月島のもんじゃで忘年会

2013年12月19日 23:59

もんじゃストリート

きょうは、異業種交流会FTNの忘年会でした。

しかし、
今年は、例会を一回も開催しなかった異業種交流会でした。

すべては、代表である私の責任なのですが、
「忘年会だけはやりませんか?」
という会員の提案で、行うことになったのでした。

会場は、東京の中央区月島

月島は、
明治から昭和にかけての東京湾澪浚(みおさらい)工事で完成した埋立地です。
埋立当時の月島は、富国強兵の国策に沿い、重工業地帯だったようですが、
最近はウォーターフロント開発の影響で高層マンションも増えています。

てまり

月島と云えば、「もんじゃ焼き」です。

そう、きょうの忘年会の会場は、
もんじゃ焼き「てまり」で行われました。

このお店「てまり」を予約してくれたのは、幹事のAさん。

Aさんは、この「てまり」が入っているビルの、
ホームページを製作した会社の社長でもあります。

もんじゃに詳しくて、もんじゃにはウルサイ江戸っ子です。
そのAさんがお薦めだというお店ですから、間違いはありません。

ところで、有楽町線月島駅で下車して、7番出口を出ると、
そこから、西仲通り商店街、通称「もんじゃストリート」が始まります。

月島は、約100店舗のもんじゃ焼き屋が店を構える、
もんじゃ焼きの一大テーマパークであります。

もんじゃ焼き

さて、
2020年に開催されることが決まった東京オリンピック・パラリンピックで、
大会のコンセプトの中心となるのは、各国から選手が集う選手村でしょう。

その選手村が建設されるのは、月島の近くに在る晴海地域です。
急速に開発が進むウォーターフロントで、晴海ふ頭が在ります。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会の地理的な中心地です。

もんじゃ

すると、2020年には、
月島に、もんじゃを食べに来る外国人選手や観光客が増えることでしょう。

いよいよ「もんじゃ焼き」が世界に認知される料理になるのでしょうか?

しかし、

ネコ舌の外国人たちにとっては、どんなもんじゃ?
スポンサーサイト

異業種交流会FTN2012年11月例会

2012年11月08日 23:59

FTN.jpg

わたしが代表を務める異業種交流会FTN11月例会のお知らせです。

今回は、わたしたち家族の友人で、海外不動産を扱うお仕事をなさっている
東出ジョージさんが、講師を務めてくださいます。

今回の例会のテーマは、
あることがキッカケでジョージさんが考案したという「英会話脳のつくり方」というお話です。

ジョージさんは、10代から海外に留学されていたご経験の持ち主で、
現在でも、英語圏に限らず世界各地を飛び回っていらっしゃるバイリンガルです。

さて、斯く言うわたしも、所謂買い物イングリッシュ程度しか話せません。
それも、独りのときは意外と自由に話せますが、身近にかみさんがいると緊張を強いられます。
ましてや、16歳のときからアメリカで暮らしている息子Yがいたら、話せなくなります。

まずは、「英語を話す」とか「英会話する」という
イメージを変えることから始めなくてはいけないかもしれませんね。

「おしゃべり」なんですものね。


【異業種交流会FTN2012年11月例会】

【日 時】 11月28日 水曜日 19時~21時

【講 師】 東出ジョージさん(株式会社プロセールジャパン
      
【テーマ】 1日1時間、90日で英会話脳をつくる!

【講師からのメッセージ】

「アレッ?ジョージは英語も教えるの?」と思った方も多いことでしょう。
そう!教えることになっちゃったんです。
たまたま、おつきあいしている企業の経営者から、社員向けに英語を教えてほしい
というご要望がありまして、それがキッカケです。
そこで、いままで私がいいなぁと思った方法、教材、考え方に味付けした
「ナチュラル・リーディング」を考案しました。
ちょっとだけ、タネあかしをしますと、
ゴルフの石川遼君が宣伝している英語教材がありますよね?
遼君のように英語を聞く絶対量は必要です。
しかし、ただ聞いているだけではBGMになってしまうのです。
私の経験で言いますと、慣れることはできますが、喋ることはできません。
そこで、ナチュラル・リーディングでは、
「聞く」「読む」「喋る」ことを三位一体で行います。
それも普通のスピードから徐々に倍速・4倍速・8倍速と早くしてゆき、
ついには音速を超えます。(笑)
さぁ、ご興味がある方はご参加ください。
50歳を超えたヒデちゃん(FTN代表)でも喋られるようになりますよ。

【場 所】 喫茶室ルノアール四谷店マイ・スペース4階

【住 所】 東京都新宿区四谷1-3-22

【電 話】 03-3351-1052

【地 図】 ここをクリック

【アクセス】四谷見附交差点近く「しんみち通り」入って左。

【参加費】 1.000円
      
【申込方法】

申し込み無しでも、当日ご都合がつけばいらしてください。
但し、事前に参加できそうなことが分かれば、下記のアドレス宛てにメール
でお知らせいただければ幸いです。
メールには、参加者のお名前とメールアドレスを明記してください。
goodjobcoach@yahoo.co.jp (FTN代表・三浦秀和宛)

【懇親会】 例会終了後、引き続き懇親会を行います。(別途費用)



異業種交流会FTN2012年10月例会

2012年10月22日 17:41

三角寛

まことに我が家は、イベントの多い家でして、
10月になってからも、かみさんが旅行に行ったり、姉のイベントがあったり、
保育園の運動会、雑司が谷の御会式、孫娘の七五三がありました。
展覧会は3か所、芝居の公演は2公演、音楽ライブは1回行きました。

そして今月はまだ、息子Kのイベントがありますし、芝居は2公演を観る予定です。

そうこうしている内に、異業種交流会の企画が遅れ遅れになっておりまして、
講師が決まらなかったり、都合が合わなかったりして、告知ができませんでした。

そこで急遽今月の講師を、うちのかみさんに頼みました。
今回は、ハワイやフラのお話ではありません。
かみさんに、お祖父さんのことを語ってもらおうと、思います。

わたしは、お祖父さんには会ったことがないのですが、
それはそれは変わった人だったようです。

しかし、亡くなった母が、
息子Yがお祖父さんに似ていると云っていたことがありましたし、
やはり、家族のDNAにいろいろな意味で影響を与えておりましょうし、
なにより、三浦家の創業者でご先祖さまですから、わたしは畏怖の念をもっております。

かみさんも滅多に語らない話ですから、この機会にお聴きいただければ幸いです。


【異業種交流会FTN2012年10月例会】

【日 時】 10月31日(水)19時~21時

【講 師】 三浦庸子(みうら つねこ)さん

【テーマ】 祖父・三角寛(みすみ かん)を語る

【講師からのメッセージ】
私の母方の祖父三角寛(本名三浦守)は、昭和初期に朝日新聞の記者でしたが
説教強盗」という事件をスクープしたことをきっかけにして、作家に転身しました。
後に「サンカ小説」と呼ばれる小説のジャンルを築きますが、奇抜な冒険小説として、
一世を風靡しました。
戦後は、古道具屋に薦められた映写機がきっかけで、池袋に人世坐という映画館を
オープンさせます。
当時は敗戦直後で、何処にも日章旗が掲げられることがなかった時代でしたが、
三角寛は、当時の巣鴨プリズンの近くでもあった人世坐の大屋根に、日の丸を堂々と掲揚して、
世間の話題になりました。
そして、昭和31年には池袋東口に、永井竜男徳川夢声吉川英治井伏鱒二横山隆一
などを取締役や株主にした、文芸坐という映画館をオープンさせ話題になりましたが、
34年には労働争議が起こり、またまた世間を騒がせました。
このように異人変人奇人であった三角寛、波乱万丈に生きた祖父のことを、
語らせていただきたいと、思っています。

【場 所】 喫茶室ルノアール四谷店マイ・スペース3階A
【住 所】 東京都新宿区四谷1-3-22
【電 話】 03-3351-1052
【地 図】 ここをクリック
【アクセス】四谷見附交差点近く「しんみち通り」入って左。
【参加費】 1.000円
【申込方法】
申し込み無しでも、当日ご都合がつけばいらしてください。
但し、事前に参加できそうなことが分かれば、
下記のアドレス宛てにメールでお知らせいただければ幸いです。
メールには、参加者のお名前とメールアドレスを明記してください。
goodjobcoach@yahoo.co.jp (FTN代表・三浦秀和宛)

【懇親会】 例会終了後、引き続き懇親会を行います。(別途費用)

異業種交流会FTN2012年9月例会

2012年09月19日 22:10

先日、或る女性と飲みながら話していたときの話題なのですが、
彼女は、わたしより年下ではありますが、ほぼ同世代だと思ってください。

彼女は、出身高校の同窓会の役員をやっているのだそうですが、
最近、同窓会役員の男性10人ほどに混じって飲む機会があったのだそうです。
進学校だったその高校の同窓会ですから、何人かは医師だと云うのです。

その飲み会での話題が、ナゼか精力減退の悩みというハナシになったのだそうで、
彼女が驚いたのは、そこにいた男性全員がバイアグラの使用経験があったことでした。

事程左様に、中年以降の男性のほとんどは、
「滋養強壮」とか、「精力増強」といった四文字熟語に畏怖の念を持ちつつ、
憧れを抱いてしまうのでありますヨ。
薬屋でこの四文字熟語が目に入れば、なにか深く反省してしまうのであります。

斯く言うわたしは、バイアグラを服用したことはありませんが、
医師が仲間に多いこともあってか、かの同窓会はバイアグラブームなのでありましょう。

ということで、今回の例会は、このテーマを真正面から採り上げます。
人間にとって、りっしんべんにいきるのは、人生をも左右する大テーマだからであります。

女性の皆さんも、奮ってご参加くださいね。

【異業種交流会FTN2012年9月例会】

【日 時】 9月27日(木)19時~21時

【講 師】 谷 満(タニミツ)さん(アンチエイジング・トレーナー)
      「夢の中までアンチエイジング」
      
【テーマ】 出張ホストにあなた、成れますか?<滋養強壮・精力増強講座>

【講師からのメッセージ】

張りツヤのある肌で背筋はしゃんと伸び、いつも生き生きとした表情の人。
あなたの周りには、こんな風に実際の年齢より若く見られる人が居るでし
ょう。老けている人と若々しい人との違いは何でしょうか。それは、成長
ホルモンがたくさん出ているかどうかの違いなのです。
成長ホルモンの身体に対する効果として良く知られているものに、「皮膚
の厚みと弾力性が増す」「全般的な健康増進」などがありますが、あまり
知られていないものとして「性欲の改善・勃起力向上」があります。
そして「性欲」は若返りの源でもあるのです。
しかし残念ながら成長ホルモンの分泌は加齢と共に減少していきます。
30歳を境に急減し、40歳では20歳の頃の4割程度に落ち込みます。
そして50歳、60歳と年齢が上がるにつれどんどん減っていきます。
中高年が成長ホルモンを出すにはどうしたらよいのでしょうか?その方法
をお教えします。

【場 所】 喫茶室ルノアール四谷店マイ・スペース3階C

【住 所】 東京都新宿区四谷1-3-22

【電 話】 03-3351-1052

【地 図】 ここを、クリック

【アクセス】四谷見附交差点近く「しんみち通り」入って左。

【参加費】 1.000円
      
【申込方法】

申し込み無しでも、当日ご都合がつけばいらしてください。
但し、事前に参加できそうなことが分かれば、下記のアドレス宛てにメール
でお知らせいただければ幸いです。
メールには、参加者のお名前とメールアドレスを明記してください。
goodjobcoach@yahoo.co.jp (FTN代表・三浦秀和宛)

【懇親会】 例会終了後、引き続き懇親会を行います。(別途費用)



ポジティブ

2012年08月27日 23:59

きょうは、異業種交流会FTN8月例会開催日でした。

息子さんが、絵画修復師になるための勉強に赴いた地、イタリアのトスカーナ州フィレンツェ
そこで息子さんが不測の事態に遭ったため、急遽イタリアに向かった吉田須美江さんのお話を、
聴くことにしたのが、今回の例会でした。

フィレンツェ
photo by Sumie Yoshida

息子さんに起こったハプニングは、幸いに無事収まったのですが、
図らずも3週間のフィレンツェ滞在をすることになってしまった吉田須美江さんの、
その前向きさと行動力には、感動すら覚えるお話でした。

イタリアへのツアー旅行では実現しない一か所長期滞在で、
イタリア旅行というよりは、フィレンツェという地で“暮らし”たという事が、
とても稀有で貴重な体験になったようです。

有料の例会ですので、お話の内容は詳しくは記しませんが、
フィレンツェの生活そのもの、衣食住についてのお話。
街の創りかた、建物の保存状況、景観と人々暮らしのマッチングのお話、
食生活、住宅事情、そのご説明とともに、フィレンツェで生きる人々がどのように生き、
人生をどう捉えていらっしゃるかというお話から、フィレンツェが少し解ったような気がしました。

少なくとも、フィレンツェが身近に感じられ、
いつかフィレンツェに行ってみたいと、思いました。

それにしても、不測の事態で急遽出向いた異国の地で、
あれだけ前向きの行動をとられるその行動力には脱帽しました。

懇親会2012.8.27

例会が終わってから、近くのお店に移って懇親会。
モチロン今回は、イタリアン。

終電ちかくまで、フィレンツェの人々に倣って長いおしゃべりがつづいたのでした。

懇親会はイタリアン


最新記事