FC2ブログ

静岡ごちそうマルシェ

2018年12月13日 17:25

静岡ごちそうマルシェ

現在、西武池袋本店の5階で開催中の「静岡ごちそうマルシェ」

わたしにとっては珍しくない品々ですが、
沖縄や北海道物産展は珍しくないケド静岡は珍しいでしょ?

それでも、焼津の店のしめ鯖二種とさば寿しを購入しました。

鯖

鯖寿司


スポンサーサイト

10年後

2018年12月12日 17:56

生まれたときの空

もうじき、
パスポートの10年期限が切れるので更新手続きに行ってきました。

新しいパスポートも10年用を申請しましたので、写真も10年使います。

帰宅すると、
12月10日に同じ誕生日を迎えた妹からプレゼントとカードが届きました。

プレゼントは、旅人のたかのてるこさんのご本「生きるって、なに?」です。

カードには、“生まれたときの空と今ここにある空”の絵と、
「お兄ちゃんのこれからの10年・・・云々」というメッセージが。

10年かぁ・・・。

10年経つと72歳、妹は古希、孫娘は18歳、ことし生まれた孫は10歳。


62歳

男脳と女脳

2018年12月11日 21:48

今朝の羽鳥慎一モーニングショー
「共感してほしい妻VS理屈で返す夫」で大論争

或る30代女性の
SNSへの投稿が話題となって大論争が起きているらしい。

以下、その投稿内容。

きょうの店のこと旦那に、
「ビール250円ハイボール150円てすごくない?」と話したら、

「まあそういう戦略なんでしょ?薄利多売的な」
とまた知ったような浅いこと言うので

「何が戦略~だよ!
その値段で毎日出せること自体凄いだろ!
何で へ~すごい安いねって
普通の会話ができないんだよ!」ってキレた。



むかし、
話を聞かない男、地図が読めない女」という本がよく売れた。

狩りから帰ってきて、焚き火の火を見つめながらボーッとしたい男。
やっと帰ってきた夫に、今日一日の出来事を話して聞かせたい女。

或る意味、夫婦の永遠のテーマである。


女が毛糸のセーターの穴を見せながら、
「この家の何処かに釘でも出てるのかしら?」と言う。

男は、釘抜きを手に釘が飛び出している所がないか
家中を探し回る。

男はいつでも釘抜きに磨きをかけてはいるが、
新しい家を建てるという発想はない。

女は勝手に新しいセーターを買いに行く。

釘抜き

ところで、
池袋にも生ビールがジョッキで190円って店があるよ。

62歳

2018年12月10日 23:59

12月10日

きょうは、わたしと妹の誕生日。

妹が還暦を迎えたことは一抹の感慨を覚えるが、
62歳の誕生日を迎えて特別の感慨はない。

12月10日は、
1935年生まれの寺山修司さんや、
1941年生まれの坂本九さんの誕生日。

2012年に亡くなった小沢昭一さんのご命日。
50年前の1968年に起き1975年に時効が成立した、
世に謂う「三億円事件」の日でもある。

どうも、なんとなく目出度い感じはしない。
でも、だからなんだ!?というハナシである。

もはや、
既に誕生日に電話をかける両親も亡く、
きょうは独り静かに近所の飲み屋で黙想する。

連鎖

2018年12月09日 18:59

「被害者の痛みや苦しみを経験しているはずなのに、
そんな人がなぜ加害者になってしまったのか解らない」

先ごろ付け人に暴行して、
その責任をとって相撲界を引退した元力士に関してです。

確かに一見解り難い出来事です。
わたしにも解りません。

しかし、
暴行の元・被害者が暴行するのは不思議だと思いません。

寧ろ、
DVやネグレクトやパワハラが、彼が成長し育った環境のなかに、
なんらかの形で蔓延っていたのではないかと想像します。

それは、
直接的な暴力ではなかったかもしれませんが、
相撲の価値観を大事にするあまり、人間の尊厳を二の次にする
というような雰囲気が恒常的だったという可能性は無いでしょうか?

DVを見て育った子が、自分の家族にDVを働いてしまうという話は、
珍しいことではありません。

寧ろ、DVを知らない子よりDVが刷り込まれてしまっている筈です。

特に、
男子は父親を無意識に模倣してしまうことが多いように思います。

しかし、連鎖は原因を親の所為にすることでは断ち切れません。
自身が自身の事として、断ち切らなければなりません。


2019年1月大阪松竹座

2018年12月08日 18:28

2018年12月8日

77年前の日本時間きょう未明、日本は真珠湾攻撃を行いました。
未だに、真珠湾攻撃を輝かしい戦果と捉える向きもあるようですが、
それは何百万人もの人間が死んだ太平洋戦争の始まりだったのです。

何度考えても思っても、その戦禍に変わりはありません。

晩年、
父は戦争を扱ったドラマや小説やドキュメンタリーを観なくなっていました。
「だって、敗けることははじめから判っているからね」と申しました。


さて、お芝居のご案内です。

息子は、来月(新年)大阪松竹座の夜の部に出演させていただきます。

三代猿之助四十八撰の内
通し狂言「金門五三桐(きんもんごさんのきり)」石川五右衛門


『楼門 (さんもん) 五三桐』という名題でも上演される人気歌舞伎狂言ですが、
その顛末は判っていても、何度でもご覧になりたくなるのが舞台というもの。

新年早々、歌舞伎見物で新春を寿ぐというのは如何でしょうか?

大阪でっけどね。

2019年大阪松竹座「寿 初春大歌舞伎」


儒教の教え

2018年12月07日 17:46

孔子といえば「儒教」の始祖である思想家です。

孔子といえば「論語」と思われるでしょうが、
論語」は孔子が亡くなってから、弟子たちがまとめた孔子の語録集です。

その孔子も、
中国の文化大革命の時代には封建的な思想家だと批判されました。

儒教仁、義、礼、智、信という五つの徳目から成るのですが、
その中の「礼」は、祖先崇拝や家父長制を軸とした身分制度を基にしていたからです。

文化大革命時代の中国共産党は特別だとしても、
中国を始め朝鮮・韓国もモンゴルも台湾、そして古くから日本にも影響を与えました。
なんでも、論語儒教が日本に伝来したのは仏教伝来よりも早かったのだそうです。


ですから、日本人のメンタリティーにも深く影響を与えている儒教ですが、
仁、義、礼、智、信の中の「礼」だけが突出して影響を及ぼしていたことが、
歴史から垣間見えます。

社会秩序や身分制度を維持するための道徳的な規範でもあった「礼」の考え方は、
歴史上ほとんどの統治・政治体制や戦略が基にしていたのではないでしょうか?

身分制度身分差別家父長制家督相続家制度年功序列etc.


ところで、去年の今頃、横綱から暴行を受けて被害者だった相撲取りが、
付け人に暴行した加害者としての責任をとって相撲取りを引退しました。

わたしも儒教の教えについて深く知識っているワケではありませんが、
現代人は「礼」について捉えなおしたほうがいいのではないでしょうか?

それと、他の「仁」「義」「智」「信」については、もっと勉強すべきでしょう。

3年間で69人の外国人技能実習生が死亡する国が、入管難民法を改正して、
外国人労働者の受け入れを拡大させようとしています。

外国の「労働力」が入国して来るのではありません。
儒教の教えを知る国の「人間」が入国して来るのですから。




最新記事