

腹が立って、おかげで寝不足だ。




最新記事