仰木監督の言葉

2018年04月02日 23:59

ことし45歳になるイチローが、シアトル・マリナーズに復帰しました。

イチローの開幕戦先発がスコット・サーバイス監督から発表されましたが、
開幕戦先発はヤンキース時代以来で5年ぶりだそうです。

イチローは、それを監督から直接伝えられ、

「ここまで我慢してくれて、最終的にこの判断を下してくれた。怪我をした選手に対する扱いではない。なかなかこういう気持ちにさせられることはないですよ」

そして、イチローはオリックス時代の仰木監督の言葉を想い出し、こんなことを語りました。

「春の早い段階で、福岡でチームが負けて、帰りのバスの空気が真っ暗。僕も頭下げていたら、監督が『なに下向いてんだ。ヒット1本、二塁打打っておまえはそれでいいんだ。勝ち負けは俺が責任取るから選手は自分のことちゃんとやれ』と。そのとき、この人のために頑張りたいという思いが芽生えたんですね。レギュラー1年目、しかも20歳の選手になかなか言えることじゃない」

イチローシアトル・マリナーズに復帰して、そんな思いを抱かせてくれる監督と出会い、
3月31日(日本時間4月1日)、シアトルでのインディアンス戦に「9番・左翼」で出場し、
4打数2安打1得点を挙げ、守備では3回にあわやホームランになるかという飛球を、
ジャンプしてフェンスに激突しながらキャッチしてみせ、監督の期待に応えたのでした。

マネジメント

怒鳴ったり、批判したり、叱ったり、お説教したりする監督はいくらでもいます。
しかし、それで選手が成果を上げる効果が現れるとは限りません。

メロンパンのお店だって、同じです。

店長とマネージャーとアルバイトの人たちが、その才能を活かして
“自分の仕事をちゃんとやってくれ”たら、自ずと店は発展するでしょう。

船頭多くして船山に登るの喩えもあります。
わたしたちオーナーに求められるのは、黙って“勝ち負けの責任をとる”覚悟でしょう。



スポンサーサイト

広辞苑第七版

2018年01月17日 16:57

広辞苑

“国民的辞典”と謂われる「広辞苑」の、
改訂新版となる第七版が10年ぶりに刊行されました。

そこで、
このところ気になっていた言葉を調べてみました。

「御浸し」は、「おひたし」か? 「おしたし」か?

広辞苑」によると、
御浸し(おひたし):葉・山菜などをゆで、だし汁などに浸した料理。
とあります。

但し、
御浸し(おしたし):オヒタシの訛。
ともあります。

広辞苑」を買って、最初に調べた言葉が「御浸し」というのもねぇ・・・。


そこで、
きょうは、「阪神淡路大震災」という言葉を引いてみます。

1995年1月17日の兵庫県南部地震による災害。
兵庫・大阪・京都の一県二府が被災し、死者6,400人余、
負傷者約4万人、全半壊家屋約25万。
また神戸市内で阪神高速道路の高架橋やビルが倒壊。



コミットメント

2018年01月06日 17:58

大和

大人にはならない!
そうコミットメントしていた息子も、きょうで33歳。

ロサンゼルスに新規開店させる準備で、
誕生日を祝うどころじゃないだろう。


“大人にはならない社長”の双肩には、
すべてのスタッフの夢と期待が乗っている。


決めゼリフ

2018年01月05日 18:13

【新年早々、きょうも独り言】

北の国の金さんが、
「ボタンは常に私の机の上に置かれてる」と云ったことに対して、
某国の大統領が、
「俺のボタンの方が奴のものよりでっかくて強力ですぐ使えるぜ」と呟いた。

元々なんのセリフだったか判らないが、むかし聴いたことがある、
「俺のマグナムが火を噴くぜっ!」っていうセリフを思い出した。

いかにも、
アメリカの古いタイプの男が云ってみたがるような言い回しだわな。
きっと大統領も、こんな決めゼリフを一度云ってみたかったんだろう。

イヤ・・・、いつも云っちゃってるかもな?

某国大統領


今年の漢字

2017年12月12日 17:07

今年の漢字一文字

例年、わたしの誕生日が過ぎますと、いよいよ年末感が高まります。

年末と云えば、恒例の「今年の漢字」が発表されました。

ことしの漢字は「北」。

頻繁に飛ぶ弾道ミサイルと鳴るJアラートと避難訓練、
板門店の兵士亡命、流れ着く木造船、次々に亡くなる拉致家族・・・。

したがって、「北」というのも解りますが、
「友」「籠」「倫」「排」「禿」「綱」「祟」なんてのもアリだったでしょう。


わたしにとっての「今年の漢字」は、やはり「別」ですね。

ところで、貴方の「今年の漢字」は何ですか?





最新記事