FC2ブログ

光生軒のおばさんの一周忌

2018年08月18日 17:55

梅洞寺

秋の気配がし始めた八王子のお寺の本堂に読経が響きました。

きょうは、
去年8月21日に亡くなった光生軒のおばさんの一周忌法要でした。


去年のきょう、
早朝に家を出て、三鷹の病院に着いたのは7時少し前でした。

看病していた甥のSさんから昨夜の様子を聴き、
医師からレントゲンの結果とステントを交換する旨の説明がありました。

昼まで病院に居たわたしは、
息子が出演していた歌舞伎座の昼公演を観るためにHCUの病室出るとき、
おばさんに「弘太郎の芝居を観に行くから・・・」と云ったのは覚えています。

おばさんが、
なんて云ったのか正確には覚えていませんが、確か「うん、行っておいで」
そんな風に云われて送り出されたような気がします。

こうして翌日の昼頃まで、
会話ができていましたが、19日の午後15時15分、モルヒネが投与されました。



スポンサーサイト

「歌舞伎夜話」弘太郎と鶴松

2018年08月17日 13:13

tsurumatsu2_201808171258415fd.jpg yawa_koutaro_20180817125851764.jpg

「歌舞伎夜話」のお知らせです。

日時:8月26日(日) 18時30分開演~20時、
料金:3,000円
会場:歌舞伎座ギャラリー(歌舞伎座ビルの5階)

小学5年生のときにスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」に出演し、
小学6年生で三代目市川猿之助丈(現・猿翁)の部屋子となり
歌舞伎俳優になった市川弘太郎と、

勘三郎さんに「うちの子になってよ」と云われ、
小学5年生で故十八代目中村勘三郎丈の部屋子として
歌舞伎俳優になった中村鶴松さんのトークショーです。

同じ部屋子といっても、
慶應大学と早稲田大学、何は同じで何が違うのか?

そんな二人は、
いま公演中の歌舞伎座「東海道中膝栗毛」では犬と猫を演じ、
来月歌舞伎座の新作歌舞伎舞踊「幽玄」では伯竜・獅子の精を勤めます。



文芸坐の映画特集企画

2018年08月16日 11:45

新文芸坐「終戦の日特別企画」

昨日は、
新・文芸坐の「8・15終戦の日特別企画」の一貫で上映された
月光の夏」と「憲法くん」の上映とトークショーという企画を観たので、
あらためて、むぅむぅ(義父・三浦大四郎)のことを想い出しました。

渡辺美佐子さんと井上監督のトークショー

1978年(昭和53年)に文芸坐文芸地下で開催された
人世坐創業30周年を記念した映画特集の企画がありました。

「社会を告発する!」映画特集、
「ミュージカル」映画特集、
人間の条件 第1部~第6部通し上映企画」
網走番外地大会」
「ノン・シアターの旗手たち」特集ドキュメント篇
黒澤明監督幻の名作」特集

といった映画特集です。

特集を企画するだけでなく、企画の延長線上で、
当時学生だった大森一樹監督の「夏子と、長いお別れ」を製作したりもしました。

営業的には成功したとはいえない企画もあったようですが、
「こういった試みはソロバン勘定だけでは損得は決められないし、
文芸坐文芸地下が名画座として存在していられるのは、
常に何か意義のある企画を利益を度外視して打ち出しているからだ」
と、むぅむぅ(義父)は言っていました。

文芸坐と三浦大四郎

上記特集以外にも、
秋吉久美子と11日間」といった俳優の特集や、
デヴィット・リーン監督」特集といった監督特集、
「フィルムフェスティバル男優篇」
「フィルムフェスティバル女優篇」
「フィルムフェスティバル監督篇」

木下恵介フェア」などは木下恵介監督と高峰秀子さんが来館、
舞台挨拶をされました。

「青春ひた走り」傑作青春映画特集なんていう特集もありました。

また、
「ロシア文学の映画」作品を特集した「文学全集ロシア篇」、
「いろいろありましたこの10年、1970年代映しつづり」といった
変わった切り口の特集も企画しています。

クリント・イーストウッドのワンマンショー」
「特集!政治と暗殺」
スティーヴ・マックイーン特集」
「ポーランド映画名作集」
「スーパーSF世界特撮映画大会」
ゴッドファーザー大会」
エイゼンシュテイン・ワンマンショー」
今村昌平フェア」
小沢昭一 A級B級C級傑作映画大会」
「陽のあたらない名画祭」
「北欧映画祭」
「中国映画祭」
松田優作ワンマンショー」
にっかつロマンポルノ特集・燃えろいい女」
なんていう企画もありました。

むぅむぅと、小沢昭一さん
<「小沢昭一 A級B級C級傑作映画大会」で来館した小沢昭一さん>

そんな、
“映画特集の名人”だったむぅむぅ(義父・三浦大四郎)にとって、
“戦争”を特集しようと考えるのは至極当然のことだったのでしょうが、
むぅむぅの下で映画館経営を学んだ現在の新・文芸坐のスタッフが、
それを踏襲していることが嬉しいです。


「月光の夏」と「憲法くん」

2018年08月15日 23:45

美佐子さんと石澤先生を囲んで

きょうは、8月15日の終戦記念日ですが、
久しぶりに、女優の渡辺美佐子さんにお逢いしました。

ピン芸人の松元ヒロさんには「憲法くん」という一人芝居があります。

その「日本国憲法」を、
渡辺美佐子さんが演じた「憲法くん」という映画が出来上がりました。

それと、
1993年に公開された神山征二郎監督作品「月光の夏」という映画を、
二本立てで上映したあと、美佐子さんと「憲法くん」の井上淳一監督
トークショーを行うというので、新文芸坐に行ってきました。

月光の夏

渡辺美佐子さんとは地人会公演、
この子たちの夏」、一人芝居「化粧 -二幕- 」、「谷間の女たち」等の
制作担当者としておつきあいした関係です。

月光の夏」が公開されてから、
地人会の「化粧 -二幕- 」公演で2年続けて九州を巡演したことがありました。

そのとき、
移動日を利用して渡辺美佐子さんと知覧特攻平和会館を訪ねたことがあります。

1995年の夏には朗読劇「この子たちの夏」公演で全国を巡演しましたが、
公演地の広島で、渡辺美佐子さんの小学校のときの転校生で、
広島の原爆で亡くなった「水永龍雄クンの想い出話」を聴いたことがあります。

朗読劇「この子たちの夏」を演じる美佐子さんは、
母として子を想うというよりは水永龍雄クンをはじめとした、
亡くなった子らを友達だと想って演じているとおっしゃっていました。
演じていた女優さんたちは、ほとんど「この子たち」と同世代なのです。

ことし86歳になる美佐子さんは、
ことしの夏も、朗読劇「夏の雲は忘れない」公演で全国を巡演されています。

渡辺美佐子さんたちの世代にとって、夏は巡礼の季節なのかもしれません。
そして「日本国憲法」は、“この子たちが”手に入れた「希望」でしょう。

憲法くん


阿波踊り

2018年08月14日 12:06

阿波踊りの画像

わたしの父方の祖母は、
29年前に徳島市内から望める眉山という山の上の老人病院で亡くなりました。

祖母の最期は、病院のスタッフと父とわたしが看取りましたが、
入院中に祖母を見舞ったときのはなしです。

入院しているほとんどの人は寝たきりでしたが、
わたしは、ラジオカセットレコーダーとテープを持って見舞いに行きました。

祖母の枕元でカセットテープをかけますと阿波踊りのお囃子が鳴り響きました。

すると、しばらくして看護師さんたちが病室に入ってきました。

叱られるのかなと思って先に謝ったのですが、
看護師さんが云うには、病棟中の患者さんたちが手踊りしだしたというのでした。


祖母の葬義のときも、阿波踊りのカセットテープを流そうとしたら、
阿波踊りはお祝いの踊りだから葬儀で流すのはダメだ」と父が申しました。

父が申しますには、
城が完成したときに蜂須賀の殿様がお祝いに踊らせたのが阿波踊りの発祥だというのでした。

わたしが小さい頃、
父の実家が在る勝浦町でも阿波踊りを踊っておりました。

遠くからお囃子の音がしてきたなと思ったら、やがて音が大きくなり、連が近づいてきます。

連は町の辻々で暫し踊り、橋を渡ってまた踊り、観ていた人々も加わって踊ります。
女踊りは深編笠を被って揃って踊りますが、男踊りは各自個性的で見ものでした。

激しく踊る人がいるかと思えば、もはや止まっているかのように踊る人、
真面目そうに踊る人がいたり、面白可笑しく踊る人がいました。
その一人ひとりをじっくり観るのが楽しかったという想い出があります。
わたしも祖母が作ってくれた浴衣を端折って踊りました。こうして連は町中を流すのでした。


集団化して揃って踊る総踊りが観光名物になってしまった阿波踊りのことを、
生前に父が「面白くなくなったねぇ」と云ったことがあります。

踊る阿呆に観る阿呆、
仕切る阿呆に牛耳る阿呆、儲けようとする阿呆ですか・・・。



秋の気配

2018年08月13日 20:55

昨日の法事が終わって、
妹夫婦と従妹夫婦といっしょに浜松のホテルに泊りました。

夜は、
ビアガーデンに行き、高層階のラウンジでバーボンを飲み、
夜遅くまで部屋飲みして話し込みました。

今朝、
9時にロビーで待ち合わせてモーニングを食べに行こうと、
外に出ると、セミが五月蠅かったものの秋の気配がいたしました。

11時に徳島に帰る従妹夫婦と分れ、
妹夫婦とわたしたちは、駅構内に在る居酒屋へ直行しまして、
昼食を兼ねた飲み会が始まりました。

それでも、
午後の新幹線に乗り、集中豪雨のなか幸い大して濡れることもなく、
4時頃には帰宅したのでした。

すると、 
早速、愛知県の大府に帰っていった妹からメールが届きましたが、
やはり、実家に行って「お父さんがいなくなったことを実感しました」、
で、「お兄ちゃんは、ずっと元気でいてください」と書いてありました。

ですからわたしは、
「いなくなってないと思うよ。いつもわたしたちの傍にいると思う」
と返しました。


しかし、
もし親父がいつも傍にいるとしたら、ヤバイです。


父の一周忌

2018年08月12日 23:59

一周忌

今日は、
浜松の実家の父の一周忌の法要がありました。
 
命日は10月ですが、
みかん農家🍊は秋が忙しいので、新盆の法要と併せて
きょう行うことになりました。

ところで、この夏浜松は長い間雨が降っていません。
みかんの樹にも高温障害が出ることが懸念されます。
落果したり、日焼けを起こすことがあるのです。

さて、
自宅にお寺さんを呼んで、一周忌の法要を行い、
お寺に行って、また拝んでいただき、墓参しました。

ところが、本堂での御経が終わるや否や、雷鳴が轟き、
一天俄にかき曇り、大雨が降りだしました。

きっと父が、 
恵みの雨を降らせてくれたのでしょう。

これで人間もみかんの樹も一息つくことができます。









最新記事