FC2ブログ

評判堂閉店

2020年07月08日 11:30

評判堂

浅草と言えば、浅草寺

浅草寺と言えば、観音様と仲見世

仲見世と言えば、三浦家では評判堂

評判堂は、
雷門をくぐって仲見世通りのすぐ右側に在る。

煎餅・あられ・おかき・雷おこし・飴・かりん糖・金平糖・花柳糖・王家宝、
黒パン・おみくじ煎餅・カルメ焼などなど等、昔懐かしいお菓子約120種。

名古屋では鬼あられと呼ばれている「げんこつ」が名物なのだが、
三浦家御用達は「仁王せんべい」という煎餅だった。

特にかみさんと長男の大好物だった。

だが、
数年前に職人が引退したことで「仁王せんべい」は姿消した。

ところが今度は、
評判堂のご主人から「評判堂閉店」のお知らせが届いた。

職人の引退などが主な理由なのだそうだが、
新型コロナウイルスの感染拡大影響も決断を促した要因だそうだ。

評判堂のご主人は、浅草観光連盟の会長でもある。
そんなお店でも閉店を強いられる。残酷なことである。

評判堂は“評判”だけが遺る。

仁王せんべい



スポンサーサイト



息子夫婦と?

2020年06月14日 20:58

息子夫婦?娘夫婦?

かみさんと外食に出掛けたのは何か月ぶりだったでしょう?

確か2か月以上前に行った近所の蕎麦屋以来だと思います。

昨日のことですが、
気になっていたお店に、気になっていた“息子夫婦?”、“娘夫婦?”を誘いました。

本物の“息子”と“娘”ではありませんが、“息子”は本物の息子(次男)の親友で、
板前をやっています。

外食といっても、
大雨が降っている午後3時からの昼飲みなら混んでいないかと思ったのですが、
みんな我慢していた時間が長かったからか、ちょっと興奮してしまいましたので、
結局、夕暮れまで飲んじゃいました。

LAの本物の息子夫婦もLINE動画でオンライン。



直接「あつんこパン」

2020年05月20日 13:54

あつんこパンに行ってきた

先日お取り寄せをした内神田の「あつんこパン」に、
きょうは、車で直接パンを買いに行ってきました。

国産小麦の天然酵母に拘ったオリジナルパンですが、
どれも美味くてボリューミーでクセになります。

あつんこパン
〒101-0047:東京都千代田区内神田1-10-5
電話:03-3291-1213

※お取り寄せもできます。

あつんこパンを食べてみた



あつんこパン

2020年04月25日 12:31

あつんこパン

神田に「野菜居酒屋玄氣」というお店が在ります。

個性的な店主が創る野菜と素材に拘った個性的な料理が売りですが、
親しい友人に誘われて行ったら、どれもとても魅力的な料理でした。
そこで、次はかみさんを伴ってと思っていたのですが、未だに叶いません。

さて、
その「野菜居酒屋玄氣」の隣には、店主の奥様が経営するパン屋が在ります。

国産小麦の天然酵母に拘った「あつんこパン」というパン屋ですが、
お土産にしたそのパンがまた美味いパンでした。

ということで、
みんなで「野菜居酒屋玄氣」へ行くのは、捲土重来を期すこととして、
「あつんこパン」はお取り寄せしてみました。


楽しみの少ない生活の中では、パン好きにはたまりません。


Kitchen55

2020年02月23日 18:38

キッチン55

きのう、
JR板橋駅の駅近にOPENした「Kitchen55」に行ってきました。

映画館文芸坐の喫茶店「文芸坐の喫茶店」で働いていた店主が、
文芸坐の喫茶店」のカレーやオムライスのレシピを再現することで、
何より「文芸坐の喫茶店」の気軽さと安心感を想い出してもらおうと、
満を持して開店したお店です。

金沢風文芸坐のカレー

喫茶と軽食と、ちょっとだけお酒のお店です。

カレー自体は「文芸坐の喫茶店」のカレーをベースにしつつ、
金沢のテイストであるキャベツの千切りを添えたカレーですが、
金沢は店主の故郷であり、松井秀樹さんを輩出した星稜高校は、
店主の母校なのであります。

それが「Kitchen55」という店名の由来かもしれません。


このお店、決して隠れ家ではないのですが少し探されるかもしれません。

この路地「抜けられます!」

オムライス




最新記事