「スパルタカス」

2017年05月28日 23:59

「スパルタカス」

文芸坐三浦館が先日上映した、
アメリカの“赤狩り”で弾圧された脚本家ダルトン・トランボの伝記映画「トランボ

その「トランボ」にも描かれているエピソードなのですが、
共産主義者のレッテルを貼られ、事実上ハリウッドから追放されたトランボに、
脚本を依頼すること、また脚本はトランボが書いたと表明することは、
興行の失敗をも意味していたのでした。

ですから「ローマの休日」も他の脚本家の名で発表されたのでしたし、
トランボが書いたことが正式になったのは彼の死後のことでした。


そんな時代に、自らトランボに脚本を依頼し、
映画のクレジットに堂々と「脚本:ダルトン・トランボ」と記し、
しかも、映画を興行的にも成功させアカデミー賞も受賞したのが、
きょう文芸坐三浦館が上映した映画「スパルタカス」の、
企画・製作者で主役を演じたカーク・ダグラスでした。

本来民主主義国家とは、
政府も法律も国民の生活や権利を守るために機能を果たすべきなのであって、
生活や権利を束縛するためであってはならないというのが“赤狩り”の教訓なんですよ、総理。

それにしても、男カーク・ダグラスちゃあカッコよか!


スポンサーサイト

小林麻央さんのオフィシャルブログ

2017年05月27日 23:01

「トキワツユクサ」

むぅむぅ(義父)の鼻にもワセリンを使ってます。

ワセリンの使い道、
小林麻央さんのブログで知りました。

入浴介助に来てくれたスタッフの皆さんに、
「このワセリン、小林麻央さんの知恵なんです」
と云ったら皆さんもご存知だったようで、笑っていました。

それにしても、
5月24日の「小林麻央さんのオフィシャルブログ」が、せつないです。

不謹慎ながら、
顧みれば、親を介護・看護できる幸せ・・・。


「マイ・フェア・レディ」

2017年05月26日 17:03

「マイフェアレディ」

いまから36年前のことですが、学生の芝居を演出したことがあります。
作品は、バーナード・ショーの戯曲「ピグマリオン」であります。

そのときは、
後輩でもあった学生たちの才能は、開花する前のつぼみでした。

ピグマリオン」という芝居は、
主人公の言語学者が、強い訛りをもつ花売り娘の言葉を矯正することで
一流のレディに仕立てることができるか、友人と懸けをするという物語です。

ですから、
わたしは、才能が開花する前の後輩たちと、
レディに成長してゆく花売り娘を重ねて見ていたような気がします。

しかし、
そのこと自体が、不遜なことでした。
いまになって考えてみると、当時のわたしが“ピグマリオン”でした。
恥ずかしくなります。


ところで、
ピグマリオンというのは、ギリシャ神話に登場する王の名ですが、
現実の女性に失望して理想の女性像を彫刻するうちに、
その彫刻に恋をしてしまうというお話です。

それらを原作に創られたのが、
本日文芸坐三浦館が上映した「マイ・フェア・レディ」であります。

ところで、
原作者のバーナード・ショーは、
結末をハッピーエンド(恋愛)として描いてはいませんでした。

しかし、
当時の学生たちもそうでしたが、映画でもミュージカルの舞台でも、
この物語を、どうもハッピーエンドにしたい傾向があるようです。

でも、バーナード・ショーはハッピーエンドの物語ではなく、
愚かな“ピグマリオン”を描きたかったのです。

そりゃそうでしょう。
この物語は、いまでいうなら「パワハラ」か「モラハラ」。
日本でいうなら「痴人の愛」ですもの。



「招かれざる客」

2017年05月25日 23:59

「招かれざる客」

先輩の奥さまが亡くなられて5日が経ちました。
昨日は、家族葬が執り行われたようです。

多分、
奥さまが寝ていらしたベットが空き、ご遺骨が安置された部屋で、
先輩は一夜を過ごしたことでしょう。


3日前に突然母上を亡くされた知人から
「家族葬なのですが・・・」とご連絡をいただきました。

そこで、お通夜に伺いました。
亡くなる直前まで、母上の異常に気づけなかったと
悔やんでいらっしゃいました。

母上は、
戦争でご両親を亡くされ、ご家族がいなかったのだそうです。

ですから、
母上は「家族がいるだけで幸せ」だとおっしゃっていたそうです。

知人は、「もう一度、母と話したかった」と悔しがっています。


きょうは、
わたしの恩人Kさんの七回忌のご命日でもあります。

6年前、
多分、5月25日がわたしたちの結婚記念日だということを知らずに逝きました。

悲しみも喜びも、5月25日。


さて、
本日、文芸坐三浦館が上映した作品は、
1967年公開のスタンリー・クレイマー監督作品「招かれざる客」。

ハワイで出逢って結婚を約束した男(シドニー・ポアチエ)は
ハンサムで有能な医師で黒人。女は白人。

女の両親は戸惑うのですが、
母親(キャサリン・ヘップバーン)は理解を示します。
しかし父親(スペンサー・トレイシー)はそうはいきません。

でも、それだけでは決められなかったのです。
何故ならもっと戸惑ったのは男の両親だったからです。

結局は、
娘の幸せを願い息子を愛しているから当然の決断をします。
親というものは古今東西同じことを考えるようです。

それにしても、
一組の結婚が如何に周りに影響を及ぼすのかという事例の一つであります。


そんなこんなをいろいろと考えながら、
通夜の帰りに、かみさんとグラスを合わせました。


「くりぃむクイズ ミラクル9」

2017年05月24日 23:59

くりぃむクイズ ミラクル9

そう云えば、クイズ好きだったような気がします。
歌舞伎俳優を生業としている長男のことです。

こどもの頃から、
クイズ番組を観ながら、一人で声を出して答えていました。

近頃は息子たちも居ない夫婦二人だけの夕食ですから、
クイズ番組を観て、かみさんと二人で答えながら晩酌するのも
楽しみになりました。


その長男ですが、
このところクイズ番組に出させていただく機会が増えました。
いつも、猿之助さんとごいっしょさせていただいています。

さて、
今夜、テレビ朝日「くりぃむクイズ ミラクル9」の放送がありました。

市川猿之助さんが、
市川猿三郎さんや息子を率いて歌舞伎俳優ナインを結成、
才色兼備の有田ナインに挑んだのであります。


息子は、
明後日26日に大阪松竹座の千穐楽を迎え、東京に帰って参ります。







グリーフケア

2017年05月23日 18:19

トキワツユクサ


会うは別れの始め」という諺がありますよね。

これは、
生者必滅会者定離(しょうじゃひつめつえしゃじょうり)」
というお経の一文から生まれた諺だそうです。

「生まれた者は死に、会う者は離れる定めにある」と言っています。

この現実の世界が、いつまでも変わらずに永遠に続くということはありません。
親子でも、夫婦でも、友人でも、いずれは互いの別れの時が必ずやってきます。

つまり、諸行無常であります。


先日、何か月間もペットロスを抱えている友人と会いました。
会えるまでに何か月もかかりました。

大切な存在がいなくなったら、どうなるか?
わたしたちにとっても、誰にとっても他人事ではありません。

早く元気をとり戻さなくちゃ・・・。
考えても仕方がないのだから、思い出さないようにしなくちゃ・・・。
早く忘れなくちゃ・・・。
明るく笑って生きていかなくちゃ・・・。

そんな葛藤がつづき、
“なくちゃ、なくちゃ!”と自身を励まして疲れ果ててしまうのでしょう。

だから、
頑張らないでいいと、思います。

どっぷり悲しみに浸ればいいと思います。
悲しみが、貴方を癒してくれると思います。


先日、突然亡くなった人がいます。
古くからの友人たちは、それぞれのやり方で悲しもうとしています。

3日前、最愛の奥さんを病で亡くした先輩がいます。
先輩は、昨日その報告をFacebookに載せました。

まだ、
どう悲しんでよいのかさえ分からない状況なのではないでしょうか。

いまは、
わたしたちが会える状況かどうかも分かりません。
わたしたち夫婦で先輩と会うことだって躊躇われます。

いつか、先輩が話せるようになるまで、見守っていたいと思っています。


「ミンボーの女」

2017年05月22日 17:29

「ミンボーの女」

文芸坐三浦館、
本日上映した作品は、先日の「タンポポ」につづいて、
伊丹十三監督作品としては二本目の登場、「ミンボーの女」であります。

本当は、伊丹十三監督作品としては、第一作を上映したいところですが、
第一作は内容が内容なのでむぅむぅ(義父)に観せるのもどうかと(汗)・・。

ということで、きょうは「ミンボーの女」にいたしました。
ラストシーンにむぅむぅの親友だった田中明夫大親分も登場しますしね。


さてこの映画、
1992年に公開されると世間ではなにかと騒動が起きました。

わたしは、
有り余るマルチな才能を発揮した伊丹十三さんが書かれた
一連のご著書のファンで読みつづけていましたが、
それを読んだ者としては、伊丹さんの自死が信じられません。




最新記事